<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ビッグオフロードクラブ20周年キャンプ3
翌日午前中でイベントはお開きになりましたが、我が家はそのままキャンプ地に残り、最終日は家族3人ひさびさのやっくんとのアウトドアライフを楽しみました。

まずは、朝の散歩から。
この樽尾沢キャンプ場は無料のキャンプ場で周辺もあまり人が訪れないため、やっくんは今日もノーリードです。
f0180607_2242545.jpg


何故かこの日は積極的。キャンプ場から奥に続く道を一人でどんどん歩いていきます。最近、馬尾症候群という後ろ足が動きにくくなる病気のため、すっかり散歩の距離も短くなっていたやっくんですが、この日はびっくりするくらい元気です。家族みんなでお出掛けが楽しいんでしょうか。
f0180607_2244092.jpg

f0180607_2244877.jpg

f0180607_2252627.jpg
f0180607_2255829.jpg

f0180607_226695.jpg



特に帰りは、率先して走って帰ります。ふらふらはしてますが(笑)。こんなやっくんは久々に見ました。
f0180607_2264273.jpg

f0180607_22649100.jpg

f0180607_227686.jpg

f0180607_2271962.jpg

f0180607_2273025.jpg



キャンプ場に戻ってからはクラブのメンバーにいじられるやっくん。
f0180607_2284240.jpg

f0180607_2285348.jpg

f0180607_2291111.jpg

皆さんに愛していただいています。ありがとうございます。


その後はキャンプ地をひと通り見回り。
f0180607_2314010.jpg

f0180607_232013.jpg

f0180607_232153.jpg

そして報告。「特に問題ありませんでした!」(笑)


/E-5 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.9.19)

ビッグオフロードクラブ20周年キャンプ4へ


by takakunen | 2011-09-30 02:36 | バイクツーリング | Comments(2)
ビッグオフロードク​ラブ20周年キャンプ​2
コマ図ツーリングは、コマ地図と呼ばれるパリダカなどのラリーレイドでも使われるルートマップ(地図)を使用したツーリング。その名の通りコマ割りした地図を使用して、参加者はそのコマ図だけを頼りにまだ見ぬルートを目指します。ルートは知らされておらず行ってみないと分からないドキドキ感もありますが、当然アクシデントも多発。ボクはスタッフとしてそういったアクシデントの最後の砦ともなるスイーパー(最終走行者)の役割を担当しました。今回も難所あり、ミスコースあり、アクシデント満載のコマ図ツーリングとなりました。でもこんなアクシデントを乗り越えるからこその楽しみもあるんですね。

ツーリングのスタート。いってらっしゃい!
f0180607_10184214.jpg



ボクは二人組みでスイーパーです。転倒、ミスコースなどあちこちで起こったトラブルを最終ランナーとしてサポートします。
f0180607_10184371.jpg



CP(チェックポイント)1にて早速トラブル。予定していたコースが工事中で使えず急遽コース変更することに。CP1担当のスタッフさん大活躍です。
f0180607_10184517.jpg

f0180607_1019781.jpg



CP2は道の駅。予定していたコマ図が使えないため、参加者はCP1から自力でここを目指しました。
f0180607_10191938.jpg

f0180607_10192021.jpg

f0180607_10192166.jpg

親子でCP担当有難うございました。


コース変更を指示するスタッフたち。彼らの的確な指示と多大な労力があって、一度途切れたコースは再び無事つながりました。
f0180607_10194152.jpg

f0180607_10194228.jpg



最後の難所の林道。ブッシュが茂った登りのガレ場でビッグオフには難しいルートです。
f0180607_1020258.jpg

f0180607_1020429.jpg

f0180607_1020631.jpg



苦しい中にも笑顔があります。皆なんとか無事にコースを走り切りました。
f0180607_10201156.jpg

f0180607_10201257.jpg

f0180607_10205653.jpg



でもトラブルに遭った参加者も…。
f0180607_10212182.jpg



ボクも被害を受けました。調子に乗って走っていたら前車の飛石がヘッドライトにヒット!でもトラブルも楽しい思い出です。
f0180607_1022844.jpg



ツーリングでいっぱい汗をかいたら、待っているのはキャンプ場での楽しい宴会。冷たいビールが旨い!今日のツーリングの話題やよもやま話で、思い思い楽しい夜を過ごしました。
f0180607_10222551.jpg

f0180607_1022356.jpg

f0180607_10224998.jpg



今回のイベントには遠くは岩手や兵庫からおいで頂きました。参加者、スタッフの皆さん楽しい一日を有難うございました。
f0180607_10514124.jpg



/E-5 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,μ Tough 3000 (2011.9.18)

