<   2014年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧
西九州・島街道を行く30(雲仙 水無川)
道の駅 みずなし本陣ふかえ
島原雲仙と言えば、雲仙普賢岳の噴火による1991年6月3日の大火砕流とその前後に起こった土石流災害が思い出されます。
一番の被災地となった水無川下流の深江町(現 南島原市)「道の駅 みずなし本陣ふかえ」に併設する被災家屋保存公園には当時土石流被害にあった家屋が保存展示されています。
f0180607_19352716.jpg

f0180607_19352921.jpg

f0180607_19353652.jpg

f0180607_19353860.jpg

f0180607_19354034.jpg

f0180607_19354229.jpg


もう20年も前のことなのですが、ここにいるとまるで時が止まってしまったかのよう。何もかも飲み込んでしまう土石流の凄まじさを実感しました。
f0180607_19354523.jpg

f0180607_1935484.jpg



旧大野木場小学校
水無川を更に上流に上がった所に火砕流によって破壊された「旧大野木場小学校」があります。こちらも被災した姿のままで保存されています。
幸いにも人的被害はなかったそうですが、一瞬で燃やしつくす火砕流の熱波の威力もものすごいものだったようです。
f0180607_19355068.jpg

f0180607_19355216.jpg

f0180607_19355545.jpg

f0180607_19355746.jpg

f0180607_19355920.jpg

f0180607_193613.jpg

f0180607_1936337.jpg


隣には監視所を兼ねた「砂防みらい館」が建っていて、そこから上流には何もありません。災害の大きさが判ります。
f0180607_1936516.jpg


小学校のグランドに残る一本の木。このいちょうの木は火砕流の中、根だけが焼けずに生き残り復活した奇跡のいちょうだそうです。
大自然の厳しさに立ち向かう生命力の素晴らしさを感じる逸話です。
f0180607_19382983.jpg

f0180607_19384343.jpg



島原まゆやまロード
雲仙の麓を走る周回道路「島原まゆやまロード」。何も無い水無川沿いの道を上がって行くと、迫力の雲仙岳の山々が迫って来ました。
f0180607_1939672.jpg

f0180607_19391786.jpg

f0180607_19392764.jpg

f0180607_1939396.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2013.5.3)

>>>西九州・島街道を行く31へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-01-30 20:35 | バイクツーリング | Comments(0)
西九州・島街道を行く29(長崎半島~島原)
一転して長崎半島の東岸の県道を北上。 今度は小さな漁村をつないで走る穏やかなルートです。
観光で賑わう長崎市街や西岸と違って、こちらが本来の長崎なのかもしれません。
f0180607_921462.jpg

f0180607_921569.jpg

f0180607_92175.jpg

f0180607_921893.jpg

f0180607_9211359.jpg

f0180607_9211029.jpg

f0180607_9211461.jpg

f0180607_9211640.jpg



途中、茂木という町でたまたま見つけた小さな定食屋さんに入りました。お昼の定食をいただきましたが、お刺身がこりこりの歯ごたえでとても美味しかったのが印象的でした。長崎は魚も旨いのは本当です。
f0180607_9211899.jpg

f0180607_921203.jpg



県道を更に北上、市街地をそのまま諫早まで抜けました。有明海が見たかったからです。
広大な諫早の干拓地と、有明海を望む堤防道路を見学。さっきまでと全く違う風景です。広い広い。
f0180607_9212130.jpg

f0180607_9212332.jpg

f0180607_9212549.jpg

f0180607_9212772.jpg

f0180607_9213090.jpg



左手に有明海を望みながら半島を廻ると、雲仙と湧き水の街 島原に到着です。
f0180607_9213219.jpg

f0180607_9225998.jpg

f0180607_9231120.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2013.5.3)

>>>西九州・島街道を行く30へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-01-28 18:09 | バイクツーリング | Comments(0)
西九州・島街道を行く28(野母崎)
長崎の新しいランドマーク「女神大橋」をくぐって長崎半島に入りました。
f0180607_8225933.jpg

