<   2011年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
広島~山口ツーリング23(下関・壇之浦)
源平合戦最後の舞台 壇之浦は、平家がわずか一日で源氏に滅ぼされた地。今では関門橋周辺の一帯を指します。
源氏、平家にまつわるスポットが点在し、いにしえの歴史を辿ることができます。
f0180607_23203886.jpg



赤間神宮
平家の敗北により、平家一門とともに幼い安徳天皇が壇之浦で入水し、平家は滅亡してしまいます。その安徳天皇を祀った赤間神社は、竜宮城を模した平家ゆかりの神社です。
訪れた頃はちょうど先帝祭の真っ最中。 壇之浦の戦いで敗れた平家の御霊を弔う祭事です。
f0180607_23203958.jpg

境内に渡された天橋を、合戦で生きながらえ遊女に身を落とした平家の女官達が歩く「上臈参拝(じょうろうさんぱい)」を観ることができました。
f0180607_2320419.jpg

途中、優美な外八文字(そとはちもんじ・外から内へ8の字を描くような足運び)を踏みます。
f0180607_23204323.jpg

f0180607_23204511.jpg

豪華だった平家の繁栄と、悲哀を偲ぶことができました。


平家の一杯水
源氏に敗れ負傷した平家の武将が、命がけで最後に飲んだと言われる海岸に湧き出る清水。
あまりの美味しさに夢中になって二口目を飲むと、それまでの真水が塩水に変わったという不思議な伝説が残ります。
f0180607_23204760.jpg

f0180607_23204841.jpg

f0180607_23205043.jpg



みもすそ川公園
関門橋のたもと、壇之浦古戦場を一望する場所に「みもすそ川公園」があります。
八艘飛びの源義経像と、碇をかついだ平知盛像が向き合い、かつての決戦の様子を再現しています。
f0180607_23205149.jpg

f0180607_23205344.jpg

f0180607_23205545.jpg

決戦当初は、海戦に長け潮の流れも味方につけた平家が優勢でしたが、やがて潮の流れが変わると 形勢逆転、優勢となった源氏にわずか一日で平家は滅ぼされてしまったそうです。


歴史体感紙芝居
この公園の一角で紙芝居をしていました。ここ下関で繰り広げられた色々な歴史をわかりやすく伝えようとNPO法人が運営しているそうです。
f0180607_23211617.jpg

今回は、平家の霊に導かれて琵琶を弾いた、小泉八雲で有名な「耳なし芳一」を上演していました。
上で紹介した赤間神宮は、実は明治の神仏分離以前は「阿弥陀寺」といい、境内には安徳天皇の御墓所や平家一門の墓があり、またその横には芳一堂があります。そして「耳なし芳一」の舞台だったそうです。
この阿弥陀寺にいた盲目の琵琶法師・芳一が、平家の亡霊に取り憑かれここで琵琶を弾き、和尚が芳一の全身に経を書いたのです。
f0180607_23214459.jpg

f0180607_23214660.jpg




壇之浦はもう一つ歴史上重要な舞台でもありました。明治維新の「攘夷戦」です。
f0180607_23215163.jpg

関門海峡を通る外国船を撃破するため、長州藩はここ壇之浦に砲台を配備、砲撃したのです。結局連合艦隊に徹底的に報復されるのですが、これがきっかけとなり、外国の進んだ軍備に目覚めた長州藩は、その後開国、倒幕の道へと突き進んでいきました。
f0180607_23215688.jpg

みもすそ川公園にはその砲台のレプリカが並び、時折海峡に向かって空砲を鳴らします。
f0180607_23262375.jpg




幕末の歴史の舞台でもあった下関。あの高杉晋作が療養し、最後に息を引き取った「高杉晋作(東行)終焉の地」が、住宅街の中にひっそりと残っています。
f0180607_23264572.jpg

数え年で29歳…27年と8ヶ月の短い生涯でした。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.3)

