タグ:ゆるゆるバイクライフ ( 224 ) タグの人気記事
西九州・島街道を行く38(天草街道)
さていよいよ九州最終日。今日は天草を存分に楽しみながら、新門司のフェリー乗り場に向かいます。
竜洞山を降り、県道を天草市に向かって北上。
f0180607_19373472.jpg

f0180607_19373569.jpg



下島北部にある天草市は、熊本では3番目、 本土と橋で繋がっている離島自治体の中では一番大きな市だそうです。両側にループ橋のある瀬戸大橋を渡ると、「上島」です。
f0180607_19373654.jpg

f0180607_19373833.jpg

f0180607_19374076.jpg



そのすぐ側にあるこの赤い橋は、船の往来のため中央部が昇降する珍しい歩道橋。上島と下島を結ぶ、自転車や歩行者のための橋です。(バイクも押して通行可能)
f0180607_19374479.jpg

f0180607_19374961.jpg

f0180607_19375076.jpg



その後は、天草街道に沿って北上。八代海沿いは国道、上島の内陸部を貫くのは県道です。
f0180607_19375259.jpg

f0180607_19375419.jpg

f0180607_19375530.jpg


景色の良さそうな所で寄り道したり、集落の中に迷い込んだりしながら、本当の天草を探してみました。
f0180607_19375687.jpg

f0180607_19375888.jpg

f0180607_1938054.jpg

f0180607_1938249.jpg

f0180607_193843.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.5)

>>>西九州・島街道を行く39へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-07-07 19:49 | バイクツーリング | Trackback | Comments(1)
西九州・島街道を行く37(竜洞山みどりの村キャンプ場)
今回の九州ツーリング最後のキャンプ地、 「竜洞山みどりの村」は、天草下島の東海岸の竜洞山山頂にあるキャンプ場です。
緑豊かな自然に囲まれて、キャンプからスポーツなどのアウドドア施設が充実。フリーサイトはテニスコートの脇ですが(笑)。
f0180607_19295725.jpg

f0180607_19295919.jpg


標高300mのサイトからの眺めは素晴らしく、オートキャンプ場は眼下に八代海が広がるロケーションです。
f0180607_19301983.jpg

f0180607_1930213.jpg

f0180607_19302341.jpg

f0180607_19302595.jpg



キャンプ場から少し行ったところに展望所があったので、早朝立ち寄ってみました。
f0180607_19302642.jpg

f0180607_1930285.jpg

f0180607_19303065.jpg

広く開けた山頂から、息を飲むほど美しい八千代海を一望できました。
f0180607_19303112.jpg

f0180607_19303394.jpg

f0180607_19303447.jpg

f0180607_19303648.jpg

f0180607_19303839.jpg



八千代海は、別名「不知火海(しらぬいかい)」とも呼ばれます。 旧暦8月1日前後に現れる蜃気楼が、不知火という妖怪として伝えられ、その名が残ったのだとか。
f0180607_19304046.jpg

f0180607_19304199.jpg

美しい海にだからこそ伝わる、妖艶な伝説だと思いました。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.5)

>>>西九州・島街道を行く38へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-07-05 19:39 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
西九州・島街道を行く36(ハイヤ大橋)
ハイヤ大橋
天草下島の南端まで行くと、牛深というのどかな漁港に出ます。そこに突如、漁港を横切る巨大なループ橋が現れます。

下島と天草南端の下須島を結ぶこの橋は、関西国際空港を手掛けた、イタリアの建築家レンゾ・ピアノ氏の設計によるもの。大きなカーブを描く橋が絡み合い、中程には信号機がある橋の交差点まであります。
見たこともない巨大で斬新な橋ですが、不思議に漁港の風景とも調和した、優雅で美しい橋でした。
f0180607_0235932.jpg

f0180607_024213.jpg

f0180607_024330.jpg

f0180607_024583.jpg

f0180607_024660.jpg

f0180607_024763.jpg



小森海岸(烏帽子坑跡)
下須島に渡り、そのままバイクで南下できる所まで行ってみました。やがて小森海岸という看板のある道端に出ました。

波間に見えるのは、明治に創業していたという、烏帽子坑の炭鉱跡です。珍しい海底炭鉱で、「キラ炭」と呼ばれる高純度の無煙炭が採れたとか。
湧水に悩まされ、わずか数年で廃坑したそうですが、今も当時の姿を留めて、東シナ海の夕陽に照らされています。
f0180607_024934.jpg

