タグ:ゆるゆるバイクライフ ( 238 ) タグの人気記事
四国・岬巡りの旅31(屋根付き橋)
鮮やかに晴れ上がった青空のもと、伊予灘を眼下に今度は内陸部へ進路を取ります。
f0180607_19320019.jpg
f0180607_19320389.jpg

これから行くのは大洲か内子か、どちらも行きたい。ちょっと悩みましたが、今回は内子に向かうことにしました。
f0180607_19320603.jpg

途中、屋根付き橋の案内板を見つけたので、降りてみました。
f0180607_19321071.jpg
屋根付き橋とは、主に農道に架かる屋根が付いた歩行用の橋のことで、日本ではこの南予地域に数多く残っているそうです。



「宮の下橋」は、内子町石畳の、県道から外れた小川に架かった小さな屋根付き橋です。
この小川は内子へ流れる麗川(ふもとがわ)という川の上流域で、麓川にかつて数か所あった屋根付き橋のひとつを復元したものだそう。
f0180607_19321443.jpg
f0180607_19321777.jpg

橋の奥は行き止まりの小さな畑になっていて、丁度地元の方が作業中。お邪魔します、と軽く会釈をかわしました。
f0180607_19322051.jpg

畑に通じる道はこの橋のみ。今も利用されている、現役の屋根付き橋です。
f0180607_19322363.jpg
f0180607_19322782.jpg
f0180607_19323039.jpg



さらに内子に向けて県道を進んだ麓川の中流域、下河内というバス停の丁度真向かいの河川敷に架かっているのが「田丸橋」です。
ちらは注意すれば県道からでも見つけることができます。
f0180607_19323493.jpg

周囲は畑だったのか、荒れ地なのか。昔はこんな風景が当たり前だったことでしょう。
対岸には、民家や畑があって、こちらも生活道としても使われているようです。
f0180607_19323889.jpg
f0180607_19324108.jpg
f0180607_19324688.jpg

この橋は、地域住民により再建され、保存会によって管理されているそうです。ドラマのロケ地としても使われたそう。
素朴な杉皮葺きの屋根付き橋は、新緑の田舎の風景にとても映えていました。
f0180607_19324800.jpg
f0180607_19325351.jpg
f0180607_19325689.jpg
f0180607_19325903.jpg

これら屋根付き橋は、農道や生活道としてはもちろん、農作物の置き場や、地域の人々の語らいの場所としても利用されていたそうです。
そんな先人たちの知恵と工夫の心は、屋根付き橋を通して、これからも後世に伝えられていくのでしょう。
f0180607_19330285.jpg



/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.5/posted on 2018.3.1)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-05 09:55 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅30(下灘駅)
国道378号線は通称「夕焼けこやけライン」とも呼ばれる道。だやかな伊予灘とそこに沈む夕日が素晴らしい道だそうです。

この道に並行してJR予讃線(よさんせん)が通っていて、その駅の一つ「下灘駅(しもなだえき)」は、日本一海が近い駅、また夕日が美しい駅として、今や有名な人気スポットです。
誰もいないホームのベンチでポーズをとるインスタ写真でもお馴染みです。
f0180607_12465537.jpg


青春18きっぷのポスターから始まり、数々のCMやドラマ、映画のロケ地としても使われてきて、その素晴らしい景色をひと目見ようと、全国からこの小さな無人駅に人が訪れるようになったそうです。
もちろん、そんな一人がボクですが・笑。
f0180607_12465930.jpg
f0180607_12470193.jpg
f0180607_12470435.jpg


でも、良いところですね。駅からの何もない海の景色を眺めていると、景色同様、とてもおだやかな気持ちになってきます。
何気ない標識やベンチ、柱もすてきに輝いているようです。
f0180607_12470780.jpg
f0180607_12471059.jpg



しばらくすると、列車が入ってきました。「伊予灘ものがたり」という観光列車です。
f0180607_12471202.jpg
f0180607_12471523.jpg
f0180607_12471737.jpg


到着すると、大勢の乗客が降りてきてホームを埋めました。しばらくこのホームに停車するようです。
乗客も、たまたまこのホームに居合わせた人も皆、思い思いに列車とホームをバックにシャッターを切っていました。
f0180607_12472014.jpg
f0180607_12472332.jpg
f0180607_12472534.jpg



列車が去るとまた、静かなホームに戻りました。さっきまでの喧騒が嘘のよう。
f0180607_12472814.jpg
f0180607_13050458.jpg
f0180607_12473429.jpg


