<   2011年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
広島~山口ツーリング8(岩倉ファームパークキャンプ場)
2泊めのキャンプ地は一旦広島県に戻り、廿日市の山あいにある「岩倉ファームパークキャンプ場」にしました。昨年の最後のキャンプ地 吉和の近くなので続きを走るコースどりができます。
またバイクで5分程の所に温泉もあり、昨日から走りっぱなしの疲れた体を癒してくれそうです。

天気予報の通り、夜から雨が降り出しました。
バイクキャンプで雨は憂鬱です。それでなくても最低限の不便な装備なのに、雨は更に行動範囲を狭め明らかに不便を助長するからです。
でも、今回のキャンプは少し違います。新しい装備を追加したからです。タープです。

タープとは言っても正確にはツェルトという簡易テント用のフライタープなのですが、これが収納時とても小さい。握り拳2つぐらいの大きさになってしまいます。

ボクはバイクキャンプは移動型なので設営、撤収はできるだけ簡単な装備が良い。なので今まではテントのフライシートを応用した簡易タープですませていました。たまにしか降らない雨の時しか使わないのに、かさばるタープは持ち歩きたくなかったのです。
でもこれならバッグの隙間に入ってしまいます。

都合良く?雨になったので早速試してみました。
ところがこのタープ、元々はタープではないので決まった張り方もなく、最初はどう張って良いか戸惑ってしまいました。色々工夫をして立木やバイクを使って何とかタープらしく設営してみました。
なかなか良いんじゃないでしょうか!!
f0180607_8592849.jpg

f0180607_8592952.jpg

f0180607_8593170.jpg

f0180607_8593381.jpg

f0180607_8593482.jpg

f0180607_8593989.jpg

f0180607_8594150.jpg

f0180607_8594276.jpg

f0180607_8594440.jpg

f0180607_8594529.jpg

f0180607_8594818.jpg

f0180607_8595010.jpg

f0180607_8595186.jpg

f0180607_8595397.jpg

f0180607_8595566.jpg

f0180607_93212.jpg
f0180607_931514.jpg



さて雨は本降りになりましたが、タープの威力は絶大です。大したスペースではないのですが、テントの外に居場所があるのは本当に楽だし余裕が生まれます。
またこのタープの明るいグリーンがとても爽やかで、この下にいるとジメジメした気持ちも吹き飛んで何か明るい気持ちにさえなってきます。雨なのに幸せなのです。
なかなか気に入りました。
こういう小さい幸せって大好きです!(笑)


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.5.1)

広島~山口ツーリング9へ


by takakunen | 2011-05-28 09:12 | バイクツーリング | Comments(2)
広島~山口ツーリング7(錦帯橋)
大竹から小瀬川を渡ると山口県和木町、しばらく進むと岩国市です。
岩国市のシンボルは“日本三名橋”として名高い錦帯橋です。
f0180607_2235246.jpg

f0180607_22352752.jpg

f0180607_22352916.jpg



江戸初期、岩国3代藩主 吉川広嘉が完成させたこの橋は、当時の匠の知恵と技を駆使して造られた世界的にも珍しい木造アーチ橋です。
f0180607_22353022.jpg

f0180607_22353242.jpg

f0180607_22353459.jpg



元々この橋が掛かる錦川は氾濫の多い川で、何度も橋が流失していたのだそう。それを防ぐアイデアとして、橋脚を減らして長いスパンにアーチ橋を掛ける、この橋の構造が考え出されたのだとか。
f0180607_22353673.jpg

f0180607_22353773.jpg

f0180607_22353974.jpg

f0180607_22354182.jpg



それでもその後も何度かの流失を経て、その都度改良再建されて現在に至っているのだそうです。
f0180607_22354377.jpg

f0180607_22354553.jpg



そして今も優美な姿をそのままに私たちの目を楽しませてくれます。
f0180607_22354613.jpg

f0180607_22354814.jpg

f0180607_22355062.jpg

f0180607_22363762.jpg



さて、“日本三名橋”とはどこを指すのでしょう。
f0180607_22364346.jpg

f0180607_22364942.jpg
f0180607_223726.jpg



諸説ありますが、「長崎 眼鏡橋」、「東京 日本橋」、そしてこの「岩国 錦帯橋」というのが一般的なのだそうです。
f0180607_2237837.jpg

f0180607_2237157.jpg

でも個人的には、「四国 かずら橋」、「山梨 猿橋」、「岩国 錦帯橋」っていうのも強力にプッシュしておきたいですね。(これらは日本三奇橋とも言うそうです。)
どれも素晴らしい匠の橋です。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.4.30)