f0180607_02410100.jpg

f0180607_0241237.jpg



小森海岸から少し下ると、下須島の突き当たりに出ました。ここがバイクで行ける天草の西南端のよう。
何故か秋田犬が門番してました。
f0180607_0241468.jpg

f0180607_0241516.jpg

f0180607_0241788.jpg



その後は再び牛深まで戻り、下島を今度は八代海沿いの県道にて北上。
f0180607_0241967.jpg

f0180607_0242182.jpg

f0180607_0242393.jpg

f0180607_024257.jpg

f0180607_0263292.jpg

f0180607_0264640.jpg

観光ルートを外れた生の天草は、まるで時代が止まっているようにも見えました。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.4)

>>>西九州・島街道を行く37へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-07-04 00:31 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
西九州・島街道を行く35(大江天主堂・崎津天主堂)
キリシタンの島天草に残る、古い教会をめぐりました。

大江天主堂
海沿いの道から、山あいの田舎道へ。丘の畑の風景の中に、突如白亜の教会が現れます。
大江はキリシタン復興の地で、この教会はフランス人神父が地元の信者たちと力を合わせて建てた教会。ロマネスク様式の天主堂が印象的です。
手入れが行き届いたお花畑に、清楚な白い教会が映えていました。
f0180607_2344990.jpg

f0180607_2345050.jpg

f0180607_2345211.jpg

f0180607_2345444.jpg

f0180607_2345524.jpg



崎津天主堂
丘から再び海に出ると、のどかな漁村の街並みの中に、独特な雰囲気の教会がそびえています。
「海の天主堂」とも呼ばれるこの教会は、前部分がコンクリート、後ろ部分が木造という特徴的な造り。また一歩中に入ると、珍しい畳敷きの礼拝堂が心に響きます。
小さな天主堂と漁村がおりなす、絵葉書のような風景が素晴らしい教会でした。
f0180607_2345732.jpg

f0180607_2345942.jpg

f0180607_235052.jpg

f0180607_235286.jpg

f0180607_235527.jpg

f0180607_235787.jpg

f0180607_235818.jpg



これら2つの教会は共に昭和初期に、同じ日本人の設計者により建てられたものだとか。
日本に根ざしたキリスト教文化を表現した、優れたデザインの教会であることはもちろんですが、今でも大切な祈りの場として、地域で大切にこの教会を守り続けている信者さん達の心が伝わるものでした。
f0180607_2351055.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.4)

>>>西九州・島街道を行く36へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-07-02 02:43 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
西九州・島街道を行く​34(天草諸島)
鬼池港に到着。天草の地は初めてです。
天草諸島は上島と下島という2つの島を中心とした120余りの島々一体を言い、こちらは下島。カソリックキリシタンの地として知られ、かつては島原・天草の乱などのキリシタン弾圧の舞台でもありました。
f0180607_20335821.jpg

f0180607_2034818.jpg



そして天草と言えば、天草四郎。さっそくその痕跡を発見しました。
諸説ありますが、天草四郎はこの天草の大矢野島の出生とされ、島原の乱では、幼少ながらカリスマ的な総大将として一揆軍 を率いたと伝えられています。
f0180607_2034157.jpg



東シナ海天草灘を右手に見ながら、海沿いのサンセットラインを南下。この辺りはイルカが群生している所で、イルカウォッチングが盛ん、広い海が印象的です。
f0180607_20341116.jpg

f0180607_2034565.jpg

f0180607_20341770.jpg




f0180607_20341117.jpg

f0180607_20342160.jpg



風光明媚な妙見浦を過ぎたあたりで、国道を外れて海沿いの田舎道に入ります。こちらは草むらから時折望む海。
f0180607_20341589.jpg

f0180607_2034254.jpg

f0180607_2034188.jpg



しばらく行くと、断崖絶壁の広場に出ました。 西原椿公園と言って、思わず息を飲むような大海原の大展望が広がっています。
f0180607_20342892.jpg

f0180607_20342221.jpg

f0180607_20405517.jpg



ここは沖合いの岩場に沈む夕陽が美しく、大ヶ瀬の夕陽として天草夕陽八景に数えられているそうです。
f0180607_20343287.jpg

f0180607_20342613.jpg

天草の雄大な景観と、豊かな自然を感じました。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.4)

