四国・岬巡りの旅38(早明浦ダム)
山から降りて来ると、さっきまでの雨は上がり、雲の間から薄日が差すほどの穏やかな天気になってきました。
よっぽど高い所に居たんだな。

国道を離れ、県道を繋いで東に進みます。
f0180607_16273315.jpg
f0180607_16273667.jpg

いくらか標高が下がったとはいえ、この辺りも四国特有の険しい山の中。大きな岩肌や鋭い渓谷が目に飛び込む、迫力ある景色が続きます
f0180607_16274380.jpg
f0180607_16274684.jpg
f0180607_16274115.jpg


川を埋めるちょっとスケールアウトした岩たちが圧巻です。 剣山スーパー林道の出口で聞いた、地元の方のお話が思い出されます。
f0180607_16273809.jpg
f0180607_16275299.jpg


ここは?と思う場所があったので停車。
多分以前ここの農協でお米を調達したことがあると思います。アイルトン・セナのショッキングな事故死の一報はその時ここで知りました。
変わってはいるものの、面影と思い出が残るデジャブな風景です。
f0180607_16275484.jpg
f0180607_16275727.jpg
f0180607_16275947.jpg

さらに山深く進路をとると、ダム湖が現れます。夏の時期の渇水で全国的に有名な早明浦(さめうら)ダムです。
f0180607_16280114.jpg
f0180607_16280477.jpg
f0180607_16280676.jpg


ダムから街を見下ろします。こんなに大きいダムなのに、こんなに街が近いです。ダムと共に街があります。
f0180607_16280850.jpg
f0180607_16281091.jpg

ダムから降りて国道439号線、別名「与作(439)国道」に入ります。ここら辺りは一部32号線とも並走する広い「与作」。
f0180607_16281248.jpg

本当の「与作国道」はここを右に曲がってから始まります。
京極峠を通るこの道は、 今でも400番台三ケタ国道のナンバーワン酷道(国道)でしょう。 走りごたえあるダート道もたくさんあります。
f0180607_16281674.jpg
今回は真っすぐ進みます。




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.6/posted on 2018.3.15)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-06 12:19 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakunen.exblog.jp/tb/29653566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 四国・岬巡りの旅39(かずら橋... 四国・岬巡りの旅37(石鎚スカ... >>