以前テレビの番組で、ここに来る人たちの人間ドラマにスポットを充てた特集を見たことがあります。
ある人はちょっと記念に、ある人は自分の人生を掛けて、色んな方々がここにやって来ていました。
f0180607_12473779.jpg
f0180607_12474093.jpg


様々な人が、様々な思いをこの景色に重ねては、また去って行く、そんな場所だとも思いました。
f0180607_12474305.jpg
f0180607_12474541.jpg
ここに人が集まるのは、美しい駅だからというだけではないのかも知れません。




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.5/posted on 2018.2.27)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-05 09:00 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅29(長浜大橋)
このところ、すっきりしない天気が続いていましたが、今日は久々の晴れの予報。
岬巡りは終わりましたが、四国にはまだまだ行きたいところがたくさんあります。
今度はそんな場所を巡りながら、東に進路をとっていきたいと思います。


八幡浜より378号線へ、左手に伊予灘を眺めながら走ります。
伊予長浜の手前、肱川(ひじかわ)を渡る橋と並行して、旧道にクラシカルな赤い橋が架かっています。それが「長浜大橋 」です。
f0180607_12313085.jpg

実はこの橋も正平さんの「こころ旅」で観ました。チャララ~~チャララ♪

こころ旅では確か、子供の頃冬にこの橋を訪れた時、何かの大切なチケットを風で飛ばされてしまった思い出話しを紹介されていたと思います。その位、ここは冬の風が強い(肱川あらし)ことで有名なのだそうです。
ただ、今日は春。穏やかな橋の景色が見れました。
f0180607_12313316.jpg
f0180607_12314464.jpg
f0180607_12314966.jpg

この橋も手結港可動橋と同じ開閉式の橋です。でも手結港より随分長いです。そして、歴史も長い橋です。
長さは232M、跳ね上げ部は建物約6階分の18Mあるそうです
全国で有名な橋を手掛けた高松出身の橋梁設計家 増田淳氏の設計により昭和10年完成、現存する跳ね上げ式の橋としては日本最古のものだそうです。
ちなみに国の重要文化財にも指定されています。
f0180607_12313616.jpg
f0180607_12314181.jpg
f0180607_12315204.jpg


歴史の古さはこんなところにも。戦時中グラマン機の機銃掃射を受け、トラス部材にその弾痕が残っているのだとか。そんな歴史の証人でもあるのです。
f0180607_12315524.jpg
f0180607_12315769.jpg
f0180607_12320069.jpg
f0180607_12320211.jpg
f0180607_12320590.jpg

元々船の往来のために造られた橋でしたが、船が減ってしまった今では開閉の必要性もなくなり、毎週日曜日に観光と定期点検のためだけに橋の開閉をしているそうです。(開閉の様子はGoogle検索にて
f0180607_12321038.jpg
f0180607_12590965.jpg


赤い姿を優雅に川面に浮かべ、今でも「赤橋」と呼ばれて地元から愛されている橋だそうです。
f0180607_12321382.jpg
f0180607_12321684.jpg



/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.5/posted on 2018.2.24)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-05 08:19 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅28(室鼻公園キャンプ場)
ここまで来たものの、今日の野営地をどうしたものか。
佐田岬半島の中ほどにキャンプ場が1ヶ所ありますが、買い出しできる街がないため、伊方まで結構な距離を戻らなければならず、それはイマイチ。
さりとて半島を出てしまうと、松山に近いこの辺りにはキャンプ場がないのです。

困ってしまいましたが、地図を見ると伊方の街の対岸に、伊方湾に面した小さなキャンプ場 があります。プールのある児童公園のようなところで、夏しか営業してない様ですが、ダメ元で行ってみました。

最悪ひとりでキャンプかなぁ?と恐る恐る覗くと、先客が1組と、ボクと同じように下見に来たライダーがひとり。ちょっと安心しました。
キャンプはフリーなのか、水は出ます。また伊方湾に面したなかなか良い場所にテントが張れそうです。今日のキャンプはここに決定。
f0180607_18162104.jpg
f0180607_18162454.jpg
f0180607_18162873.jpg
f0180607_18163240.jpg
f0180607_18163698.jpg

テントを設営して、伊方に一軒だけあるスーパーで買い出し。戻って来ると、パラパラとライダーのテントが増えていました。みんなキャンプ場を探して、ここにさ迷って来るようです。