広島~山口ツーリング24へ


by takakunen | 2011-08-31 23:41 | バイクツーリング | Comments(0)
広島~山口ツーリング22(下関・唐戸市場)
下関 関門海峡の魚市場、唐戸市場に立ち寄りました。
今ではふぐの市場の観光スポットとして知られていますが、元々はれっきとした魚市場。明治時代の朝市から始まり、昭和初期に現在の魚菜市場の形態になっていったそうです。
f0180607_6434167.jpg

f0180607_6434386.jpg



唐戸市場が人気なのは、市場としての魅力はもちろん、グルメスポットとしても楽しめる所にあります。沢山の下関の海の幸が並びます。もちろん皆さん“ふぐ”が一番の目当てです!
f0180607_644613.jpg

f0180607_70161.jpg

f0180607_6434988.jpg



下関やその周辺では、“ふぐ”のことを濁らずに“ふく”と呼びます。「幸福の福を運んで来てくれる魚」だからだそうです。
f0180607_644888.jpg

f0180607_644105.jpg



お店で買った食材を食べるスペースも、ちゃんと設けられています。ちょうどお昼時、海鮮丼、サザエの壺焼き、ふくの味噌汁、ふく刺を頂きました。
味?美味しいに決まってます。
f0180607_644118.jpg

f0180607_6441380.jpg

f0180607_6441597.jpg

f0180607_6441721.jpg



観光名所にもなっているこの唐戸市場。館内ものすごいヒト、ヒト、ヒト、活気溢れる海峡の市場です。
f0180607_644191.jpg

f0180607_6442125.jpg

f0180607_6442330.jpg

f0180607_644251.jpg



市場から一歩出ると、海沿いのデッキが広がる憩いの場にもなっています。遠くに関門橋を望みます。
f0180607_644283.jpg

広場の一角にある「ふくのセリの像」。市場は下関の市民に欠かせないものなのが伺えます。
f0180607_6503052.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.3)

広島~山口ツーリング23へ


by takakunen | 2011-08-30 07:07 | バイクツーリング | Comments(6)
広島~山口ツーリング21(下関・彦島)
本州の果ての果てって興味ありませんか?
下北半島には北の果て、紀伊半島には南の果てが存在しますが、そういう緯度経度とはまた違った、ひたすらずっと本州を走り続けた果ての果て。そんな所にロマンを感じてしまいます。

ここ下関はもちろん本州の果ての街ですが、その道を更に進んだ先っぽに向ってみました。
f0180607_846416.jpg

f0180607_8464130.jpg



下関駅前の道をそのまま真っ直ぐ進んで行くと、大きな橋を渡ります。そこから先は彦島と言う正確には島なのだそうですが、どう見ても陸続きです。お構いなしに進みます。
眼下に見えるのは三菱重工下関造船所。
f0180607_8464398.jpg



ずっと道をたどって行くと…最後に突き当たりました。(バイクは逆向きですが)
f0180607_8464432.jpg



広がっているのは関門海峡、対岸は九州です。とうとう本州の道の突き当たりに到達しました。(→ここ
f0180607_8464926.jpg

f0180607_8465117.jpg

f0180607_8465213.jpg

本当に道がここで突き当たっていて(正確にはここで曲がってすぐ突当り)、果ての果てって感じです。


ところで、地図を確認するとここは道の突き当たりですが、先っぽからは少しずれているようです。先っぽも探してみました。
もうほんの少し南に本当の先っぽがあるようですが、霊園の中。
バイクで行ける先っぽはここのようです。
f0180607_8465418.jpg

f0180607_8465628.jpg

f0180607_8465731.jpg

f0180607_8465935.jpg



関門海峡の向こうには九州小倉の工業地帯が見えます。到達感あるなぁ。
個人的に、ここを「本州の先っぽ」と認定しちゃいましょう!
f0180607_847018.jpg

f0180607_9211343.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.3)

広島~山口ツーリング22へ


by takakunen | 2011-08-27 09:25 | バイクツーリング | Comments(4)
赤塚植物園花コミュオフ会・8月
土曜日は赤塚植物園花コミュの8月オフ会でした。今回もメンバーのみなさんの熱意やその姿に圧倒されつつ、お花と奮闘しました。
でもちょっとは慣れたかな。(笑)
f0180607_14718.jpg

