四国・岬巡りの旅17(小さな沈下橋)
昨日温泉に行く途中に、小さな沈下橋がありました。朝キャンプ場を出て、まずはそこを訪れてみました。

その沈下橋は「久万秋沈下橋(くまあきちんかばし)」という四万十川の源流近くの本流に架かる沈下橋です。最上流は高樋沈下橋(たかひちんかばし)に譲るものの、(多分)二番目に上流に架かる橋です。
f0180607_20042418.jpg
f0180607_20042790.jpg
f0180607_20043040.jpg

この沈下橋は、大野見久万秋集落と奈路集落を結ぶ生活道にもなっているようです。そんな正に現役の沈下橋です。
f0180607_20043370.jpg
f0180607_20043613.jpg
f0180607_20043855.jpg

まだ朝早かったので、誰もいなくて独り占め状態でした。こっちから向うから、離れたり近づいたり、のんびりこの橋を眺めてみました。
f0180607_20044189.jpg
f0180607_20044563.jpg
f0180607_20044987.jpg



再びキャンプ場前を通って、四万十川沿いに下って行きます。

四万十川がずっと一緒についてきます。ここら辺りは川幅が程良くて流れも緩やか。プライベート四万十川って感じです。時々はっとするような綺麗な瞬間にも出会えます。
f0180607_20045268.jpg
f0180607_20045560.jpg
f0180607_20045827.jpg



田んぼの向うに、また小さな沈下橋を見つけました。近づくと、たくさんの珍しい"流し鯉のぼり"が泳いでいました。
f0180607_20050060.jpg


こちらは「一斗俵沈下橋(いっとひょうちんかばし)」と言います。昭和10年建造で、現存する四万十川の沈下橋で最も古いものだそうです。
鯉のぼりは、地域の間伐材を利用した丸太で作った鯉のぼり。ずらっと並んで、沈下橋に映えていました。
f0180607_20050362.jpg
f0180607_20050626.jpg
佐田の沈下橋やの岩間沈下橋など有名な沈下橋も良いけど、これら小さな沈下橋も良いですね。こちらはプライベート沈下橋?可愛いです。



窪川を過ぎると、四万十川は大きく蛇行、再び内陸へと流れて行きます。川幅も一気に大きくなっていきます。ここで四万十川とは一旦お別れ。

今度は国道55号を海へ向かいます。途中道の駅なぶらで休憩。
ここの名物のかつおのたたきを頂きました。こちらも本格的なわら焼きで美味しかったです。
f0180607_20050817.jpg
f0180607_20051199.jpg

外に出ると伊与木川沿いに、こちらはたくさんの初めて見る"かつおの鯉のぼり"。壮観です。
f0180607_20051429.jpg


ここで会ったお遍路ライダー。四国に来る度に「いつかこんなのもやりたい」と思うのです。
f0180607_20051803.jpg




/E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6Ⅱ (2017.5.3/posted on 2018.1.28)



by takakunen | 2017-05-03 07:58 | バイクツーリング | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://takakunen.exblog.jp/tb/29400222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nama3_kitano at 2018-01-28 22:36
こんばんは。

いつの間にか、復活していたのですね。
2つの意味で、おめでとうございます。
四国巡礼は、自分もいつかやってみた
いと思っています。
Commented by takakunen at 2018-01-30 03:33
【nama3さん】
コメントありがとうございます。

こっそり再開したのですが、余りに放置が長かったため、誰にも知られず。。。
ちょっと寂しくなったので、少しだけFBで拡散してみました・笑。

相変わらずの内容ですが、時々気分転換にでもご訪問いただければ幸いです。


<< 四国・岬巡りの旅18(足摺岬) 四国・岬巡りの旅16(天満宮前... >>