一段落して、テントからのんびり海を眺めてみました。
伊方湾に囲まれた海はとても静か。海面もサイトから近く感じます。

するとポチャンと何かが跳ねる音が。大きな魚が何度も海面からとび跳ねていました。そしてまた静かな海に。
対岸には伊方の街の明かりが灯り始めました。
f0180607_18164043.jpg
f0180607_20540152.jpg




ここは人の生活が窺がえるちょうど良い距離のキャンプ場です。 人里離れたキャンプ場も良いですが、こんなキャンプ場も良いですね。
f0180607_23565682.jpg
f0180607_23570301.jpg
f0180607_18165177.jpg
f0180607_18165413.jpg
f0180607_23581555.jpg
f0180607_18165921.jpg
f0180607_18170271.jpg
f0180607_18170518.jpg
f0180607_00025664.jpg


決して有名なキャンプ場ではないのですが、この時期、この時に、ここに来たから出会えただろう、一期一会のキャンプになりました。
やっぱりキャンプは良いですね。
f0180607_18171058.jpg



/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.4~5/posted on 2018.2.22)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-04 17:01 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅27(三崎のアコウ)
ここに来る前、西海半島で石垣集落を見学しましたが、ここ佐田岬半島にも石垣文化があるそうなので、探してみました。

佐田岬から少し戻った漁村に降りて尋ねて廻ると、すぐ近くにその石垣はありました。
青石という石を使った石垣で、中央構造線に属するこの佐田岬半島特有の結晶片岩を見ることができます。
f0180607_13074770.jpg
f0180607_13075050.jpg
f0180607_13075375.jpg

幾年もの時間をかけて造られた結晶の石を、規則正しく積み上げてできた石垣は、そのほんのりと醸し出す青色と相まって、とても繊細で美しい。
f0180607_13075668.jpg
f0180607_13080001.jpg
f0180607_13080559.jpg

実は本当はもっと大きな石垣群の「野坂の石垣」を見に来たつもりでした。結局この時はたどり着けられませんでしたが(すぐ近くでしたが)、そもそも佐田岬半島は、この青石の塊と言って良いそうなのです。
その証拠に、よく見ればあちこちに青石で造られた石垣や石碑があり、半島の生活に深く根付いているようでした。そう言えば佐田岬自体も青石の上だったような。
次回は、そんな青石の文化をもっと掘り下げて見て廻るのも良いかな、と思いました。
f0180607_13080942.jpg



三崎港まで戻るとその道ばたを、特徴的なとても大きな木が覆っているのに気がつきました。
足元に「三崎のアコウ」という説明書きがあります。
f0180607_13081708.jpg

それによると、アコウとはクワ科の亜熱帯性植物で、このアコウは日本で最北限の自生のアコウなのだそうです。
国の天然記念物に指定され、元々7本だった木は今は4本残っています。推定樹齢は不明ですが、一説によると300年を超えるそうです。
f0180607_13082171.jpg
f0180607_13082542.jpg
f0180607_13083204.jpg


幾重にも伸びた「気根」と言われる根が、ここにもある佐田岬の青石の石垣に絡み合っています。生命の強さや尊さを感じさせる、とてもとても大きな樹です。
f0180607_13082988.jpg
f0180607_13083623.jpg
f0180607_13083984.jpg
f0180607_13084470.jpg
これまで何百年と生きてきたアコウは、これからもここ佐田岬に根付き続けていくのでしょう。
いいものを見ることが出来ました。




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.4/posted on 2018.2.20)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-04 15:07 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅26(佐田岬・御籠島)
佐田岬から右手を見ると、陸地が見えます。しかもモニュメントもある。
佐田岬より突き出ているようにも見えます。もしかしてあっちが四国最西端?こっちは最西端ではないのかな??ちょっと不安になりました。
f0180607_19191544.jpg
f0180607_19192174.jpg


しかしそこは御籠島(みかごじま)という小島。堤防と人造のプールでつながっているので陸続きに見えますが、れっきとした島でした。四国最西端は変わりません。
岬から少し戻った所に入口がありました。
f0180607_19192903.jpg
f0180607_19193286.jpg


島を繋ぐプールは堤防で仕切った漁業のための生け簀で、漁獲したイセエビ・アワビなどを一時的に仮置きする畜養池として使っていたそうです。
今は使われておらず、海でつながった池は本当にお魚のプールになっているらしい。
f0180607_19193561.jpg
f0180607_19193855.jpg