f0180607_147295.jpg

f0180607_147475.jpg

f0180607_147512.jpg

f0180607_147684.jpg

f0180607_2353758.jpg

f0180607_2351077.jpg

f0180607_1474542.jpg

f0180607_1474818.jpg

f0180607_1475090.jpg

f0180607_2289.jpg

f0180607_1475190.jpg

f0180607_1475389.jpg

f0180607_205117.jpg

f0180607_1475739.jpg

f0180607_1501333.jpg

こらから秋になると花も増えて、赤塚通いももっと忙しくなりそうです。


/E-5 ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro,50-200mm F2.8-3.5 SWD,35mm F3.5 Macro (2011.8.20)


by takakunen | 2011-08-23 02:03 | お散歩 | Comments(4)
広島~山口ツーリング20(菊川自然活用村)
下関市まで行ってしまうと適当なキャンプ地が無いため、この日は内陸部の菊川町にある菊川自然活用村というキャンプ場に向かいました。
街並みを外れ淋しい田舎道をしばらく入ったダム湖畔のキャンプ場で、到着した時にはキャンパーらしき人影はなくこれはまた空振ったのかとも思いましたが、管理棟のある湖畔のサイトではなく場内の坂道を登った高台の広場のサイトに何人かの先客がいてやれやれ。
落ち着いてしまえば自然も豊富で素朴な、そしてバイクで10分ほどのところに温泉もあるなかなか居心地の良いキャンプ場でした。
f0180607_22402237.jpg

f0180607_224023100.jpg

f0180607_22402548.jpg

f0180607_22402762.jpg



今回のキャンプから使い始めたミニ焚き火台「ネイチャーストーブ」。折りたたむととても小さくなる焚き火台です。
まわりの小枝を拾ってきて燃やします。これでバイクキャンプでも焚き火が可能になりました。うしし。この日も心ゆくまで焚き火を楽しみました。満足、満足。
f0180607_22402910.jpg

f0180607_22403057.jpg





f0180607_22403287.jpg

f0180607_22403456.jpg

f0180607_22403535.jpg



となりのテントのおじさんはリピーターで、ここが気に入っていて毎年何日もひとりでキャンプするのだとか。のんびり自然にひたるのだそうです。
なるほどサイトのまわりには綺麗なツツジも印象的で、ボクものんびり写真を撮ってみました。
f0180607_22403796.jpg

f0180607_22403997.jpg

f0180607_22404044.jpg

f0180607_22404246.jpg

f0180607_22404399.jpg

f0180607_2240461.jpg



のどかな時間が流れるキャンプ場でした。
f0180607_22542169.jpg

ボクたち看板犬もよろしく。(笑)
f0180607_22424434.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.2~3)

広島~山口ツーリング21へ


by takakunen | 2011-08-21 22:45 | バイクツーリング | Comments(4)
広島~山口ツーリング19(国道191号線)
山口県の日本海側の大動脈、国道191号線は、ドライブやツーリングが楽しい景色の良いお勧めのルートとして、地図やガイドブックにもよく紹介されます。
f0180607_2554399.jpg

f0180607_2554351.jpg

f0180607_2554518.jpg

f0180607_2554756.jpg

f0180607_2554995.jpg



なるほど、どこまでも続く日本海と並行する山陰本線を眺めながらのクルージングは、島根の海風景とも少し違ったおおらかな雰囲気が漂います。
f0180607_2562616.jpg

f0180607_2562829.jpg

f0180607_2563020.jpg

f0180607_2563152.jpg

f0180607_2561793.jpg

f0180607_2561983.jpg

f0180607_2563666.jpg



ところで、山陰ってどの範囲を言うんでしょうか。
山陰出身のボクが言うのも変なのですが、漠然と鳥取~島根辺りのことだと思っていました。でも考えてみたら兵庫県の城崎辺りも山陰と言ったりします。
実は山口県のこの辺りも山陰と言うことがあるようで、「ようこそ山陰へ」なんて所々山陰の文字を見るのです。
調べてみると特に決まりはないようで、鳥取~島根を基本に、広くは東は京都の西は山口の日本海側を言うこともあるそうです。
山口県はもっと瀬戸内や九州に近いイメージがあったので、なんだか変な感じです。
でもそうであれば、あの吉田松陰や高杉晋作や木戸孝允など、幕末の英雄たちも山陰出身ってことですね!山陰出身者が近代日本の礎を作ったのです!!

