<   2010年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧
やっくんモデルデビュー!?
自動車のマツダのホームページでやっくんがモデルデビューを果たしました!

アテンザスペシャルサイト
PHOTOBOOK SEDAN→7枚目の写真で疾走してます!
f0180607_23503089.jpg


小さくてわからない?いいんです、親バカだから!!でも正真正銘本物です!

我が家の近くの公園で、このスペシャルサイトの撮影をしていたスタッフ達が、たまたまそばでカミさんと訓練中のやっくんに目が留まり、急遽出演することになったというわけ。
撮影は著名な写真家、坂東成留氏です。
何気ない風景とやっくんが見事に芸術してますね。やっくんもかっこいいではありませんか。
ちなみにこの時のやっくんは、度重なる撮影の繰り返しに「もうやだー」とカミさんのもとへ逃げ帰っているところです。(笑)

良い思い出になりました。ありがとうございました。


by takakunen | 2010-02-27 21:00 | わんこ | Comments(2)
伊豆~春を捜しに行く旅3(大川温泉)
満腹になったら温泉ですね。(笑)
次の目的地「大川温泉 磯の湯」は、熱川の手前国道135号線沿いにあります。ここも我が家の定番です。
国道を走っていくと海沿いに、「露天風呂」と大きく屋根に書かれたホッタテ小屋(失礼)を見た方もあるでしょう。そこです。
f0180607_1523041.jpg



屋根は以前は赤だったような。何年か前の台風で飛ばされて青色になりました。
f0180607_1233039.jpg

f0180607_12331891.jpg



海との距離は有名な北川温泉には譲るものの、比較的空いているこの温泉は、海を間近に、波の音を聞きながらとてもリラックスして入れます。おすすめです。
f0180607_12335155.jpg
f0180607_12335927.jpg



海との柵はこれだけ。とても開放的です。それでも以前より随分柵が増えました。気をつけないと釣り人からも、国道からも丸見えです。女性風呂側も同じです。
f0180607_1234112.jpg

f0180607_12341861.jpg



駐車場は国道の反対側にあって、温泉へは、入江を経由して国道をくぐるルートと土管をくぐるルートがあります。
f0180607_12343050.jpg

f0180607_12343695.jpg

f0180607_12344214.jpg



18年も受付をしてくれているおばちゃん。とても話し好きで誰とでもすぐ仲良くなってしまいます。(写真左)
やっくんに会いに駐車場まで来てくれました。てか受付ほったらかしでいいの?(笑)
f0180607_12345713.jpg


とってもほのぼのしてるでしょ?
こんな素敵なおばちゃんに会いにも是非訪ねてみて下さい。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH /2010.2.20

伊豆~春を捜しに行く旅4へ


by takakunen | 2010-02-27 12:44 | 国内旅行 | Comments(2)
伊豆~春を捜しに行く旅2(海女の小屋)
伊豆に来たからは美味しい海の幸を食べねば。
初日のお昼に寄るのは、伊東の南、川奈にある「海女の小屋」。東伊豆の海の幸が頂ける老舗店です。
f0180607_2561332.jpg



お店は、海に近くて古くからある「海上亭」と、新しくて眺めの良い「与望亭」の2軒が海沿いの道を挟んで建っています。
釜飯は与望亭にしかないなど、少しメニューが違いますが大きな違いはありません。今回は与望亭に入りました。
f0180607_2562087.jpg

f0180607_2562610.jpg



ここではお刺身や釜飯、味噌汁、定食など何を食べても美味しいのですが、量も多い。
そこで色々な料理を楽しむためのお勧めの注文は、単品で頼みます。


まずは「お刺身の盛り合わせ」。伊豆に来たらこれは外せません。人数に合わせて様々なサイズがあります。東伊豆の新鮮なお魚が楽しめます。

次に海女の小屋名物、大きなお碗の「磯の味噌汁」。色々な種類があるのでお好みで。有名なのはお椀からはみ出す程の「カニ汁」ですが、一番のお勧めはたくさんの海藻や巻貝が入った「いそもの汁」。磯の香りがいっぱいで伊豆に来たことを実感できます。(今回は「魚の団子汁」を頼みました)
f0180607_2571492.jpg



そして「あら煮」。これは隠れた名物。常連さんは必ず頼むと言って良い絶品です。一皿で2~3人分の量があります。とろとろの美味。
f0180607_2572491.jpg



後はお好みで手造りの「ところてん」などを。これにご飯を付ければもう満腹です。
満足、満足。



お腹いっぱいになったところで近くの海岸広場でしばし休憩。
海が綺麗でイルカのオブジェも楽しいです。
f0180607_2581025.jpg

f0180607_2581777.jpg

f0180607_2583682.jpg

f0180607_2584354.jpg

f0180607_2584952.jpg

f0180607_15213965.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH /2010.2.20