御籠島は元々は、海上安全の神様が祀られていた島だったそうです。その島に佐田岬灯台点灯100年を記念して、展望テラスを作ったのだそうです
テラスには記念モニュメントがあって、海から佐田岬を望めます。
f0180607_19194070.jpg
f0180607_19194334.jpg
f0180607_19194604.jpg
f0180607_19194934.jpg

しかしここも 豊予海峡に面した軍事的に重要な場所。その戦争遺構が残されています。
佐田岬の足元やこの島に造られた洞窟式砲台跡は、海峡を守るため大平洋戦争終戦間際に建設したものだそうです。
当時あった榴弾砲(大砲)のレプリカが置かれています。 戦争の傷跡は神聖な島にもありました。
f0180607_19195286.jpg
f0180607_19195629.jpg
f0180607_19195995.jpg
f0180607_19200203.jpg

記念モニュメントは、灯台の灯りが100年続いたように恋人たちの思いも永遠に続いて欲しいと、「永遠の灯」という名前を付けたそうです。
「永遠の灯」は「永遠の“平和”の灯」にもなればいいな------
駐車場に戻ってサザエの壺焼きを食べながら、そう ? 思いました。
f0180607_19200596.jpg



/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.4/posted on 2018.2.18)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-04 13:41 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅25(佐田岬)
佐田岬はここから20分ほど遊歩道を歩いた先にあります。
いかにも南国と言った木々の間の道を、海の景色を眺めながら歩いて行きます。
f0180607_20135458.jpg
f0180607_20135840.jpg
f0180607_20140266.jpg
f0180607_20140599.jpg
f0180607_20141128.jpg
f0180607_20171739.jpg


歩き出してしばらくして、道端の茂みの中にごそごそ動くモノを発見。良く見ると1Mはありそうなイノシシでした。
すぐに行ってしまいましたが、近くに居た露店のオバチャンによると、この辺しょっちゅう現れるそうです。そのくらい野趣あふれる場所です。
f0180607_20172040.jpg

途中にこんな遺構もありました。戦時中の指令部跡で、一時キャンプ場として再利用していたそうです。でもう閉鎖してしまったようです。
f0180607_20172485.jpg
f0180607_20172687.jpg
f0180607_20173014.jpg
f0180607_20173326.jpg

アップダウンを繰り返して、椿山展望台に到着。 佐田岬灯台と豊予海峡を同時に見下ろす絶景が望めます。
f0180607_20174091.jpg
f0180607_20174240.jpg
f0180607_20174577.jpg

そして最後に佐田岬灯台の階段を登りつめると、そこが佐田岬です
f0180607_20174840.jpg
f0180607_20175162.jpg

灯台の後ろには豊予海峡が広がり、うっすらと九州も見えます。そして 「四国最西端の碑」があります。
f0180607_20175446.jpg
f0180607_20175691.jpg

四国最東端 蒲生田岬から、ここまでやって来ました。ここが岬巡りのゴールです。
f0180607_20175939.jpg



/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.4/posted on 2018.2.16)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-04 13:22 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅24(佐田岬メロディーライン・佐多岬の鬼)
日本一細長い佐田岬半島。東西約40キロもの長さがあるのに、幅は約6キロ、狭い所では800mほどだとか。
それはこの半島が日本最大の断層 中央構造線の南縁にあって、地殻変動の隆起で出来た土地だからそうです。その証拠に、ハイウェイのような佐田岬メロディーラインの両側には、リアス式の断崖絶壁の海岸線が続きます。
原発を過ぎると、もう逃げ場がない感じ。正直ちょっと不安にもなります。
f0180607_01343776.jpg
f0180607_01344449.jpg



メロディーラインの中ほどまで来ると、生しらすののぼりがたくさん現れます。
道を外れて南岸まで降りると、「しらすパーク」というしらすの漁場と加工工場があり、そこで新鮮なしらすが食べられます。
f0180607_01344945.jpg

「佐田岬の鬼」とは、その加工工場の社長さんが考案した釜揚げしらすの商品名。茹でるのではなく、蒸すことで美味しく仕上げる釜揚げしらすで大ヒットなのだそうです。
それもこれも、この佐田岬南沖合がしらす漁に適した漁場だから。鮮度が命の、漁で上がったしらすを時間を置かずに加工できるのが決め手だそうです。そんなしらすを頂きに立ち寄りました。

のどかな佐田岬半島のここだけ急に大勢の人と車でごった返していました。工場の前には大きなテントがたくさんあって、GW期間中はこのテントが食堂代りだそう。
行列でしたが回転も良く、余り待たずに座れました。なかなか良いシステムですね。
f0180607_01345337.jpg
f0180607_01345855.jpg