それはそれでなんだか嬉しい発見でした。
f0180607_2563797.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.2)

広島~山口ツーリング20へ


by takakunen | 2011-08-20 03:35 | バイクツーリング | Comments(0)
広島~山口ツーリング18(角島)
向津具(むかつく)半島から国道191号線に戻り、西へしばらく進むと案内板が現れます。
角島と書いて「つのしま」と呼ぶこの島には、とても長くそして美しい橋が掛けられています。
ガイドブックやTVCMなどで幾度も見た風景は、まるでどこか南国の島のよう。とても日本海の景色とは思えません。いつか行ってみたいと思っていました。
f0180607_4123594.jpg

f0180607_4123785.jpg


下関市豊北町と角島を結ぶ全長1.78キロもあるこの角島大橋は2000年に開通したもの。それまで角島への交通手段は渡船のみだったのが、念願の陸路でつながったのだそうです。
この橋の素晴らしいのはその景観。計画時から北長門国定公園という立地を考慮し、橋脚の高さを押さえ、環境に配慮した迂回ルートを採用するなど、通常の公共工事とは一線を画したこの橋は、美しい景観と新しい観光名所を生み出しました。


高台に絶好のビューポイントを見つけました。その優美な姿は、エメラルドグリーンの海に栄えてとても美しい。
やっぱり日本海とは思えません。(笑)
f0180607_4123925.jpg

f0180607_4125092.jpg

f0180607_4125279.jpg

f0180607_4125386.jpg

f0180607_4365870.jpg



実は訪れた頃(GWです^^;)は全国的に大量の黄砂が舞っていて、天気は晴れなのにまるで薄曇りのよう。それでもこれだけ綺麗なのですから、快晴ならどんなに素晴らしいのでしょう。
f0180607_4125663.jpg

f0180607_4125850.jpg



橋の中ほどにある路側帯で。
f0180607_4125957.jpg

f0180607_413197.jpg



角島側のパーキングから。
f0180607_413284.jpg

f0180607_413472.jpg

f0180607_413614.jpg



角島の先端には、灯台と海浜公園があります。夏には近くにキャンプ場も開いて、この美しい海を満喫することができます。
f0180607_413958.jpg



日本海と言えばイカ。ここでも美味しい活き作りをいただくことができました。
f0180607_4172399.jpg

f0180607_4174034.jpg


海の幸も景色も満足の角島でした。
f0180607_4181583.jpg

f0180607_1085453.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.2)

広島~山口ツーリング19へ


by takakunen | 2011-08-19 04:39 | バイクツーリング | Comments(4)
広島~山口ツーリング17(川尻岬)
萩に別れを告げ、国道191号線を西に向け出発。再び長門市を通るので、お昼を食べに隣の仙崎に寄りました。
ここは青海島観光の拠点になっています。イルカやクジラを模した観光船が可愛い。
f0180607_1245078.jpg

f0180607_1245195.jpg

この船に乗って青海島観光もしてみたかったな、なんて思いながら遊覧コースを確認すると、なんと昨日泊まったキャンプ場の周りじゃないですか。
気にもとめていなかったのですが、キャンプ場から続く遊歩道をちょっと歩いて行けば、海上アルプスと呼ばれる絶景が見れたのでした。調べておけば良かったですね。ちょっと失敗でした。

でも時間もないので観光船はやめてお昼を食べて出発。
しかし、ここでもう一つ間違いをおかしていました。
道路の脇にちらっと見えた「金子みすず」の看板。この時は気づいていませんでした。
金子みすず…AC広告機構のCMで「こだまでしょうか。いいえ、だれでも」のフレーズで判る人も多いはず。
仙崎はこの詩人 金子みすずの生誕地で、すぐ近くには金子みすず記念館なる見所もあって、最近のCMブームで人気スポットになって、わざわざそのためにここまで来る人もいるそうです。
残念ながら、この時は判らずに行ってしまいました。やはり下調べは大切ということですね。


さて、このまま西へどんどん行っても良かったのですが、地図を眺めていると気になる所を見つけました。
向津具(むかつく)半島の端っこにある川尻岬と言う岬で本州最西北端という微妙な言い回しの岬です。それでなくてもライダーは端っこ好きなのにそのフレーズが妙にそそります。思わず向かっていました。