>>>西九州・島街道を行く35へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-06-19 20:57 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
ビッグオフツーリング(5月・千葉)
広大なマザー牧場のキャンプ場で、ひさびさのテントで幸せな2連泊。
f0180607_153366.jpg



翌日はビッグオフロードクラブの定例ツーリングでした。もちろんDOAに便乗です。(笑)
f0180607_153746.jpg

f0180607_153858.jpg

f0180607_154014.jpg

f0180607_154457.jpg



昨日より雲は多めなものの、ひとたび日が差せば夏を思わせる暑さの中、こちらも房総の林道を楽しみました。
f0180607_15467.jpg

f0180607_15472.jpg

f0180607_154958.jpg


いつものツーリングコースを走って行くと、時折り昨日のコースと重なります。コマ図で走る景色と、ツーリングで走る景色が、また違って見えるから面白い。
f0180607_155027.jpg

f0180607_155258.jpg

f0180607_155473.jpg



すっかり初夏のバイクシーズン、一番良い季節のツーリングですね。
f0180607_155680.jpg

f0180607_155718.jpg



/XZ-1 (2014.5.25)


by takakunen | 2014-05-31 01:18 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
Door of Adventure 2014 in Mother Farm に行ってきました。
毎年秋に福島で開催されるツーリングラリーイベント「ドア・オブ・アドベンチャー」 。
今年は初めて春に「Door of Adventure 2014 in Mother Farm 」と題して千葉房総で行われるとあって参加してきました。
f0180607_230361.jpg



今回は日程が短めで、5月24日土曜日のみラリー走行と夜のパーティで一泊。関東近郊という手軽さもあり、会場のマザー牧場には140名を超える大勢の参加者が集まりました。すごいことです。
f0180607_2303924.jpg

そんな中、我がビッグオフロードクラブからも10名以上のクラブ員が大挙して参戦、もとい参加(笑)。
しかもいきなりのゼッケン“ワン・ツー ”スタートです!!
f0180607_230409.jpg



お天気にも恵まれ、いざ房総のショートトリップに出発しました。
f0180607_230427.jpg



気持ち良い林道を駆け抜け、ところどころ道端の房総の春も楽しみながら進みます。
f0180607_230444.jpg

f0180607_2304533.jpg

f0180607_2304729.jpg

f0180607_2304925.jpg



毎度お馴染み、チェックポイントの様子。スタッフの皆さん、いつもご苦労様です。
f0180607_230545.jpg

f0180607_2305631.jpg

こちらはところどころ設けられるQCP(クイズチェックポイント)。コマ図のクイズはここに立ち寄らないと答えられません。房総ならではの場所に設定されていて楽しい。
f0180607_2305956.jpg

またコマ図には時々、CUPと呼ばれる方位度によるルート指示があります。只今CUP計測中。
f0180607_231177.jpg



そしてこのラリーのお約束、ブッシュのシングルトラックでちょっと汗も流しました。緑のシャワーが気持ちイイ~。
f0180607_231373.jpg

f0180607_231537.jpg



途中「(BMW)GS危険地点」というポイントがありました。土砂と倒木のためGSが通れるかどうかのギリギリの幅しかありません。
f0180607_23165.jpg

f0180607_234751.jpg

でもちょっとした困難があったほうが楽しいものです。その後に出会えた美しい景色。
f0180607_23425100.jpg



そしてさすが千葉のラリー、山からあっという間に素晴らしい海へ。ダイナミックです。
f0180607_2344292.jpg

で、そうなれば美味しい海のモノをいただかない訳にはいきませんね。やっぱり大人のラリーはこうじゃなくっちゃ(笑)。
f0180607_2345425.jpg



今回のラリーは、素掘りのトンネルを通ったり、のどかな里山のダートを走ったり。房総ならではの巧みなルート設定に、この土地で開催した主催者さんのこだわりを感じました。
f0180607_2351772.jpg