生しらす丼と、生しらすと名物の釜揚げしらすが半々のミックス丼と悩んだのですが、今回はシンプルに生しらす丼を頂きました。
厚なしらすが口の中いっぱいに広がる、ものすごく美味しいしらす丼でした。こんなの食べたことない。
f0180607_01350364.jpg

今度は、名物の釜揚げしらすも食べたいな。でもミックス丼は中途半端な感じだし。
後で良いことを思いつきました。次来たときは、生しらす丼と 釜揚げしらす丼の2杯食べちゃおう!
f0180607_01355843.jpg



メロディーラインに戻りしばらく行くと、三崎港に出ました。ここからは大分 佐賀関までのフェリーが出ています。
f0180607_01361336.jpg
f0180607_01361964.jpg


俗に言うメロディーラインはここまで。これから先は県道を進みます。道路のそばの斜面には、たくさんのイヨカン(伊予柑)畑が続きます。
めっきり交通量の減ったのどかな道でしたが、こちらが本当のメロディーラインのようにも感じました。
f0180607_01362700.jpg
f0180607_01363256.jpg
f0180607_15353002.jpg
f0180607_01364494.jpg
f0180607_01365219.jpg
f0180607_01373626.jpg
f0180607_01374625.jpg

最後に駐車場 に突き当たりました。ここが四国でバイクで行ける最西端。佐田岬の入り口です。
f0180607_01375423.jpg
f0180607_01380162.jpg



/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.4/posted on 2018.2.13)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-04 11:42 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅23(伊方原発)
tetsu氏は四万十川沿いを大平洋へ下って行きました。
ここからはまた一人旅。ボクは441号線を北西へ、山間いの道をのんびり楽しみながら佐田岬半島へ向かいます。
f0180607_01570320.jpg
f0180607_01570560.jpg
f0180607_02124077.jpg
f0180607_01571083.jpg
f0180607_01571340.jpg


途中から県道を経由、八幡浜市を抜けた坂道からが佐田岬半島です。いよいよ未踏の地へ踏み入れます。

佐田岬半島と言えば思い浮かぶのはまずはもちろん佐田岬ですが、もう一つ著名な地名があります。伊方(いかた)です。
良くも悪くも伊方を知らしめたのが、伊方原発。この佐田岬半島に入って程なく、伊方町街のすぐ先にありました。
f0180607_01571520.jpg
f0180607_01571848.jpg

原発の是非はさておき、特にあの震災での原発事故以来、原発が今の社会にあることはちゃんとこの目で見ておいた方が良いのでは、と思うようになりました。

伊方原発の近くには「伊方ビジターハウス」という、伊方原発の設備や原子力の情報を発信、体験できる施設があります。
関西電力の施設なので原発推進よりですが、見学は自由です。
本格的な模型や実物大のセットが迫力の、なかなか見応えのある施設でした。
f0180607_01572132.jpg
f0180607_01572379.jpg
f0180607_01572627.jpg

ビジターハウスのすぐ裏には(こっちが表か?)道の駅があります
f0180607_01572868.jpg

ここは屋上に登ると、伊方原発を直に眼下に望むことができます。
f0180607_01573157.jpg

これだけ近くで見ることができるナマの原発は珍しい。なんとも言えない威圧感です。
f0180607_01573321.jpg
f0180607_01573694.jpg
f0180607_01573814.jpg
f0180607_01574247.jpg

でも、ここはいたって普通の道の駅。観光客やバイクまでいます。
f0180607_01574597.jpg
f0180607_01574771.jpg
日常と非日常が交錯している不思議な場所でした。

(伊方原発は2017年現在、3号機のみ可動中、1号機は廃炉が決まっている。2017年12月広島高裁により運転差し止め決定がされ、10月より定期点検中だった3号機は運転再開できないままとなっている。)




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.4/posted on 2018.2.11)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-04 08:38 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
四国・岬巡りの旅22(三島キャンプ場)
高茂岬を出発したのが夕方4時過ぎ。宿毛街道 国道56号線まで戻りましたが、ここから右に行っても、左に行っても三島キャンプ場は山の向こうのそのまた遥か遠くで、まだ地図にも現れてきてません。
どっちへ行っても一緒だろう、どうせ岬巡りをしているならこのまま海沿いを走って行こう、と宿毛街道を北上し宇和島経由で行くルートを選択。まあ、そんなに時間も掛からなくて到着するだろう、とその時は思いました。