ビッグオフロードクラブ20周年キャンプ3へ


by takakunen | 2011-09-29 10:29 | バイクツーリング | Comments(4)
ビッグオフロードク​ラブ20周年キャンプ​1
今年のシルバーウィークはイベント三昧。まずは今月17~19日はビッグオフロードクラブの20周年記念イベントがあり、スタッフの一人として参加しました。
ビッグオフロードクラブは250ccを超えるいわゆるビッグオフローダーのみのツーリングクラブ。現会長が20年前に声かけして始まり、2ヶ月に一度の定例ツーリングやキャンプツーリングなどの活動を続けて今年20年を超えました。いやはやすごい。
10周年の時も大々的なキャンプイベントを行い、大勢の仲間が参加してくれて大いに盛り上がったのですが、その時にも「あと10年したら20周年だね。」なんて話してたら、ホントに来てしまいました。しかもあっという間に。その間メンバーも変わり、バイクを取り囲む環境も変わり、ボクたちも年齢を重ねましたが、ビッグオフロードクラブは変わらず活動し続けています。ちなみにボクは創設時からのメンバーです。

さて、20周年記念イベントの会場となったのは10周年の時と同じ長野県箕輪町の樽尾沢キャンプ場。無料のキャンプ場ですが周辺には南アルプスの林道群が無尽に広がり、18日のメインイベントのコマ図ツーリングに絶好の舞台です。
我が家は前日の17日からキャンプ場に入りました。ちょうどやっくんの抗がん剤治療の谷間、動物病院の先生からも外出許可が出て3人でキャンプするのはなんと昨年の夏休み以来です。


会場に向かう途中のSAにて。ひさびさのみんな一緒のお出かけでゴキゲンのやっくん。
f0180607_2293311.jpg

f0180607_2293571.jpg

f0180607_2293685.jpg

f0180607_2293824.jpg



途中で降っていた雨も、会場入りするとすっかり上がって青空が広がりました。
f0180607_2293955.jpg

f0180607_2294193.jpg

f0180607_2294229.jpg

f0180607_2294386.jpg

f0180607_2294549.jpg

f0180607_2294663.jpg

f0180607_229485.jpg

f0180607_2295019.jpg




翌朝、 続々メンバーや参加者が集まってきました。 会場の準備もできていよいよコマ図ツーリングが始まります。
f0180607_2295580.jpg

f0180607_2295718.jpg

f0180607_229588.jpg

f0180607_2295424.jpg

f0180607_2353828.jpg

f0180607_2354916.jpg

f0180607_2355780.jpg



/E-5 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.9.17~18)

ビッグオフロードクラブ20周年キャンプ2へ


by takakunen | 2011-09-28 02:43 | バイクツーリング | Comments(2)
やっくんのゆるゆる闘​病記
やっくんですが、只今闘病中です。病名は悪性リンパ腫、つまりリンパ節の癌です。
カミさんが首の辺りに腫れを見つけたのが春先のころ。念のため5月に検査をした結果判りました。やっくんと田貫湖に男二人キャンプに行ったすぐあとです。

犬の場合、リンパ腫をそのまま放っておくと、3ヶ月位しかもたないそう。でも比較的抗癌剤治療が効果的な癌なので、治療を行うのが一般的です。
やっくんもすぐ治療を始め、ワンクールの抗癌剤治療が終わり、現在ツークールめの治療も終わりました。
癌という病気は抗癌剤治療により完治できる訳でなく、完全寛解と言って抑えこむことしかできないそうです。暫く沈静化できますが、早ければ数ヶ月後、遅くとも数年後に再発する可能性が高い。因みに、リンパ腫癌の寛解率は40~90%だそうです。