半島の西海岸沿いを走る国道499号線は、軍艦島を眺めながらドライブが楽しめる絶好のドライブルートです。
f0180607_82322.jpg

f0180607_823414.jpg

f0180607_82354.jpg

f0180607_823739.jpg



漁村風景、夫婦岩や鯉のぼりなど、色々な景色を通した軍艦島を楽しめました。
f0180607_823975.jpg

f0180607_8231170.jpg

f0180607_823154.jpg

f0180607_8231729.jpg

f0180607_8231858.jpg

f0180607_8232096.jpg

f0180607_8232254.jpg

f0180607_8232455.jpg



ここから眺めた夕陽に浮かぶ軍艦島は特に有名、次回はそんなタイミングに訪れてみたいものです。
f0180607_8232649.jpg

f0180607_8232896.jpg

f0180607_8233024.jpg

f0180607_8255192.jpg



海沿いを走り切った先に到着したのが野母崎(のもざき)権現山展望公園。
大パノラマの海に軍艦島が浮かんでいました。
f0180607_826646.jpg

f0180607_8261568.jpg

f0180607_8262844.jpg



ビュースポット満載の道でした。
f0180607_8264265.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2013.5.3)

>>>西九州・島街道を行く29へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-01-27 20:05 | バイクツーリング | Comments(0)
西九州・島街道を行く27(長崎 ソロバンドック)
長崎を離れる前にどうしても立ち寄ってみたい所がもうひとつありました。
昨日、軍艦島フェリーの案内地図で見つけた「ソロバンドック」という名称。新手のアメリカンドック屋?はたまた犬関係ですか?
実は「小菅修船場跡」という所。長崎の街なみのちょうど外れ辺りにありました。
f0180607_473473.jpg

f0180607_473763.jpg

f0180607_473846.jpg

f0180607_474080.jpg

f0180607_474267.jpg

f0180607_474318.jpg

f0180607_47454.jpg



ドックとは船のドック、ソロバンは船を引き揚げるための船架の形が以前ソロバン状だったことからそう呼ばれるようになったのだそう。
あのトーマス・グラバーも共同計画、出資した日本最古の西洋式近代修船場で、引揚げ機の機械小屋ともどもとても貴重な遺構だそうです。
f0180607_474739.jpg

f0180607_474974.jpg

f0180607_475160.jpg

f0180607_475246.jpg

f0180607_475481.jpg

f0180607_47558.jpg

f0180607_475849.jpg



ここは世界遺産登録を目指す「九州・山口の近代化産業遺産群」構成資産の一つとしても指定されました。
かつてここに盛んに船が出入りしていたと思うとロマンを感じます。
f0180607_475929.jpg

f0180607_48162.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2013.5.3)

>>>西九州・島街道を行く28へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-01-24 14:53 | バイクツーリング | Comments(0)
西九州・島街道を行く26(長崎 オランダ坂・ドンドン坂)
坂の街、長崎。まだ人通りの少ない早朝に訪れてみました。

オランダ坂
居留地当時、長崎では外国人のことを「オランダさん」と言い、多くの西洋人が行き交わったこの坂道を「オランダ坂」と呼ぶようになったそうです。
風情ある石畳の坂道に沿って、貴重な西洋建築が点在していました。
f0180607_2411367.jpg

f0180607_2411567.jpg

f0180607_2411848.jpg

f0180607_2411983.jpg

f0180607_241213.jpg

f0180607_2412323.jpg

f0180607_2412566.jpg



ドンドン坂
こちらは昨日バイクを停めた駐車場のおじさんが紹介してくださいました。グラバー園を南に下った、南山手の住宅地に残る坂道です。
雨が降った時の流れる水のどんどんという音から「ドンドン坂」と呼ばれるようになったのだそう。
未だ観光地化されていない異国情緒たっぷりの風景が楽しめました。
f0180607_2412660.jpg

f0180607_2412851.jpg

f0180607_2412911.jpg

f0180607_2413129.jpg

f0180607_2413220.jpg

f0180607_2413416.jpg

f0180607_2413658.jpg



長崎の猫
尻尾が曲がっているのが長崎の猫の特徴。そもそもこの辺りに住み着いた祖先が曲がっていたからだとか。
坂道で出会った猫ちゃんたちも確かにみんな曲がってましたね。
f0180607_2413879.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2013.5.3)