広島~山口ツーリング8へ


by takakunen | 2011-05-27 00:19 | バイクツーリング | Comments(6)
ビッグオフツーリング(5月・野反湖)
先日の日曜日はビッグオフロードクラブの定例ツーリングでした。
今回のツーリングは群馬県の野反湖までの道のりを、秋曲大影林道~万沢林道を走りつないで往復するというもの。
早朝、集合場所の高坂SAには多くのビッグオフが集合しました…のはずでしたが寝坊です。(>_<)
昨夜の花コミュの反省会で盛り上がりすぎたようです。(^^;ゞ

既に集合時間を過ぎたころやっと家を出ましたが、頑張って走ったら高速道路上でみんなに追いついてしまいました。我が家って関越方面がホント近いのね。
今日の天気は夕方から雨の予報でしたが、空には既に厚い雲が。走り始めると早くもポツリポツリとしてきました。
f0180607_2314877.jpg

f0180607_2315045.jpg



野反湖方面にツーリングに行く時は本当に雨が多い。途中で本降りになりました。
f0180607_2315258.jpg

f0180607_2315365.jpg

f0180607_2315530.jpg



でもおかげで峠では、綺麗な雲海も見れました。
f0180607_2315747.jpg

f0180607_2395268.jpg

f0180607_232049.jpg



万沢林道では峠付近を中心に舗装化が進んでいて、その他にも工事中の箇所がありました。次回来る時は随分変わってしまっているかも知れません。
f0180607_232369.jpg

f0180607_232557.jpg

f0180607_232212.jpg



今回のハイライト、万沢林道のラストの直線。北海道のような広いダートで三桁スピードも可能です。
f0180607_232620.jpg

f0180607_232915.jpg



折返し点、野反湖の風景。
この時期まだ雪が残る、俗世間から遠く離れた世界です。
f0180607_2321131.jpg

f0180607_2321560.jpg



キャンプ場そばに食堂が一軒あっていつもそこで昼食です。暖かい舞茸うどんが体に染みます。
f0180607_2355821.jpg

f0180607_2361283.jpg



雨が早く降り出した分帰りは上がり、木漏れ日の中気持ち良く走って今回のツーリングを締めくくりました。
f0180607_236382.jpg



/E-PL1 M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 (2011.5.22)


by takakunen | 2011-05-26 02:47 | バイクツーリング | Comments(0)
赤塚植物園花コミュ会off会に参加しました。
先日の土曜日、nama3さんの呼びかけでオリンパスのコミュニティサイト フォトパスの「花コミュ会」off会が赤塚植物園で行われ参加してきました。

実は私、このような写真関係の集まりに参加するのは初めて。ボクのような“ゆるゆる”にわかカメラマンが行っても良いものかとも思いましたが、何事も経験、参加することにしました。
集まった方々は皆さん花写真のスペシャリスト。どんな眼力でどんなテクニックを使って写真を撮るのか興味津々でした。でも皆さん挨拶が終わると早速、野に放たれた獣のようにどこかに散って行ってしまいましたが。(笑)
参加された皆さんは気さくな方々ばかりで、未熟者のボクでも暖かく迎え入れてくださったのは大変ありがたかったです。作品も見せて頂きましたが、どれもこれも素晴らしいモノばかり。少しでも追いついて皆さんのような自分の世界を表現できたならな、と思いました。まあ、急がずのんびりやっていこうと思いますので、これからもどうぞよろしくお願い致します。(花コミュの会員にもならなくちゃ)