f0180607_2353042.jpg

f0180607_2354067.jpg

f0180607_2355041.jpg



なーんて、油断すると大変なのがこのラリー。気持ち良いこの草原の向こうにトラップが仕掛けてありました。
f0180607_2363373.jpg

道はやがて湿った小道になり、前日の雨でグシャツルのビッグオフにはちと厳しいチャレンジルートに。1台詰まると進めない、渋滞も発生してます。そして疲れからハイテンションになってきたボク。
f0180607_237540.jpg

f0180607_2371535.jpg

f0180607_2372782.jpg


繰り返し言います、ちょっとした困難があったほうが楽しいものなのです。(きつ過ぎるのはヤダけど・笑)
その後に出会えた美しい景色その2。今日走ってきただろう山々を最後に望むとゴールでした。
f0180607_238492.jpg

f0180607_2461882.jpg



ゴールしたらまず乾杯!!これが美味しくてラリーやめられません(笑)。
f0180607_23983.jpg



今回は会場がマザー牧場ということもあり、夜のパーティは牧場の食堂貸し切りでジンギスカンの食べ放題。こちらも豪快に盛り上がりました。
f0180607_2393057.jpg



実はボクが主催者のY原さんと初めて知り合ったのが、もう20年近く前にやはりこの千葉房総で行われた、とあるツーリングラリー。その時は2人ともエントラントでしたが、とても楽しいラリーで千葉の奥深さに感銘したものでした。
そのY原さんが開催したこのラリー、期待した通りの楽しくて濃密なものでした。
f0180607_2395337.jpg

次はどんな“冒険の扉”が待っているのかな?見たくなった人は是非参加してみてくださいね!
(おしまい)


/XZ-1 (2014.5.24)


by takakunen | 2014-05-27 02:54 | バイク競技 | Trackback(1) | Comments(2)
西九州・島街道を行く33(小浜温泉・島鉄フェリー)
島原半島を西に降りると小浜という町に出ます。
福井県にも小浜市はありますが、こちらは長崎県雲仙市小浜町。小浜温泉という温泉のある、橘湾にのぞむのどかな町です。
f0180607_1058610.jpg



町中のあちこちから湯けむりが立ち上がるこちらの温泉は、雲仙麓の湯量豊富な温泉で、小浜マリンパーク内にある足湯「ほっとふっと105」は長さ日本一の足湯だそう。
f0180607_1058742.jpg

f0180607_1058949.jpg



温泉にも入ってみたかったのですが、ここでは名物の小浜ちゃんぽんをいただくことに。 洋食屋・寿司屋・居酒屋など温泉街の様々なお店のメニューに存在するというここ小浜のソウルフードです。
まだ時間が早い中、やっと見つけた開いていたお店がこちら。
ごくごく普通の喫茶店ですが、立派な小浜ちゃんぽんの逸品店です。
f0180607_10581043.jpg

f0180607_10581219.jpg



このお店のマスターによると、小浜ちゃんぽんは昔ながらの長崎ちゃんぽんの味なのだそうです。長崎ちゃんぽんが観光客向けに、どんどん濃いめの味付けになってしまったため、昔ながらの懐かしい味を求めてここ小浜にやって来る人も多いそうです。
ちなみに長崎で伝統の味を守っているのは、あの四海楼なのだそう。その時は正直ちょっと物足りない味だとも思いましたが、それが正真正銘本物の味だったんですね。
f0180607_10582043.jpg

f0180607_1058226.jpg



島原半島を海沿いにそのまま南下。
f0180607_10582482.jpg

f0180607_10582596.jpg



やがてフェリー乗り場に到着しました。
f0180607_10582753.jpg



このフェリーは島鉄フェリーと言って、島原半島南端 口之津港と天草半島中程の 鬼池港を結ぶフェリー。
GW中の混雑で少々待ちましたが、お昼頃には何とか乗り込むことができました。そこはバイクの特権です。
f0180607_10582935.jpg