また犬といえど使う薬は人間と同じ。やっくんは体も大きいので使う薬の量も人間とさほど変わりません。そして抗癌剤と言えば、お約束の副作用もあり、場合によっては付きっきりの介護も必要です。つまり、お金も時間も掛かる。
覚悟と準備はしていましたが、現実の負担はかなり大きいです。甘くない。そしてそれだけ手間暇かけても癌が完治するわけではないのです。
時間も費用も掛かる上、結果も期待出来ない癌治療。
でも、知らん顔は出来ません。犬にとっては飼い主だけが頼り。ちゃんと最後まで面倒を見てやる覚悟が必要でしょう。自分たちの出来る範囲で良いから。

さて、やっくんの抗癌剤治療ですが、現在ツークールめが終わって、本来なくなっていなければならない癌のしこりが消えません。というか、増々大きくなってきました。
やっくんの場合、完全寛解は難しくなったようです。




癌治療を始めてからまともにお出掛けすら出来なくなってしまったやっくん。先週末は、副作用もあまりなかったので、久しぶりに朝霞 黒目川沿いの黄花コスモス畑に連れて行きました。
男二人キャンプ以来の、ボクとやっくん二人でのお出掛けです。
f0180607_3192957.jpg

f0180607_3193148.jpg

f0180607_3193339.jpg

f0180607_3193527.jpg

f0180607_3193911.jpg

f0180607_3194124.jpg

f0180607_3194210.jpg

f0180607_3194392.jpg

f0180607_319457.jpg

f0180607_31947100.jpg

f0180607_3194989.jpg

f0180607_3195077.jpg

f0180607_3195213.jpg

f0180607_3195395.jpg



癌と同時進行している馬尾症候群という病気のため、右後ろ足も不自由になってきました。歩くと血が出るくらい引きずってしまうので、足袋(タビ)を履かせてやってます。
f0180607_3195586.jpg

f0180607_3245264.jpg

f0180607_3195862.jpg

f0180607_3252059.jpg

f0180607_3254714.jpg

f0180607_3261478.jpg

f0180607_3263566.jpg

f0180607_3264713.jpg

この日はちょうど、コスモス祭り。大勢の人出の華やかな雰囲気の中、やっくんと二人、一足早い秋の兆しを楽しみました。


/E-5 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.9.11)


by takakunen | 2011-09-17 03:35 | わんこ | Comments(6)
ビッグオフロードクラブ設立20周年記念イベントのお知らせ
開催日:2011年9月17日~19日(メインは18日)
会 場:長野県上伊那郡箕輪町 樽尾沢キャンプ場

久しぶりにビッグオフに馴染みのメンバーで集まって、コマ図ツーリングやキャンプで大いに楽しみませんか。
ご家族、ご友人お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。(もちろんクラブ員以外の方の参加もOKです)
一緒に楽しいひと時を過ごしましょう。

20周年記念イベントのご案内
10周年記念イベントの模様 (10周年記念イベントのレポート)
15周年記念イベントの模様
f0180607_2434482.jpg

<この記事はしばらくトップエントリーにします>


by takakunen | 2011-09-17 00:00 | バイクツーリング
広島~山口ツーリング30(岩倉ファームパークキャンプ場・2泊め)
最終日のキャンプ場は岩倉ファームパークキャンプ場です。
あれれ??そうです、2日めに泊まったキャンプ場です。
f0180607_6362497.jpg

f0180607_6362512.jpg

f0180607_636275.jpg



ボクのツーリングには暗黙のルールがあって、一度泊まったことのあるキャンプ場にはなるべく泊まらない、というもの。
分かっている所に泊まるのは安心ですが、新しい所には思いがけない発見もあります。せっかくの旅なのだから新しい発見を望みたい。
なんて恰好良いことを言いながら、早速の掟破りです。
f0180607_6362971.jpg

f0180607_6363133.jpg

f0180607_6363258.jpg



実はこのGW中はどこのキャンプ場も混んでいて、バイクでさえ断られることが多かったのです。
震災の影響で、西日本に人出が動いたのと、大掛かりでない自粛したレジャーということで、キャンプに行った人が多かったよう。
実際この日もキャンプ場を探してあちこち連絡したのですが、明日の高速道路にアクセスが良く、できれば温泉の近く、なんて希望のキャンプ場はそう都合良く見つかりません。
そんな中、この岩倉ファームパークキャンプ場は管理も緩くて自由度もあり、前述の希望にも合致。前回は雨だったので、今回2度目でも良いだろう、ということにしました。
f0180607_6363360.jpg