着いたところは、ぽつんと一軒のお店が立つ岬です。寂れた感じが昔の北海道の岬を思い起こさせます。
f0180607_1245375.jpg

f0180607_1245530.jpg



キャンプ場にもなっている広場を抜けると石碑がありますが、本当の岬はここから更に20分程歩いた突端です。せっかくなので行ってみることにしました。
f0180607_1245670.jpg

f0180607_1245761.jpg



切り立った崖の尾根をつたい、岬の小山を登って行きました。
f0180607_1245881.jpg

f0180607_125083.jpg

f0180607_125178.jpg



結構きつい道ですが、蝶々たちやトンビが道案内してくれました。
f0180607_125310.jpg

f0180607_125927.jpg

f0180607_1251339.jpg



f0180607_1251520.jpg

f0180607_1251728.jpg



突き当たりに灯台があり、ここが本当の川尻岬になります。
f0180607_1252092.jpg



本当に灯台以外何もありません。木々のすき間からは、ただただ広い日本海が望めます。
f0180607_1252413.jpg

f0180607_1292358.jpg

有名な場所ではないのですが、寂れた感じが旅情をそそる岬でした。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.2)

広島~山口ツーリング18へ


by takakunen | 2011-08-12 01:35 | バイクツーリング | Comments(4)
赤塚植物園・8月
週末、赤塚植物園に行って来ました。
今回のお目当てはまずレンゲショウマ。青梅の御岳山が有名ですが、ここでも咲き始めたと聞いて出掛けました。

遠くに3~4輪ほど花を付けていました。つぼみも沢山あって、これからが本番です。
f0180607_535013.jpg

f0180607_53524.jpg

f0180607_535479.jpg



2つ目の目当てはサギソウです。管理棟の前の鉢植えに咲いていました。
鷺のような姿の繊細な花ですが、数羽の鷺が空を飛んでいるようなイメージで写してみました。
f0180607_535696.jpg

f0180607_535797.jpg

f0180607_535984.jpg



植物園には他にも、ナデシコ、ハッカ、ヒオウギなど、暑さの中で頑張って咲いている花や、少しずつ咲き始めた花もあって、もうしばらくするとまた賑やかになりそうです。
f0180607_5351085.jpg

f0180607_5351272.jpg

f0180607_5351398.jpg

f0180607_5351578.jpg

f0180607_5351765.jpg

f0180607_5351932.jpg



f0180607_5352052.jpg

f0180607_5352258.jpg

f0180607_5352347.jpg



/E-5 ZUIKO Digital ED 50mm F2.0 Macro,50-200mm F2.8-3.5 SWD +EC14 (2011.8.7)


by takakunen | 2011-08-10 05:43 | お散歩 | Comments(4)
広島~山口ツーリング16(萩・堀内鍵曲)
萩にはもう一カ所、どうしても訪れたいと思っていた場所がありました。
観光の中心部から少し外れた住宅街にある堀内鍵曲(ほりうちかいまがり)という所で、江戸時代の通りがそのまま残っているのだそうです。
f0180607_30529.jpg

f0180607_305577.jpg

f0180607_305612.jpg



ここは元々武家屋敷が並んでいた地域で、通りを高い土塀で迷路のように鍵の手に曲げることによって、城下に侵入してきた敵を迷わすよう工夫されているのだそう。
実際ここに立ってみると、道の向こうが見通せないつくりになっています。
f0180607_305794.jpg

f0180607_305982.jpg

f0180607_31070.jpg

f0180607_31259.jpg

f0180607_31363.jpg

f0180607_31427.jpg

f0180607_31666.jpg

f0180607_31772.jpg



武家屋敷の通りがあった地域なので、周囲の雰囲気もどことなく品があり落ち着いて見えます。
f0180607_31985.jpg

f0180607_311073.jpg

f0180607_311264.jpg



土塀から覗く萩の象徴、夏みかん。遠い江戸の時代も同じ景色だったのでしょうか。
f0180607_311477.jpg

f0180607_333573.jpg

f0180607_334611.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.2)

広島~山口ツーリング17へ


by takakunen | 2011-08-06 03:08 | バイクツーリング | Comments(6)