<   2010年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
やっくん再び霧ヶ峰へ2
さてドッグスクールから出場のもう一頭、生徒犬のドーベルマンのトトくんですが、ゼッケンが後ろすぎて1回戦が日没で初日に出来ず、2日目朝に行われました。
今や我がドッグスクール実力ナンバー1の呼び声高いトトくん。昨年のビッグオフの夏キャンプではクラブの皆さんのバイクを恫喝しまくっていた(吠えまくっていた)のを覚えている方も多いでしょう。それが今や彼、埼玉県警嘱託警察犬ですよ!(笑)
f0180607_21483614.jpg

f0180607_21484088.jpg

f0180607_21484271.jpg

f0180607_21484491.jpg

f0180607_21484792.jpg

f0180607_21484975.jpg



競技中こうやって立ち止まって物思いにふけるのがトトくん流。はたから見るとまるで任侠の世界です。(笑)
f0180607_21485075.jpg



そしていつも制限時間一杯で戻ってきます。(汗)
f0180607_21485223.jpg





f0180607_21485578.jpg

f0180607_21485780.jpg

f0180607_21485981.jpg

f0180607_2149081.jpg

f0180607_2149282.jpg

トトくんも順調にマルを重ね安定した成績で1回戦を突破しました!
f0180607_2149446.jpg

飼い主さんも大喜び♪
f0180607_2149647.jpg


これで「まつだドッグスクール」から出場した犬たちは全員2回戦進出の快挙です!すごいぞやっくん、トトくん、そしてカミさん!でももうこんなことないかも。(笑)


/E-620 ZUIKO Digital ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD×EC-14,LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.10.17)

やっくん再び霧ヶ峰へ3 へ


by takakunen | 2010-10-30 21:58 | わんこ | Comments(2)
やっくん再び霧ヶ峰へ1
10月16日~18日、長野県霧ヶ峰高原にて警察犬協会主催「第61回日本訓練チャンピオン決定競技会」が行われました。
通称“霧ヶ峰”と呼ばれるこの大会、警察犬種日本一決定戦として多くの訓練士が最大の目標としている大会です。今年も全国から1000頭近い訓練犬が集結しました。
カミさんのドッグスクールからは昨年に続きやっくんと生徒犬のトトくんが出場。応援とカメラマンに行ってきました。
f0180607_7124892.jpg

f0180607_71251100.jpg

(今回は長いです・笑)


やっくんやトトくんが出るのは「臭気選別」という競技。選別台にセットされた5枚の布の中から犯人の匂いの付いた布を探し当てます。この競技には最多の460頭余りが出場しました。

まずは1回戦。初めから無傷で3回連続成功した者のみ翌日の2回戦に進めます。
やっくんは昨年3回目を失敗、惜しくも2回戦進出を逃しました。今年は雪辱を期したいところ。
f0180607_7125290.jpg


ところでやっくんは春頃から極度のスランプに陥っていて、競技会で軒並み惨敗中。やる気がないのか、はたまた鼻が衰えたのか。直前練習でも結果が出せず望みが薄いまま本番になってしまいました。

1回目。何故かもう最初から集中力がなくソワソワするやっくん。何かに気を取られているようです。
f0180607_7125523.jpg

f0180607_7125648.jpg

f0180607_7125852.jpg

f0180607_713085.jpg

f0180607_71322.jpg

f0180607_713316.jpg

それでも不思議に正解を持ってきました。


2回目。
f0180607_713553.jpg

f0180607_713759.jpg

f0180607_713879.jpg

f0180607_7131047.jpg

f0180607_7131161.jpg

f0180607_7131348.jpg

相変わらずキョロキョロして集中していませんがまたまた正解。もしかして調子いい!?


運命の3回目、奇跡は起きるのか。
f0180607_7173963.jpg

f0180607_7175057.jpg

f0180607_718037.jpg

f0180607_7182282.jpg


f0180607_718346.jpg

f0180607_7184274.jpg

f0180607_7185989.jpg

f0180607_719101.jpg

正解!!ついにあの“霧ヶ峰”で2回戦進出!やりました、奇跡は起きましたね!
f0180607_7192139.jpg

それにしてもしばらくずっとダメダメだったやっくん。今日は集中力がなく何かに気を取られていたのが逆に功をそうしたのでしょうか。難しいものです。


ドッグスクールの生徒さんが応援に来ていて、一緒に2回戦進出の栄誉を喜んでくださいました。
f0180607_7321563.jpg



今年は例年に比べ全体的に成績が良かったようです。それでも2回戦進出は全体の5分の1の90頭。やはり狭き門でした。
元落ちこぼれで遅咲きのやっくん、いよいよ明日霧ヶ峰2回戦に臨みます。
f0180607_7264474.jpg



/E-620 ZUIKO Digital ED 50-200mm F2.8-3.5 SWD×EC-14,LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.10.16)

