四国・岬巡りの旅39(かずら橋~祖谷峡)
かずら橋に来ました。でも目的は かずら橋ではない???
f0180607_18385686.jpg

かずら橋は祖谷峡(いやけい)に架かる自生のカズラで編まれた手造りの橋。日本三大奇橋の一つにも数えられています。
そして祖谷峡は四国の中でも秘境中の秘境と言われるほど山深いところです。

かずら橋の標識に従って進んで行くと、あっという間に道が広がり、渓谷に突如大きな橋が現れました。そしてそのままとんでもなく大きな駐車場に誘導されてしまいました。
こんなの聞いてないぞ。ボクの知ってるかずら橋はどこ???
f0180607_18385991.jpg
f0180607_18390269.jpg

実はこれは2006年に完成した、かずら橋大型駐車場。そう言えば、前回来たときはまだ工事中でした。
f0180607_18390463.jpg

この橋と駐車場ができたことで、この辺りの景色は一変していました。
確かに以前は、車がすれ違うのも難しいほどの狭い道に、ほとんど無いに等しい駐車場、でした。でもそんな辺ぴな場所だからこそ存在したであろう かずら橋。大型駐車場で多くの観光客が来れるようになりましたが、それじゃ客寄せパンダのよう。
こうなってしまったかずら橋には、正直あまり興味はありません。
f0180607_18390873.jpg
f0180607_18391116.jpg
f0180607_18391385.jpg

では何故ここへ訪れたか。それは、かずら橋のすぐ隣にある「いこい食堂」さんに行きたかったからです。
f0180607_18391677.jpg

お目当てはここの「祖谷そば」。四国に来るといつも食べたくなる、僕にとっては四国の“ふるさとの味”です。
f0180607_18391937.jpg

正直そんなに美味しくないですよ。麺はボソボソ、お汁も薄い。具なんて油揚げとカマボコとネギ。
でも、初めてこのお店で食べたときから、ずっと忘れられない、時々思い出してはまたここに食べに来たくなる、ここでなければ食べられない、不思議なお蕎麦なのです。
ボクの中ではこの蕎麦を食べるために、また四国に渡ってもいい!と思っちゃう位です。
f0180607_18392467.jpg

久々に対面した(ボクの中での)絶品祖谷そば。しばらく眺めて、十分愛でてからいただきました。ごちそうさまでした。
f0180607_18392148.jpg
ちなみにあの大型駐車場。バイクのボクが「かずら橋の食堂に祖谷そばを食べに来た」と言うと、橋のすぐ側の昔からの駐車場に誘導してくれました。(一枚めの写真)バイクの特権?です。
傍らで交通整理の警備員さんの、威勢の良いパフォーマンスが笑えました。


かずら橋の横にある普通の橋(これは前からある)を渡って、急な坂道を登ります。こちらが元々のかずら橋へのアプローチ道です。
やっぱりこっちが かずら橋らしい。
f0180607_18392736.jpg



さてそろそろ良い時間になってきました。今日のキャンプ地ですが、もう初めから決まってます。
祖谷に来たなら祖谷峡キャンプ村でしょう。定番中の定番キャンプ場です。

買い出しも定番、大歩危(おおぼけ)駅前の「歩危(ぼけ)マート」。
というか、この辺りここしか買い出しできません。側の酒屋でビールも補充して準備万端。
f0180607_16504765.jpg


キャンプ場の近くにお風呂はないのは分かっていたので、大歩危・小歩危(おおぼけ・こぼけ)回りで温泉に立ち寄りました。
ちょっと時間が押してしまいますが、キャンプ場に着いて、テントを張ってからまた出直すより、ずっといい。
f0180607_18393282.jpg

お風呂から出ると日もだいぶ傾いた上、雨が降り始めました。でもキャンプ場に迷いはないので、不安はないです。
小雨の大歩危・小歩危の雄大な景色を楽しみながら向かいました。
f0180607_18393442.jpg
f0180607_18393626.jpg

祖谷口から祖谷峡の中に踏み入ると、狭いくねくね道が始まります。ペースが上がらない。
f0180607_18393905.jpg

すると、前方から大きなキャンプ道具を積んだライダーが慌てて走って来て、すれ違って行きました。
もうすぐそこにキャンプ場があるのに何でだろ?

行ってみてわかりました。キャンプ場の入口にはなんとがっちりチェーンが掛かっていました。時間が遅くて締切った?もう満員?それとも休み?
待て待て入口の看板に電話番号がある、携帯電話で電話だ。でも、電話から流れるのは「この電話番号は現在使用されておりません。。。。」もしや閉鎖か?!この何もない辺ぴな場所で行き場を無くしてしまった!
そうしているうちにどんどん暗くなってきます。とにかく判断しなくては。
f0180607_18394193.jpg

あのライダーは池田の街まで降りて別のキャンプ場に向かったに違いない、グーグルマップで探すとかずら橋の奥に地図にはないキャンプ場があるらしい、いや待てよ、かずら橋そばにあった道の駅でキャンプ場の張り紙を見たような。
とりあえずそのまま真っすぐ、かずら橋の近くまで戻ることにしました。プチパニックで小便ちびりそう?です。
f0180607_18394452.jpg
f0180607_18394635.jpg
f0180607_18394927.jpg

西祖谷まで戻ると道の駅ではありませんでしたが、「祖谷ふれあい公園」という新しい施設の壁に確かにキャンプ場の張り紙があります。駐車場を谷に降りたところに6~7サイトほどの小さなオートキャンプスペースがありました。
上の施設が受付で、管理人さんはもう閉めて帰るところでしたが、ボクがやって来たので、わざわざまた開けて受付してくださいました。これで今日の寝床が決まりました。助かりました。
f0180607_18395126.jpg

こんなところにこんなキャンプ場ができていたなんて知りませんでした。
結局今日は、祖谷峡をぐるっと一周してしまいました。
f0180607_18395452.jpg
f0180607_18395687.jpg




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.6/posted on 2018.3.17)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-06 14:43 | バイクツーリング | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://takakunen.exblog.jp/tb/29657972
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nama3_kitano at 2018-03-19 12:02
良いですね。キャンプは行き当たりばったり。
そばは、計画通り。ここ行って見たくなりまし
た。
Commented by takakunen at 2018-03-19 16:44
【nama3さん】
本当はキャンプも蕎麦も計画通りのはずなんですが。
でもアクシデントこそ旅の醍醐味。今回も新しい発見がありました。ドキドキしますけど。


<< 四国・岬巡りの旅40(祖谷ふれ... 四国・岬巡りの旅38(早明浦ダム) >>