f0180607_6363590.jpg

f0180607_6363673.jpg

f0180607_6363981.jpg

f0180607_6364039.jpg

f0180607_6364137.jpg



このキャンプ場は場内道路を挟んでサイトが2つに分かれています。今回は前回泊まったサイトとは別のサイトにテントを張りました。こちらの方が、芝が広いサイトです。
f0180607_6364367.jpg

f0180607_6364429.jpg

f0180607_6364634.jpg

f0180607_63649100.jpg



それにしても、キャンパーの多さにびっくり。前回は雨だったので、人出が少なかったんですね。
ここは、リーズナブルで気楽に泊まれる上に、設備や環境が整っているキャンプ場です。人気が高いのは当たり前ですね。
旅の最後のキャンプは、大勢のファミリーキャンパーに囲まれてのんびりゆったり、ゆるゆるキャンプでした。
f0180607_640127.jpg

f0180607_6401542.jpg


翌日また1日で高速を900キロ走って無事家路につきました。(今回はノートラブルでした。)

これで「広島~山口ツーリング」はおしまいです。長い間お付き合いいただきありがとうございました。
お疲れ様でした。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.5)


by takakunen | 2011-09-16 06:44 | バイクツーリング | Comments(0)
広島~山口ツーリング29(山口~防府)
秋吉台を後にして山口県の瀬戸内側を東に進みました。
この辺りはまだ行ったことのない未開の地。瀬戸内側なので、市街化が進んだ街並みを訪ねるツーリングです。

山口市
山口県の県庁所在地ですが、街としてはこぢんまりとしています。これと言った観光名所が無いからでしょうか。同じ県庁所在地鳥取県の鳥取市と似た境遇で親近感が湧きます。
f0180607_243492.jpg

f0180607_243621.jpg



防府市
防府天満宮が有名です。ちょっと立ち寄りました。
菅原道真を祀った学問の神様で、受験の時母親がわざわざここまでお守りを買いに行ってくれた記憶があります。
その節はお世話になりました。
f0180607_243717.jpg

f0180607_243939.jpg

f0180607_244034.jpg

f0180607_244129.jpg

f0180607_24437.jpg



周南市
悩めるマレーグマ、ツヨシくんで有名な徳山動物園はここにあります。
f0180607_244624.jpg

f0180607_244723.jpg

f0180607_245017.jpg



モノハウス・ラッキー食堂
国道2号線を岩国に抜ける峠の辺りで見つけた怪しいドライブイン。
モノハウスという雑貨屋、ゲームセンターと食堂の複合施設?長距離トラック運転手向け??
優しいおばちゃんが格安ラーメンを作ってくれます。レトロな空間にタイムスリップ。
f0180607_245112.jpg

f0180607_245381.jpg

f0180607_245484.jpg

f0180607_245615.jpg



f0180607_245975.jpg


こんな本格的な沈下橋も見つけました。四国みたい。
f0180607_25297.jpg

f0180607_27359.jpg



岩国をかすめ、再び広島県に入りました。
国道186号を小瀬川沿いに北上します。川を挟んで対岸は山口県。平行して走る山口県道は名物?の夏みかん色のガードレールで、この川が県境だとひと目で分かります。
f0180607_275061.jpg

f0180607_281877.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.4)

広島~山口ツーリング30へ


by takakunen | 2011-09-15 02:12 | バイクツーリング | Comments(0)
広島~山口ツーリング28(秋吉台カルスト展望台)
秋芳洞を黄金柱まで進むと、そこからエレベーターで地上に上がることができます。そこは秋吉台の中腹。
遊歩道を上がると秋吉台のほぼ全体を見渡せる秋吉台カルスト展望台に出ます。
f0180607_1362760.jpg

f0180607_136285.jpg

f0180607_1362995.jpg

f0180607_1363111.jpg

f0180607_1363472.jpg

f0180607_1363563.jpg



広大な秋吉台の風景がひたすら広がっています。緑と石灰石が調和した大草原が美しい。
ここが秋吉台随一のビューポイントでしょう。
f0180607_1363731.jpg

f0180607_1363823.jpg

f0180607_1363917.jpg

f0180607_1364144.jpg

f0180607_1364239.jpg

f0180607_1364330.jpg

f0180607_1364514.jpg

悠久の時を経て出来上がった大自然に心打たれた秋吉台でした。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.4)

