四国・岬巡りの旅34(内子~面河渓)
内子から国道379号線を走り、東へ移動していきます。
f0180607_19170912.jpg

途中国道380号線へ。四国ならではの、素朴な風景を辿る道が続きます。
f0180607_19171267.jpg

久万高原の看板は、個人的には色々思うところがあります。(昔のTBI経験者ならわかりますよね)
f0180607_19171615.jpg

上黒岩遺跡
田園風景の中にある遺跡。縄文早期の貴重な遺跡だそうです。いつもここを通るたびに気になりますが、今回も通過。
f0180607_19171942.jpg
f0180607_19172143.jpg
f0180607_19172373.jpg


いったん国道を離れ、県道にて今度は国道494号線へワープ。石鎚山方面へ向かいます。
f0180607_19172614.jpg
f0180607_19173017.jpg
f0180607_19173223.jpg


今日のキャンプ予定地は面河渓(おもごけい)。以前も、と言っても25年近く前ですが、泊まったことがあります。ものすごく渓流の綺麗なところでまた行きたい、とずっと思っていました。

途中の小さな商店で買い物。面河渓でのキャンプの買い出しはここしかありません。
実はここに来るまで、買い出しできるお店を探していたのですが、内子を出てしまうとめぼしいお店がなかなか見つかりませんでした。そこも以前と変わってないです。
お店も、お店のおばあさんも25才くらい年を取ったそう・笑。でもずっと変わらずここにいるよ、とお店の前の椅子に座っておっしゃっていました。
f0180607_19173585.jpg

面河渓への分岐。ここは何度も何度も通りました。でもいつも右へ曲がります。今日は念願の真っすぐ。
f0180607_19173777.jpg

そして、久しぶりの面河渓に到着です。変わらず美しい渓流が出迎えてくれました。
f0180607_19174728.jpg
f0180607_19174066.jpg
f0180607_19174210.jpg

ところが、ここで問題が。
面河渓には大きな国民宿舎があって、あわよくばそこのお風呂を借りて入ろうか、なんて思っていたのですが、なんとその国民宿舎、昨年廃業してました。
お風呂のあてが外れたのと、唯一の宿泊施設もなくなって、観光客はまばら、辺りも気分もすっかり寂しい雰囲気に。元々秘境の面河渓がもっと秘境になっていました。
キャンプ場は営業しているものの、入り口で管理を任されている食堂はもうすぐ閉めて帰っちゃうそうです。日も傾いてしまって、これは今日はひとりでキャンプかな?(写真は翌日)
f0180607_19263275.jpg


サイトは、バイクを置いて更にリアカーで荷物を運んで行った、ずっと奥の渓流沿いにあります。
でもせっかくやって来た面河渓。腹を決めてテントを張ることにしました。
f0180607_19175476.jpg

キャンプ場に到着すると、奥の方にテントが一張り。でも人の気配はなく、張りっぱなしの感じもします。よくあるダミーテントかな?でも誰かいるのかな?
f0180607_19175682.jpg

何もない林の中にたった一人。不安な気持ちでテントを張りました。
f0180607_19175906.jpg
f0180607_19180184.jpg




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.5/posted on 2018.3.8)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-05 14:06 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakunen.exblog.jp/tb/29636487
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 四国・岬巡りの旅35(面河渓) 四国・岬巡りの旅33(内子座) >>