ここからほんの30分ほどの船の旅。
真っ青な空と海に心を癒されながら、長崎を後にしました。
f0180607_10583117.jpg

f0180607_10583374.jpg

f0180607_10583577.jpg

f0180607_10583752.jpg

f0180607_10583934.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.4)

>>>西九州・島街道を行く34へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-05-17 11:10 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
西九州・島街道を行く32(雲仙地獄・仁田峠)
雲仙地獄
温泉街の真ん中に、道路までもくもくと湯けむりが広がる場所があります。そこが雲仙地獄、雲仙温泉の中心地です。翌日早朝に訪れました。
f0180607_2015647.jpg

f0180607_201594.jpg

f0180607_20151067.jpg



硫黄の匂いとともに、いたるところから蒸気と熱気が吹き出しています。大地のパワーを感じます。
またここはキリシタン殉教の地。遊歩道の奥にひっそりと建つ石碑が、当時の非史を伝えていました。
f0180607_20151220.jpg

f0180607_20151376.jpg

f0180607_20151562.jpg



湯けむりに浮かぶ薄紅色のミヤマキリシマが綺麗でした。
f0180607_20151651.jpg



仁田峠
雲仙温泉から、更に雲仙岳に迫る道が通っています。仁田道路という普賢岳ロープウェイの発着地、仁田峠につながる山岳有利道路です。
f0180607_20151899.jpg



大パノラマの絶景を望みながら反時計回りの一方通行を走ると、展望台に出ました。ここからは普賢岳平成新山が本当に間近に迫って来ます。
f0180607_20152054.jpg

f0180607_20152250.jpg



ところで、平成新山と言ってもどこを言うのか、実はなんとなく分かっているようないないような。
でもこの看板を読んだら驚きました。目の前にある山のこんなにも巨大な部分が噴火によって出来たものなのです。あまりのスケールの大きさにただただ絶句するばかり。
f0180607_20152583.jpg

f0180607_20152388.jpg

あの噴火は本当にものすごいものだったんたと実感しました。


f0180607_2015272.jpg

f0180607_20152839.jpg

雲仙という火山がもたらす、自然の脅威と恵みに圧倒されました。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.4)

>>>西九州・島街道を行く33へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-05-16 20:26 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)
西九州・島街道を行く31(雲仙 白雲の池野営場)
まゆやまロードを満喫した後、雲仙温泉に向かいました。温泉街のすぐはずれにキャンプ場があります。
この白雲の池野営場は温泉へのアクセスも抜群。テントを立てたら、早速お目当ての温泉を梯子しました。
f0180607_22401460.jpg



まず行ったのは「湯の里温泉共同浴場」。
最近は名湯や露天風呂などと言うよりも、地元の共同浴みたいな所に惹かれます。最近外観が改修されましたが、ここはそんな雰囲気を残す雲仙温泉で最も古い共同浴場です。
f0180607_22402124.jpg

f0180607_22402224.jpg



続いて向かったのが「小地獄温泉館」。
こちらはガイドブックにも紹介される雲仙温泉一番人気の立ち寄り湯でしょう。にごり湯の源泉が湧く「美肌の湯」としても知られているそうです。
f0180607_2240241.jpg

f0180607_22402647.jpg

雲仙温泉には他にもまだまだ魅力的な温泉があって、出来れば全部入ってみたいものです。


キャンプ場に戻ったら、何家族かがテントを張って、楽しげな笑い声が聞こえていました。さすが観光地に近いキャンプ場です。
f0180607_22401682.jpg

f0180607_22401983.jpg

こんな穏やかなキャンプは今回の九州路では初めてです。(笑) 久しぶりに焚き火台も出して、身も心もほっこり過ごすことができました。
f0180607_2240271.jpg

f0180607_22402848.jpg

f0180607_2240304.jpg

f0180607_22403246.jpg

f0180607_22403441.jpg

ここは散策するととても懐が深い、観光地近くとは思えない自然豊かなキャンプ場でした。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2013.5.3~4)

>>>西九州・島街道を行く32へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-05-10 22:46 | バイクツーリング | Trackback | Comments(0)