しとしとと雨が降る中、カッパを着てどんよりとした夕方の国道を走っていると、身も心も寒くなってきます。
途中、須ノ川という所で、国道沿いに大きくて綺麗なキャンプ場を発見。元々今日キャンプするならここだな、と目を付けていたところです。道の向かいには歩いて行ける大きな温泉施設もあり、今日みたいな天気の日にはぽかぽか願ったりでしょう。
ここで、あのセロー氏が荷物を降ろしているのを発見!そうだよね、ここだよね、ボクたちはホントに気が合うよね、でもボクは今日三島キャンプ場に行かなくてはならないんだよ、さらば~~、、、、と横目で通り過ぎました。。。

やがて高速道路のようなバイパスを乗りつぎ宇和島へ、この頃にはもうただ移動しているだけです。市内のスーパーで買い出しを済ますともう日は傾き始めていました。
そしてここからが長かった。土佐街道を国道320号線と381号線を走りつなぐのですが、 途中から四万十川沿いになると四万十川と同様、道も大きく湾曲。地図を1ページめくれば到着するキャンプ場が遠い、遠い。既に暗くなってしまった雨の中、お天気と同じように心で泣きながら走ったのでした。
午後7時を大幅にまわった頃やっと三島キャンプ場に到着。混雑したテントだらけのキャンプ場の中をうろうろしていると、tetsu氏がこっちこっちと手を振ってくれました。
f0180607_18134059.jpg
f0180607_18134941.jpg
f0180607_18135279.jpg

三島キャンプ場ももう何度めでしょうか。四万十川の代表的なキャンプ場です。20数年前初めて四国に来たときにも来ました。
その時は四万十川を巡るのが目的で、色々な 四万十川沿いのキャンプ場にテントを張りました。当時はこのキャンプ場の土手の先もオープンな河原のサイトになっていて、大勢の人たちが思い思いの場所にテントを張っていました。
ボクも混雑する土手上サイトが苦手で河原のサイトでのんびり過ごした思い出があります。広くて自由なイメージのキャンプ場でした

ただその後の幾度かの四万十川氾濫でこの辺り一帯が水没してしまったことがあり、それから土手が強化されたのか、土手上サイトと河原が区画されてしまった感じになって、禁止はされていないようですが、河原にテントを張る雰囲気ではなくなってしまいました。
今回も河原にテントを張る人は見当たらず、限られた土手上サイトにぎっしりとテントや車、バイクが並んでいました。
f0180607_18135662.jpg
f0180607_18140033.jpg
f0180607_18140263.jpg

さてそんな混雑の中、tetsu氏の後ろから現れたのが10数年ぶりに再会のTくん。「M田さ~ん」とボクが想像したとおり満面の笑みで現れてくれました。ただ、使い古した一人用のテントからではなく、大勢のオートキャンプの 賑やかなパーティーの タープの下からでしたが。。。。
実はTくん、グループでカヌーに来ていたのです。 大分から複数の車に相乗りでカヌーを積んで、ここ三島キャンプ場をベースに四万十川をカヌーで巡っているそう。リッチだ。
勝手に古いバイクで古いテントでひとりで キャンプに来てると想像してましたが、とんだ勘違いでした。むむっ何だか立場が逆になってるぞ・笑。
f0180607_18140665.jpg
f0180607_18140931.jpg
f0180607_18141304.jpg

でも久々の再会を本当に喜んでくれました。ボクもうれしかった。頑張って来てよかった。
その夜は3人で、お互いの近況や、思い出話しに花を咲かせました
f0180607_18141666.jpg




翌朝、Tくんはこのまま仲間とここに滞在、 tetsu氏も連泊するそうですが、移動型キャンパーのボクは次の、いや真の目的地 佐田岬に向けて出発です。Tくんとはここでお別れ。またお会いしましょう!

途中までtetsu氏と一緒に、昨夜走った四万十川沿いの道を、今度はゆっくり逆走します。
f0180607_18142067.jpg
f0180607_18142375.jpg
f0180607_18142645.jpg

四万十川上に泳ぐ鯉のぼり、川面に浮かぶ沈下橋。そこは20数年前と何ら変わっていませんでした。
f0180607_18142957.jpg
f0180607_18143306.jpg
f0180607_18143549.jpg
f0180607_18143919.jpg



/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ、一部 tetsu氏提供写真 (2017.5.4/posted on 2018.2.8)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-04 05:18 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)