四国・岬巡りの旅30(下灘駅)
国道378号線は通称「夕焼けこやけライン」とも呼ばれる道。だやかな伊予灘とそこに沈む夕日が素晴らしい道だそうです。

この道に並行してJR予讃線(よさんせん)が通っていて、その駅の一つ「下灘駅(しもなだえき)」は、日本一海が近い駅、また夕日が美しい駅として、今や有名な人気スポットです。
誰もいないホームのベンチでポーズをとるインスタ写真でもお馴染みです。
f0180607_12465537.jpg


青春18きっぷのポスターから始まり、数々のCMやドラマ、映画のロケ地としても使われてきて、その素晴らしい景色をひと目見ようと、全国からこの小さな無人駅に人が訪れるようになったそうです。
もちろん、そんな一人がボクですが・笑。
f0180607_12465930.jpg
f0180607_12470193.jpg
f0180607_12470435.jpg


でも、良いところですね。駅からの何もない海の景色を眺めていると、景色同様、とてもおだやかな気持ちになってきます。
何気ない標識やベンチ、柱もすてきに輝いているようです。
f0180607_12470780.jpg
f0180607_12471059.jpg



しばらくすると、列車が入ってきました。「伊予灘ものがたり」という観光列車です。
f0180607_12471202.jpg
f0180607_12471523.jpg
f0180607_12471737.jpg


到着すると、大勢の乗客が降りてきてホームを埋めました。しばらくこのホームに停車するようです。
乗客も、たまたまこのホームに居合わせた人も皆、思い思いに列車とホームをバックにシャッターを切っていました。
f0180607_12472014.jpg
f0180607_12472332.jpg
f0180607_12472534.jpg



列車が去るとまた、静かなホームに戻りました。さっきまでの喧騒が嘘のよう。
f0180607_12472814.jpg
f0180607_13050458.jpg
f0180607_12473429.jpg


以前テレビの番組で、ここに来る人たちの人間ドラマにスポットを充てた特集を見たことがあります。
ある人はちょっと記念に、ある人は自分の人生を掛けて、色んな方々がここにやって来ていました。
f0180607_12473779.jpg
f0180607_12474093.jpg


様々な人が、様々な思いをこの景色に重ねては、また去って行く、そんな場所だとも思いました。
f0180607_12474305.jpg
f0180607_12474541.jpg
ここに人が集まるのは、美しい駅だからというだけではないのかも知れません。




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.5/posted on 2018.2.27)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-05 09:00 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakunen.exblog.jp/tb/29617326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 四国・岬巡りの旅31(屋根付き橋) 四国・岬巡りの旅29(長浜大橋) >>