ところで、今回一番驚いたのは反省会での皆さんの飲みっぷり。ボクはバイクで参加したため難?を逃れましたが、こっちの方こそ早急に何か対策が必要かもです!
花を愛でる方々は豪快です。(笑)

f0180607_3423596.jpg

f0180607_3423713.jpg

f0180607_3423976.jpg

f0180607_3424142.jpg

f0180607_342425.jpg

f0180607_3424418.jpg

f0180607_3424525.jpg

f0180607_3424791.jpg

f0180607_342494.jpg

f0180607_3425118.jpg

f0180607_3425386.jpg

f0180607_22101325.jpg

f0180607_3425576.jpg



/E-5 ZUIKO Digital ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD,ED 50mm F2.0 Macro (2011.5.21)


by takakunen | 2011-05-24 03:50 | お散歩 | Comments(6)
広島~山口ツーリング6(宮島~大竹)
五日市の西、廿日市の対岸に宮島はあります。あの海に浮かぶ大鳥居が有名な世界遺産 厳島神社がある小島です。
宮島には宮島口に車を置いてフェリーで渡るしかなく、この周辺は駐車場待ちの車で大混雑します。

対岸に大鳥居が眺められる秘密スポットを見つけました。
f0180607_0351124.jpg

丁度引き潮だったのでしょうか、瀬戸内の穏やかな海の向こうに陽炎のような大鳥居と、それを取り巻く大勢の観光客が浮かんで見えました。
f0180607_0351360.jpg

f0180607_0351470.jpg




国道2号線を更に西へ進んで行くと、海に乗り出す工業地帯が見えてきます。そこが広島県の瀬戸内側西端 大竹市です。
f0180607_0351662.jpg


大竹市は工業と漁業の混在する街で、大きな工業地帯の傍にこんな雰囲気のある漁港も存在しています。
f0180607_0351729.jpg

f0180607_0351991.jpg


牡蠣の稚貝を育てるためのホタテの貝殻。これに稚貝を付けて牡蠣棚で海水に垂らします。
今回の震災のニュースで知ったのですが、牡蠣の稚貝の多くが実は宮城県産だったのだそう。日本中の牡蠣の産地が震災の影響を受けているそうです。こちらの牡蠣は大丈夫でしょうか。
f0180607_0352139.jpg

f0180607_0352376.jpg



ところで今回いたる所で「関東は震災で大変でしたね。」と声を掛けられました。
「関東は大丈夫です。ありがとうございます。」暖かい言葉に感謝の気持ちで答えました。
震災でみんなが心を痛め、お互いを心配しているんだな、と改めて思いました。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.4.30)

広島~山口ツーリング7へ


by takakunen | 2011-05-22 00:46 | バイクツーリング | Comments(2)
広島~山口ツーリング5(五日市)
広島を西にしばらく進むと五日市です。
f0180607_7362258.jpg

今では広島市の一部ですが、ボクが住んでいた頃はまだ五日市町と言って独立した町でした。そして町なのに当時で人口が5万人を超えていた日本一大きな町だったのです。

町立中学校があってそこにボクは通っていたのですが、訪れてみることにしました。もちろん3*年ぶりです。事前の下調べは全くしていなかったので、ガソリンスタンドで色々教えてもらってから行きました。

その中学校は思いのほかすぐに見つかりました。驚いたことにボクが通っていたころとほとんど変わっていません。
級友たちと学んだ校舎や仲間たちと走ったグランド…。強烈に当時の思い出がよみがえってきました。
f0180607_7362492.jpg

f0180607_7362547.jpg

f0180607_7362716.jpg


しばらく思い出に浸っていたかったのですが、バイクで荷物満載のおじさんが中学校の前でウロウロしているのはかなりアブナイ。(笑)それにそろそろ行かなくては。でもその前にもう一つ叶えたいことがあります。
それは広島風お好み焼きを食べること。

他の広島県人と同じように、この地に住んだことがあるボクにとっても世の中で一番美味しい食べ物はキッパリ“お好み焼き”なのです。(笑)しかもこの中学校のそばの食堂のおばちゃんが作ってくれたお好み焼きが世界一!(爆)
記憶を頼りに周囲をしばらく探してみましたが、まわりはどこも住宅ばかりでお店の面影もありません。そりゃそうですよね。なので中学校から一番近いお好み焼き屋さんに入ることに決めました。

それがこの「大黒屋」さん。中学校の隣の造幣局前コイン通り沿いにあります。
f0180607_7363189.jpg

入ってみると大きな鉄板焼きカウンターがある昔ながらの広島風お好み焼き屋さん。おばちゃんじゃなくておじちゃんですが。(笑)