>>>西九州・島街道を行く27へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-01-22 02:44 | バイクツーリング | Comments(0)
東北のんびりカヌーキャンプ8(田沢湖キャンプ場2日目4・休暇村乳頭温泉郷)
昨年この辺りに来たときに印象に残っていたのが、周辺のブナの森の美しさ。
特に乳頭温泉付近のブナ林は素晴らしく、今度訪れた時には是非歩いてみたいと思っていました。
今回はまだ子犬のロクが一緒なので長い距離は無理ですが、短いトレッキングルートならお散歩気分で行けそうです。

まずは、休暇村乳頭温泉郷で情報収集しました。
ここは乳頭温泉の玄関口、トレッキングなどのアウトドアイベントにも積極的に取り組んでいて、この日はボランティアのガイドさんからお話が伺えました。
ちょうどこの辺りから続く手頃なトレッキング道があるとのこと。全行程とはいきませんが、ルートの途中の空吹(からふき)湿原まで歩いてみることにしました。
f0180607_024846.jpg


深いブナの森の中にどんどん入って歩いて行きます。森の伊吹が気持ち良い。ただ蚊が多くてそちらは大変です。
f0180607_0241072.jpg

f0180607_0241257.jpg

f0180607_0241356.jpg

f0180607_0241537.jpg

f0180607_024165.jpg

f0180607_0241735.jpg

f0180607_0241974.jpg

f0180607_0242171.jpg


20分も歩くと空吹湿原に到着しました。ちょうどタチキボウシやミズギク、エゾアジサイの花々が競い合って咲いていました。
f0180607_0242291.jpg

f0180607_0242443.jpg

f0180607_0242567.jpg

f0180607_0242678.jpg

f0180607_0242835.jpg

f0180607_0293861.jpg


ゆっくり歩いて往復1時間ほどでしたが、子犬のロクにもちょうど良い、ブナ林も楽しめるルートでした。
再び休暇村乳頭温泉郷に戻って、温泉で汗を流しました。これで乳頭温泉は足掛け20数年、やっと全て制覇したことになります。乳頭温泉玄関口にふさわしい良い温泉でした。
f0180607_0243816.jpg


トレッキングルートは周囲に縦横無尽にあって、あちこちの乳頭温泉まで歩いて行けます。鶴の湯にだって行けます。
ゆっくりと時間をかけて、ブナの森林浴と温泉の両方を楽しんでみるのも良さそうですね。


キャンプ場に戻った後は、夕方の湖畔やキャンプ場内をお散歩。
f0180607_0244029.jpg

f0180607_027195.jpg

f0180607_036248.jpg

悶えてますが(^_^;)

今日一日の思い出話をしながら、のんびり過ごしました。
f0180607_0273735.jpg



/E-5 ZUIKO Digital ED 18-180mm F3.5-6.3,Xperia UL (2013.8.22)

東北のんびりカヌーキャンプ9へ>>
東北のんびりカヌーキャンプ TOPへ戻る>>


by takakunen | 2014-01-08 00:39 | 国内旅行 | Comments(0)
東北のんびりカヌーキャンプ7(田沢湖キャンプ場2日目3・辰子像)
今日は一日田沢湖周りを観光する日にしました。田沢湖を車で、何故かやっぱり今回も時計回りに廻ります。(^^;ゞ

辰子像
田沢湖の一番の観光スポットと言えばここでしょう。
辰子伝説は永遠の美を望んで竜になってしまった乙女の悲しい物語です。
物語では竜になった辰子が悲しみに暮れる母親に魚を届け続ける約束をします。辰子像の周りに集まる魚はそんな辰子の魚なのかも知れません。
f0180607_1064988.jpg

f0180607_10650100.jpg

f0180607_1065219.jpg

f0180607_1065553.jpg

f0180607_1065610.jpg

f0180607_10163776.jpg

f0180607_1094146.jpg




たつこ食堂
辰子像前のおみやげ屋さんに並んで建っている食堂。外見から甘く見てはいけませんよ。
外の席ならわんこ連れ可、そしてオリジナルの冷やし稲庭うどんはスッキリさっぱりでちょっとした驚きの美味でした。
f0180607_107395.jpg

f0180607_107596.jpg

f0180607_10779.jpg

f0180607_107923.jpg



山のはちみつ屋
国道341号線から田沢湖入口に入った所にあるはちみつ屋さん。はちみつ・ローヤルゼリー・プロポリスなど、天然の蜂蜜製品を産地直売しています。
パン好きのカミさんお気に入りのお店です。
f0180607_1071067.jpg

f0180607_1071520.jpg



/E-5 ZUIKO Digital ED 18-180mm F3.5-6.3 (2013.8.22)


