四国・岬巡りの旅23(伊方原発)
tetsu氏は四万十川沿いを大平洋へ下って行きました。
ここからはまた一人旅。ボクは441号線を北西へ、山間いの道をのんびり楽しみながら佐田岬半島へ向かいます。
f0180607_01570320.jpg
f0180607_01570560.jpg
f0180607_02124077.jpg
f0180607_01571083.jpg
f0180607_01571340.jpg


途中から県道を経由、八幡浜市を抜けた坂道からが佐田岬半島です。いよいよ未踏の地へ踏み入れます。

佐田岬半島と言えば思い浮かぶのはまずはもちろん佐田岬ですが、もう一つ著名な地名があります。伊方(いかた)です。
良くも悪くも伊方を知らしめたのが、伊方原発。この佐田岬半島に入って程なく、伊方町街のすぐ先にありました。
f0180607_01571520.jpg
f0180607_01571848.jpg

原発の是非はさておき、特にあの震災での原発事故以来、原発が今の社会にあることはちゃんとこの目で見ておいた方が良いのでは、と思うようになりました。

伊方原発の近くには「伊方ビジターハウス」という、伊方原発の設備や原子力の情報を発信、体験できる施設があります。
関西電力の施設なので原発推進よりですが、見学は自由です。
本格的な模型や実物大のセットが迫力の、なかなか見応えのある施設でした。
f0180607_01572132.jpg
f0180607_01572379.jpg
f0180607_01572627.jpg

ビジターハウスのすぐ裏には(こっちが表か?)道の駅があります
f0180607_01572868.jpg

ここは屋上に登ると、伊方原発を直に眼下に望むことができます。
f0180607_01573157.jpg

これだけ近くで見ることができるナマの原発は珍しい。なんとも言えない威圧感です。
f0180607_01573321.jpg
f0180607_01573694.jpg
f0180607_01573814.jpg
f0180607_01574247.jpg

でも、ここはいたって普通の道の駅。観光客やバイクまでいます。
f0180607_01574597.jpg
f0180607_01574771.jpg
日常と非日常が交錯している不思議な場所でした。

(伊方原発は2017年現在、3号機のみ可動中、1号機は廃炉が決まっている。2017年12月広島高裁により運転差し止め決定がされ、10月より定期点検中だった3号機は運転再開できないままとなっている。)




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.4/posted on 2018.2.11)

1へ戻る>>


by takakunen | 2017-05-04 08:38 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://takakunen.exblog.jp/tb/29546229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 四国・岬巡りの旅24(佐田岬メ... 四国・岬巡りの旅22(三島キャ... >>