伊豆~春を捜しに行く旅3へ


by takakunen | 2010-02-26 03:06 | 国内旅行 | Comments(2)
伊豆~春を捜しに行く旅1(伊豆山神社)
時折春の気配を感じるけどまだまだ寒い2月。
春を待ちきれないボクが「春を捜しに行く旅」と名付けるこの小旅行は、この時期の我が家の定番行事です。

毎回ほぼ同じコース、同じ温泉、同じお店を巡る一泊二日の旅は、最初にまわり始めてからもう15年来変わらない完成度の高いもの。(ホント?笑)
今年は河津桜の開花に合わせてやっくんも一緒に3人で出掛けました。


まずは東伊豆からスタートします。
最初に立ち寄るのは伊豆山神社。熱海の高台にあるとても由緒ある神社です。
f0180607_514775.jpg

f0180607_515313.jpg

f0180607_51598.jpg

f0180607_52597.jpg

f0180607_521341.jpg

f0180607_522226.jpg

f0180607_522917.jpg

実は我が家にもご縁のあるこの神社。まずはここで遅めの初詣をします。
家内安全、家庭円満そして旅の無事を祈り、いよいよ伊豆旅行が始まります。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH /2010.2.20

伊豆~春を捜しに行く旅2へ


by takakunen | 2010-02-24 05:06 | 国内旅行 | Comments(0)
朝日スーパー林道~蔵王ツーリング14(遠刈田温泉)
せっかく東北まで来たのでもう一湯入って帰りたい。
「遠刈田(とおがった)温泉」はエコーラインから白石に抜ける国道457号沿いにあって引き込まれるように立ち寄ってしまいました。
“とおがった”けど“ちかかった”(笑)
f0180607_4331055.jpg

400年の歴史を持つこの温泉は、かつては湯刈田(ゆがった)と呼ばれ、信仰登山の基地や湯治場として知られてきたそうです。また遠刈田を含むこの地域は、最も古いこけしの生産地でもあるそうです。



遠刈田温泉には2つの共同浴があります。1つは観光広場の前にある「神の湯」。最近綺麗になってガイドブックでも紹介される人気の温泉です。
f0180607_15183480.jpg

もう一つはこちらの「壽の湯(ことぶきのゆ)」。通りからちょっと入った、昔の面影を残す風情のある共同湯です。今回はこちらに入りました。
f0180607_4494222.jpg

f0180607_4341339.jpg



実はこちらも平成5年に建て替えられているのですが、それより前、明治29年には温泉街の火災により一度消失しているのだそうです。
脱衣場に消失する前の当時の壽の湯のイラスト画が飾ってありました。なんとも雰囲気のある素敵なイラストです。この温泉に対する思いが伝わってくるような気がしました。
f0180607_1519247.jpg

f0180607_435358.jpg

いいお風呂でした。


これで「朝日スーパー林道~蔵王ツーリング」はおしまいです。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6


by takakunen | 2010-02-23 04:42 | バイクツーリング | Comments(0)
朝日スーパー林道~蔵王ツーリング13(滝見台)
駒草平の不帰の滝の他、蔵王エコーラインの宮城側にはたくさんの滝が点在します。

振子滝
地蔵滝
不動滝
三階の滝
白龍の滝
など

そんな滝を望むビューポイントがいくつかあります。


不動滝展望台
不動滝(落差54m)を一番近くで見ることのできる展望台です。
f0180607_0524294.jpg

f0180607_052483.jpg
f0180607_0525476.jpg

f0180607_0531795.jpg



滝見台
三階の滝(落差181m)と遠景の不動滝を眺めることができます。
f0180607_054068.jpg

f0180607_054755.jpg

f0180607_0541222.jpg

f0180607_0542031.jpg

川が流れる渓谷の向こうに綺麗に見えます。


見所の多い蔵王エコーライン。
それにしても驚いたのは渋滞のすごさ。特に宮城側はお釜まで延々渋滞が続いています。しかもお釜の駐車場待ちなのでなかなか動かない。これはバイクもきついです。紅葉シーズンなどの渋滞時はまだ交通量の少ない山形側からのアプローチをお勧めします。
f0180607_055096.jpg

f0180607_055613.jpg

f0180607_0551164.jpg



エコーラインの終点は大鳥居。ゴール!って感じです。(笑)
f0180607_0553218.jpg



/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6,ED40-150mm F4.0-5.6(photo2,3,4)