東北のんびりカヌーキャンプ8へ>>
東北のんびりカヌーキャンプ TOPへ戻る>>


by takakunen | 2014-01-05 00:04 | 国内旅行 | Comments(0)
東北のんびりカヌーキャンプ6(田沢湖キャンプ場2日目2・朝のキャンプサイト)
ボクたちが泊まったオートキャンプサイトは貸切状態、ロクも自由にしちゃいました。
ホントはダメですが、サイトが一般サイトから離れていて迷惑をかけないように注意することで、(たぶん、きっと)多目に見ていただきました。
自由奔放に走りまわるロクちゃん。見てるだけでこちらも楽しくなってきます。
f0180607_0293757.jpg

f0180607_0294012.jpg

f0180607_0294351.jpg

f0180607_0294496.jpg

f0180607_0294634.jpg

f0180607_0294783.jpg

f0180607_0294911.jpg

f0180607_0295156.jpg



天気も良くなってきたので、キャンプサイトを朝のお散歩。
f0180607_0295338.jpg

f0180607_0295453.jpg

f0180607_0295650.jpg

f0180607_029571.jpg

f0180607_029587.jpg

f0180607_030053.jpg

f0180607_030382.jpg

f0180607_030488.jpg

f0180607_034478.jpg

f0180607_0351048.jpg



貸し切り気分でのんびりゆらゆら。木々の合間から見える湖が明るく輝いて、とても気持ち良い朝でした。
f0180607_0353729.jpg



/E-5 ZUIKO Digital ED 18-180mm F3.5-6.3,ED 9-18mm F4.0-5.6,14-54mm F2.8-3.5 II (2013.8.22)

東北のんびりカヌーキャンプ7へ>>
東北のんびりカヌーキャンプ TOPへ戻る>>


by takakunen | 2014-01-04 00:36 | 国内旅行 | Comments(0)
東北のんびりカヌーキャンプ5(田沢湖キャンプ場2日目1・朝カヌー)
ロクちゃんは初テントでした。と言ってもテントの中でのソフトゲージの中ですが。
この方法ならワンコも人も落ち着けるので、何かと安心でお薦めです。
f0180607_1235639.jpg

f0180607_1235830.jpg



朝一番でカヌーに出掛けました。
湖は昨夕とはまた違った落ち着きをみせてくれます。
f0180607_124135.jpg

f0180607_124249.jpg



漕ぎ出すと、その景色はさながら北欧の湖のようです。(行ったことないけど)
f0180607_124453.jpg

f0180607_124625.jpg

f0180607_124822.jpg



昨日に比べ風がないので、湖面が周囲の景色を映してとても綺麗です。
田沢湖は日本一の深さを誇る湖。そんな水の深い青さを感じることができました。
f0180607_1241033.jpg

f0180607_1241320.jpg

f0180607_124142.jpg

f0180607_1241618.jpg



ロクもカヌーに慣れてきて、すっかりリラックスムードです。
f0180607_124201.jpg

f0180607_1242243.jpg

f0180607_1242490.jpg



カヌーの後は暫くまた湖岸で遊びました。
f0180607_1242764.jpg

f0180607_1265985.jpg

f0180607_1271393.jpg

f0180607_21445988.jpg

f0180607_1273675.jpg



/E-5 ZUIKO Digital ED 18-180mm F3.5-6.3,ED 9-18mm F4.0-5.6,ED 8mm F3.5 Fisheye,14-54mm F2.8-3.5 II (2013.8.22)

東北のんびりカヌーキャンプ6へ>>
東北のんびりカヌーキャンプ TOPへ戻る>>


by takakunen | 2014-01-01 12:10 | 国内旅行 | Comments(0)
年賀
今年も幸多き一年でありますように。
どうぞよろしくお願いします。
f0180607_2384221.jpg

by takakunen | 2014-01-01 00:01 | その他 | Comments(0)