やっくん再び霧ヶ峰へ2 へ


by takakunen | 2010-10-28 07:35 | わんこ | Comments(0)
北海道 やっくんとカヌーの旅18(4日目 かなやま湖3 朝カヌー)
かなやま湖は1泊の予定なのでこの朝カヌーがここでの最後のカヌーです。
f0180607_1255169.jpg

f0180607_1255215.jpg



昨夕は今ひとつだった湖面も朝もやと青空があればまた違って見えます。今朝はなかなか綺麗です。
f0180607_1255553.jpg

f0180607_1255734.jpg

f0180607_1255915.jpg

f0180607_126060.jpg

f0180607_126271.jpg

f0180607_126423.jpg

f0180607_12664.jpg

f0180607_126832.jpg

f0180607_1261012.jpg

でも相変わらずここは湖面側から見るとあっけらかんとした湖で、どこまで行ってもキャンプ場が見えて面白みは今ひとつといったところ。


f0180607_1261293.jpg

f0180607_126167.jpg

f0180607_1261978.jpg

キャンプ場が素晴らしくまた富良野にも近いので、キャンプや観光をメインで楽しみながらちょっとカヌーをするといったスタイルなら、かなり良いところだと思いました。


/E-620 ZUIKO Digital ED 9-18mm F4.0-5.6 (2010.8.19)

北海道 やっくんとカヌーの旅19へ


by takakunen | 2010-10-25 01:43 | 国内旅行 | Comments(2)
北海道 やっくんとカヌーの旅17(4日目 かなやま湖2 かなやま湖畔キャンプ場)
かなやま湖畔キャンプ場の朝はとても気持ちの良い朝でした。
f0180607_994845.jpg

f0180607_995489.jpg

f0180607_995673.jpg

f0180607_995976.jpg

f0180607_910267.jpg

f0180607_910476.jpg

f0180607_910666.jpg



とにかくここは広い、綺麗、でも安い(笑)。道内のキャンプ場でも人気が高いのはうなずけますね。
f0180607_9105593.jpg

f0180607_9105879.jpg

f0180607_911081.jpg

f0180607_911486.jpg

f0180607_911764.jpg

f0180607_911972.jpg

f0180607_9111377.jpg

f0180607_9141543.jpg

f0180607_914314.jpg

f0180607_9144247.jpg

f0180607_9151498.jpg

f0180607_9152510.jpg

スカッとした青空に緑の芝生、そして湖。正に絵になるキャンプ場です。


f0180607_9153243.jpg

のびてるやっくんもなかなか絵になってます。(笑)


/E-620 ZUIKO Digital 14-54mm F2.8-3.5 II ,LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.8.19)

北海道 やっくんとカヌーの旅18へ


by takakunen | 2010-10-23 09:22 | 国内旅行 | Comments(0)
北海道 やっくんとカヌーの旅16(3日目 かなやま湖1)
今日のキャンプ地は富良野の南方にあるかなやま湖です。ここはダムのためにせき止められた人造湖ですが、周辺には本格的な観光施設やキャンプ場などが整備されています。
またアウトドアスポーツ特にカヌーが盛んで、全国大会の会場になるなど(にわか)カヌー乗りとしても押さえておきたい湖です。
f0180607_5542126.jpg

f0180607_5542414.jpg

f0180607_5542632.jpg

キャンプ場に到着してすぐにテントを設営、湖にカヌーを出しました。


しかしその湖面の色にちょっとがっかり。ダム湖のため透明度が低いです。覚悟していたとはいえ、朝までいた然別湖とのギャップが大きい。
また湖畔も人工的な景色が多くどこに向かって漕げばよいのやら。
f0180607_5552186.jpg

f0180607_615058.jpg

f0180607_5552514.jpg

f0180607_5552781.jpg



もう日も傾いているのもあって今日は早めに撤収、キャンプの夜を楽しむことにしました。
f0180607_5561727.jpg

f0180607_5561933.jpg

f0180607_5562179.jpg



/E-620 ZUIKO Digital ED 9-18mm F4.0-5.6,SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM (2010.8.18)

北海道 やっくんとカヌーの旅17へ


by takakunen | 2010-10-20 06:06 | 国内旅行 | Comments(0)
北海道 やっくんとカヌーの旅15(3日目 富良野4 風のガーデン3)
このドラマの象徴でもあるグリーンハウス。主人公の貞美と家族との思い出が沢山詰まっています。
f0180607_4492242.jpg

f0180607_4493527.jpg

f0180607_4493944.jpg



貞美が隠れ住んでいたキャンピングカー。茂みの向こうにひっそりと佇んでいます。近づくことはできません。
f0180607_4495871.jpg



蛍の墓もこっそり残されています。
f0180607_450043.jpg



ガブさんが岳と別れた土手。感動が蘇ります。(涙)
f0180607_450350.jpg






f0180607_4504517.jpg

f0180607_4504722.jpg

f0180607_4505010.jpg

f0180607_4505295.jpg

f0180607_4505567.jpg



ガーデンの外にも広い花畑があり訪れる人の目を楽しませてくれます。
f0180607_4521573.jpg

f0180607_4522242.jpg

f0180607_4522542.jpg

f0180607_4522619.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.8.18)