広島~山口ツーリング29へ


by takakunen | 2011-09-14 01:42 | バイクツーリング | Comments(0)
広島~山口ツーリング27(秋芳洞)
カルスト大地の地下に染み込んだ雨水が地下水脈となり、長い年月をかけて出来上がったのが鍾乳洞。
秋吉台にはそんな鍾乳洞がいくつか点在しています。

その最大のものが秋芳洞(あきよしどう)。
秋吉台の地下100メートルにあって、天井高さは最高で30メートル、最大幅は100メートル、全長は10キロもある国内最大級の鍾乳洞です。
そのうち約1キロが公開されており、不思議な地底の世界と、自然の造形美にふれることができます。
f0180607_2222958.jpg



青天井
入ってすぐに大きな空間があり、さっそく驚かされます。洞内は約17度とひんやりしています。
f0180607_2223043.jpg

f0180607_2223167.jpg




百枚皿(ひゃくまいざら)
秋芳洞で一番有名なスポット。流れ出る湧き水の石灰分が波紋状に固まったもの。
百枚皿と言いながら、実際は500枚を超えるそう。
f0180607_2223315.jpg

f0180607_2223546.jpg

f0180607_2223737.jpg

f0180607_2223825.jpg



広庭(ひろにわ)
広いホールのような空間に、洞内富士や大松茸などの見どころが続きます。
f0180607_2224046.jpg

f0180607_2224153.jpg



傘づくし
高い天井からつらら状の鍾乳石が無数に垂れ下がります。その圧倒的なスケールに驚きます。
坑内は上がっていて、その横をずっと登って行きます。まるで地底都市のよう。
(全体・見上げ・上から見下げ)
f0180607_2224532.jpg

f0180607_2224341.jpg

f0180607_2224620.jpg



岩屋観音
小さな窪みの中に、こんなにかわいい観音様が。個人的お気に入りポイント。
f0180607_2224878.jpg



黄金柱(こがねばしら)
秋芳洞メインの観光ルート最後を飾るのがこの黄金柱。
高さ15メートル、幅4メートルの大石灰華柱です。正に黄金に輝いて、パワースポットのオーラを発しています。
f0180607_2225016.jpg

f0180607_2225282.jpg



不思議で神秘的な地底探検を楽しめました。
f0180607_2225450.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.4)

広島~山口ツーリング28へ


by takakunen | 2011-09-12 03:06 | バイクツーリング | Comments(2)
広島~山口ツーリング26(秋吉台)
日本最大のカルスト台地、秋吉台は何億年も遥か昔は珊瑚礁だったそうです。長い年月をかけた地殻変動を経て石灰岩の台地となり、その台地が雨によってまたまた長い時間をかけて浸食して、現在の起伏ある地形になったのだとか。壮大な物語のようです。
ボクが秋吉台を訪れたのは、中学校以来。バイクで来たのはもちろん初めてです。
まずはスケール感溢れるワインディングロードを満喫しました。
f0180607_174679.jpg

f0180607_174780.jpg

f0180607_174891.jpg



秋吉台を縦断するように南北に道が延び、恰好のドライブコースとなっています。
すれ違う車やバイクも良いペースで走って行きます。吹き抜ける風が心地良い。
f0180607_175083.jpg

f0180607_175155.jpg

f0180607_175377.jpg

f0180607_175432.jpg

f0180607_175576.jpg

f0180607_175635.jpg



所々に遊歩道があって、カルスト台地の中を散策することもできます。
緑の台地に点在する石灰岩は、近くで見るとかなりの迫力。時間の重みも感じます。
f0180607_175833.jpg

f0180607_175961.jpg

f0180607_18180.jpg

f0180607_18246.jpg

f0180607_18467.jpg

f0180607_18529.jpg

大自然ってやっぱりいいなぁ。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.4)

広島~山口ツーリング27へ


by takakunen | 2011-09-10 01:14 | バイクツーリング | Comments(4)