カウンターに座って直接鉄板の上でヘラを使って食べるのが正式な広島風お好み焼きの食べ方です。迷わずカウンター席に座り、ベーシックな「肉玉そば」を注文しました。
ただの近所のお好み焼き屋さんに突然ツーリングライダーが入ってきたので、最初はかなり驚かれたようですが、事情を話すうちにだんだん打ち解けてきました。お店に出入りするお客さんもほとんど地元の人ばかりで、「こんな店に入りたかったんだよなあ。」

さて、おじちゃんが心を込めて焼いてくれた一枚。もちろん昔食べたおばちゃんのお好み焼きとは違うけど、何か思い出す共通の味がありました。
f0180607_7363331.jpg

う~んなんだろ、東京では絶対味わえないここだけの味。
少ししょっぱい青春の味だったのかもしれません。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.4.30)

広島~山口ツーリング6へ


by takakunen | 2011-05-21 07:44 | バイクツーリング | Comments(0)
広島~山口ツーリング4(原爆ドーム)
広島を訪れた最初の目的地はここ、原爆ドームです。

もちろん広島に住んでいた時に訪れたことはありましたが、それからもう3*年。世界遺産にもなった今、原爆ドームがどんな風景に見えるのか興味がありました。
また、今まさに進行中の原発による放射能汚染の問題など、ここを訪れるのにふさわしい時期だとも思いました。

f0180607_7535833.jpg

f0180607_7535922.jpg

f0180607_75419.jpg

f0180607_754236.jpg

f0180607_754497.jpg

f0180607_754523.jpg

f0180607_754105.jpg

f0180607_7541497.jpg

f0180607_754165.jpg


原爆ドームのまわりは綺麗に整備されて、一見華やかな公園のよう。訪れた人たちも皆、ドームの前で思い思いに記念写真を撮っていました。
なるほど世界遺産に登録されたことで、原爆ドームも“原爆による惨禍の証人”としてだけでなく、“恒久平和の誓いのシンボル”として、その役割を変えつつあるのだそう。

とはいえこの遺構が醸し出す空気は独特。以前のような悲壮感は伝わらないかも知れませんが、この建物が残った意味を考えさせるには十分な迫力だと思いました。


ここを初めて訪れる方がいらっしゃいましたら、お隣の平和記念公園と、特に広島平和記念資料館を併せて見学されることを強くお勧めします。
原爆の本当の悲惨さは現実を直視しないと伝わりません。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.4.30)

広島~山口ツーリング5へ


by takakunen | 2011-05-19 08:01 | バイクツーリング | Comments(2)
広島~山口ツーリング3(帝釈峡~広島)
さて、今回のツーリング一番の目的地は山口県。しかも自然がたっぷり残るまだ見ぬ日本海側を訪れることです。

天気予報をみると、今日は天気が良いものの明日は崩れる予報です。
今日の出発地は広島県の東端で、ここから山口県の日本海側まで移動だけで1日つぶれてしまいそうです。折角の天気の良い日を移動に使っても、翌日目的地で雨天では意味がありません。
なので予定を変更し、ツーリングの後半の日程で時間があれば行く予定だった広島や山口の瀬戸内側を先に訪れることにしました。その代わり雨の予報の明日は日本海側までの移動に使おうというわけです。
その時の状況に合わせて臨機応変に予定を変えられるのは、気軽なキャンプ旅の良い所ですね。

のどかな里山風景の中をまずは西に進路を取ります。
f0180607_0235265.jpg

f0180607_0235387.jpg


山あいのこの辺りはまだ寒いのかヤマザクラやハナモモが綺麗に咲き、2週間程時間を巻き戻したようです。
f0180607_0235675.jpg

f0180607_0235850.jpg


しばらくは県道を中国自動車道に沿うように進みます。
f0180607_0235978.jpg

f0180607_024357.jpg


国道432号へ合流。あっちへ行けば米子かぁ。
f0180607_024599.jpg


庄原から国道183号線へ。この辺りはかつてヒバゴンという謎の獣人が出現し話題になった地域です。(懐かしい)
f0180607_024612.jpg


広島中北部の中核都市三次(みよし)で国道54号線に合流、そのまま南下して行きます。出雲と広島を結ぶ大動脈です。
f0180607_024847.jpg

f0180607_0355337.jpg


だんだん都市の風景に変わって来ました。
f0180607_0241027.jpg

f0180607_0241396.jpg


実は広島には中学校の時 五日市という所に住んでいたことがあり、それ以来の訪問になります。広島はとても気に入っていた思い出深い街で、その後も何度も訪れたいと思っていましたが実現しませんでした。中学3年の丁度今頃引っ越して行ってから、実に3*年ぶりの広島の地となります。