朝日スーパー林道~蔵王ツーリング14へ


by takakunen | 2010-02-20 01:01 | バイクツーリング | Comments(0)
朝日スーパー林道~蔵王ツーリング12(駒草平)
お釜から宮城側にしばらく降りて行くと左手に駐車場があります。売店の後ろに広がる火山岩地帯一帯が駒草平です。
f0180607_4263969.jpg

f0180607_4265029.jpg



ここは名前の通り6~7月には駒草が咲き乱れる高山植物の宝庫です。そして西に蔵王連峰、東に奥羽山脈を一望する圧巻の景観が望めます。
f0180607_4272495.jpg

f0180607_4273015.jpg

f0180607_4273745.jpg



不帰の滝(かえらずのたき)
お釜からの川の流れが蔵王の岩肌を滝となって落ちていきます。落差100m余りある大瀑布です。
鬼ばば伝説の残る滝です。
f0180607_428134.jpg

f0180607_428753.jpg



深い渓谷はまるでグランドキャニオンのよう。ちょっと日本離れしています。
f0180607_4291667.jpg

f0180607_4292482.jpg

f0180607_4292968.jpg

f0180607_429407.jpg

f0180607_429456.jpg

f0180607_4295263.jpg

f0180607_429591.jpg


迫力の景色が印象的な駒草平でした。


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6,ED40-150mm F4.0-5.6(photo7,11,13,14)

朝日スーパー林道~蔵王ツーリング13へ


by takakunen | 2010-02-19 04:33 | バイクツーリング | Comments(0)
朝日スーパー林道~蔵王ツーリング11(お釜2)
刈田岳への道は、馬の背からの刈田嶺神社(かったみねじんじゃ)への参道ともなっています。近いけど結構急です。
f0180607_036461.jpg

f0180607_037546.jpg

f0180607_0395713.jpg

f0180607_0432746.jpg



刈田岳頂上からは遠く太平洋も望めます。頂上から眺めるお釜もまたいい景色です。
f0180607_0444236.jpg

f0180607_0445520.jpg

f0180607_0451178.jpg

f0180607_0452224.jpg

でも標高1,700M以上あります。寒いです。


丁度お昼時なのでレストハウスで昼食をとることにしました。
まずは定番のお釜名物「玉こんにゃく」を食します。
f0180607_0455525.jpg


そして新名物のその名も「釜カツ丼」。確かに「お釜」だ。(笑)
f0180607_047292.jpg

楽しい名物は大歓迎ですね。


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

朝日スーパー林道~蔵王ツーリング12へ


by takakunen | 2010-02-18 01:53 | バイクツーリング | Comments(0)
朝日スーパー林道~蔵王ツーリング10(お釜1)
蔵王の象徴「お釜」は蔵王エコーラインのほぼ最高所から更に蔵王ハイラインを登ったところにあります。
一段標高も高いため駐車場でさえ相当寒いです。
f0180607_2213552.jpg

f0180607_222288.jpg



駐車場から少し歩くと、お釜が現れました。
お釜は熊野岳、刈田岳、五色岳に囲まれた火口湖で釜状なので「お釜」と名付けられたそう。天候や日差しで湖面の色が変わるので「五色沼」とも呼ばれています。
ボクが行った時は神秘的なエメラルドグリーンでした。
f0180607_2222434.jpg
f0180607_222362.jpg

f0180607_2224254.jpg

f0180607_2225013.jpg

f0180607_2225847.jpg

f0180607_223419.jpg



まわりが開けているため小さく感じますが、お釜の周囲は約1キロもあります。川の源流にもなっていて最後は阿武隈川に合流して太平洋にそそぐのだそうです。
お釜ですが壮大です。
f0180607_2233775.jpg
f0180607_2235354.jpg


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

朝日スーパー林道~蔵王ツーリング11へ


by takakunen | 2010-02-17 02:26 | バイクツーリング | Comments(0)
朝日スーパー林道~蔵王ツーリング9(坊平)
蔵王温泉から蔵王ラインを経由し蔵王エコーラインに合流します。しばらくいくと広い駐車場が現れ、そこが蔵王高原坊平です。
f0180607_25811.jpg

f0180607_2581859.jpg


展望が開けた広い高原は冬のスキーはもちろん、パラグライダーやトレッキング、キャンプなど一年中通してアウトドアのレジャースポットとなっています。また、準高所のスポーツトレーニング拠点としても知られ、日本オリンピック委員会公認のトレーニングセンターなどがあります。
行ったのがちょうど山が色付き始めた時期で綺麗な景色と澄んだ空気を楽しむことができました。
f0180607_259714.jpg

f0180607_2592769.jpg

f0180607_2585787.jpg

f0180607_2585139.jpg



坊平を後に更にエコーラインを進んでいくと、どんどん紅葉が色濃くなっていきます。
f0180607_305554.jpg

f0180607_31317.jpg

f0180607_31841.jpg
f0180607_311481.jpg


そして最後には紅葉を突き抜けてしまいました。高度が上がっていることが実感できます。
f0180607_312540.jpg


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

朝日スーパー林道~蔵王ツーリング10へ


by takakunen | 2010-02-16 03:12 | バイクツーリング | Comments(0)