北海道 やっくんとカヌーの旅16へ


by takakunen | 2010-10-19 04:55 | 国内旅行 | Comments(0)
北海道 やっくんとカヌーの旅14(3日目 富良野3 風のガーデン2)
「風のガーデン」は同名のテレビドラマの舞台として園芸家の上野砂由紀氏がデザインしたもの。出来るだけ長い期間花が楽しめるよう工夫されているそうです。
訪れた時期は夏の終わりで花の最盛期は過ぎてしまっていましたが、それでもたくさんの花が咲き乱れていました。
f0180607_0331224.jpg

f0180607_0331454.jpg

f0180607_0331598.jpg

f0180607_0331734.jpg

f0180607_0331992.jpg

f0180607_0332194.jpg

f0180607_0332482.jpg

f0180607_0333097.jpg

f0180607_0333276.jpg

f0180607_0333924.jpg

f0180607_0334266.jpg

f0180607_0334488.jpg

f0180607_0434537.jpg


f0180607_033505.jpg

f0180607_033527.jpg


ドラマでは多くのオリジナルの花言葉が登場しました。残念ながらほとんど忘れてしまいましたが…。(笑)


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.8.18)

北海道 やっくんとカヌーの旅15へ


by takakunen | 2010-10-16 00:44 | 国内旅行 | Comments(0)
北海道 やっくんとカヌーの旅13(3日目 富良野2 風のガーデン1)
富良野に来た目的は「風のガーデン」の見学。テレビドラマの舞台となったガーデンがそのまま残されています。
ガーデンには富良野新プリンスホテルの駐車場脇から送迎バスで向かいます。わんこは不可なのでやっくんとカミさんは一緒においてけぼりにしました。(笑)
f0180607_3245288.jpg


送迎バスの中ではBGMで平原綾香さんの歌う主題歌「ノクターン」が流れ、否応なしに気分が盛り上がります。
バスを降りるとガーデンのゲートが迎えてくれます。
f0180607_3245912.jpg


ドラマのオープニングシーンさながらにガーデンの奥へ入って行きます。オープニングメロディーが聞こえてきそうです。
f0180607_325128.jpg

f0180607_325344.jpg

f0180607_325559.jpg

f0180607_325648.jpg

f0180607_325813.jpg

f0180607_325104.jpg

f0180607_3251219.jpg

f0180607_3251482.jpg

f0180607_3251673.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.8.18)

北海道 やっくんとカヌーの旅14へ


by takakunen | 2010-10-15 03:29 | 国内旅行 | Comments(2)
北海道 やっくんとカヌーの旅12(3日目 富良野1)
朝カヌーが終わったらキャンプ場を撤収。然別湖に別れを告げて今日は富良野に向かいます。

アリーのカヌーはそれなりの強度があるため、一旦組み立ててしまえば車のルーフに乗せて運ぶことができます。移動の度いちいち組み立てなくて良いのはラクチンです。
それに様になってませんか!
f0180607_0421148.jpg

f0180607_0421349.jpg

f0180607_0421652.jpg



富良野市街でお昼を食べようと、ガイドブックに載っているレストランに行ってみましたが凄い行列。さすがに一目で諦めました。
近くの観光フードマーケットに移動。
f0180607_0421941.jpg

f0180607_0422135.jpg

f0180607_0422351.jpg

f0180607_0422537.jpg

f0180607_042269.jpg

f0180607_0422894.jpg

f0180607_0423583.jpg

f0180607_042378.jpg


ボクたちはやっぱりこっちが落ち着きますね。(笑)


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.8.18)

北海道 やっくんとカヌーの旅13へ


by takakunen | 2010-10-12 00:48 | 国内旅行 | Comments(2)
北海道 やっくんとカヌーの旅11(3日目 然別湖10 朝カヌー)
然別湖最後の朝。
カヌーを持って湖畔に降りると、朝もやの漂う湖が待っていました。
f0180607_11334331.jpg



そっと湖面に漕ぎ出します。
f0180607_1133497.jpg

f0180607_11342537.jpg

f0180607_11342941.jpg

f0180607_11343422.jpg



昨夜は冷え込んだせいで、まわりの空気も湖の水もより透き通って見えます。
f0180607_1135090.jpg

f0180607_1135622.jpg

f0180607_11352877.jpg



然別湖にはミヤベイワナというこの湖固有の魚が生息しています。
北海道に生息するイワナ属であるオショロコマの亜種で、かって大雪山系の噴火でせき止められできた然別湖に、オショロコマが閉じ込められて独自の魚として変種したものだとか。
この貴重な魚を守るため、然別湖ではほんの限られた期間を除いて全面禁漁です。また動力を積んだ船も時折通る遊覧船を除いて全面禁止されています。

カヌーの上から覗くと、ものすごい数のミヤベイワナの集団が透き通った湖の中を泳いでいるのが良く見えます。
f0180607_11362044.jpg



魚たちを驚かせないよう静かに湖面をかきました。
f0180607_11364221.jpg

f0180607_11364758.jpg



/E-620 ZUIKO Digital ED 9-18mm F4.0-5.6 (2010.8.18)

北海道 やっくんとカヌーの旅12へ


by takakunen | 2010-10-10 11:48 | 国内旅行 | Comments(2)