広島そごう前、紙屋町交差点。広島の“銀座一丁目”です。
周囲の建物は変わってしまいましたが、鯉のウロコ模様の広島そごうと、行き交う広電(ひろでん)は変わりません。
f0180607_0241548.jpg

f0180607_0241615.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.4.30)

広島~山口ツーリング4へ


by takakunen | 2011-05-18 00:33 | バイクツーリング | Comments(2)
ヤグルマギク
近所にヤグルマギクが咲いていました。
春~初夏に咲く鮮やかな花で、見ていると気持ちも明るくなる個人的にも好きな花のひとつです。

撮ったのはちょっと前の雨上がり。日に日に暑さが増して来ますが、みずみずしくて涼しげなヤグルマギクをお送りします。(ブルーならもっと良かったですが…)

f0180607_711076.jpg

f0180607_715099.jpg

f0180607_7151100.jpg

f0180607_761981.jpg

f0180607_715452.jpg

f0180607_715553.jpg

f0180607_715728.jpg

f0180607_715829.jpg

f0180607_75857.jpg



/E-5 ZUIKO Digital ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD (2011.5.7)


by takakunen | 2011-05-17 07:11 | お散歩 | Comments(2)
広島~山口ツーリング2(帝釈峡スコラ高原キャンプ場)
テントを張り終わり一息ついたころ、隣りのファミリーキャンパーが車でお風呂に出掛けました。
キャンプ場には誰もいなくなり、辺りはしんと静まり返りました。やがて自動点滅の水場の照明も消えて、灯りはボクの小さなランタンだけに。静かな星空、こんな夜も良いかも。

遅い食事を取っていると隣のテントサイトから「タタタタ」と人の足音がします。「カサカサ」とテーブルの上を探る音がして「ガチャガチャガチャ」と空き缶を片付け始めました。
奥さんが残っているのかな?みんながお風呂に行っている間に片付けを始めたんだ、と思いました。しかし、良く考えるとテントの周りはあまりに真っ暗です。ヘッドランプさえ付けずに作業できるとは到底思えません。
「こ、これは何?まさか○○現象とか…」
緊張が最高潮に達した時、目の前の水場の照明が自動でパッとつきました。ギャーッ!!!
暗闇の中、光々と輝く灯りの中に、何やら影がひとつ、ふたつ。
背中を丸めてしっぽを膨らませた2匹のタヌキのシルエットが、仲良く右から左へタタタタッと横切って行きました。
そして気がつくとあちらでゴソゴソ、こちらでガサガサ、周りはタヌキだらけだったのでした。(笑)


ここ帝釈峡スコラ高原キャンプ場は広島県の東端、国定公園帝釈峡内にある総合レジャー施設「帝釈峡スコラ高原」に付属するオートキャンプ場です。
神石高原町の第3セクターが運営する、レストラン、ログコテージ、入浴施設、スポーツ施設などを備えた大きなレジャー施設なのですが、キャンプ場立地が離れすぎているのが微妙なところ。お風呂のあるセンター施設まで3キロも離れています。
人里からさらに離れた山の間にあり、視界ももう一つ開けずわざわざ何でこんな所にキャンプ場があるんだろう、という感じです。
しかし逆もまた真なり。自然に囲まれた静かな環境という点ではなかなかな優れたキャンプ場と言えるのかも知れません。一人でいた時の静寂は何にも代えられない貴重な時間でした。タヌキの方が圧倒的に多いくらいですから寂しくないし。(笑)

f0180607_1382929.jpg

f0180607_1425461.jpg

f0180607_143677.jpg

f0180607_1383461.jpg

f0180607_1383666.jpg

f0180607_1383785.jpg

f0180607_1383942.jpg

f0180607_1384147.jpg

f0180607_138431.jpg

f0180607_1384420.jpg

f0180607_1384651.jpg

f0180607_1384812.jpg

f0180607_13851100.jpg

f0180607_1385272.jpg

今回はキャンプ場のイメージショットでまとめてみました。(笑)


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2011.4.30)

広島~山口ツーリング3へ


by takakunen | 2011-05-13 01:50 | バイクツーリング | Comments(4)