<   2009年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
佐渡島ツーリング6(尖閣湾2)
尖閣湾はオールドファンには映画「君の名は」のロケ地としても有名です。
f0180607_9352930.jpg


映画の舞台にも使われた優仙橋(ゆうせんきょう)。今はコンクリート製の新しい橋に掛けかえられています。
f0180607_10184466.jpg


周辺には遊歩道や売店、展望台もあり尖閣湾の豪快な風景と味覚を十分楽しむことができました。
それにしてもこんな濃厚な海の色を見たのは久しぶりでしたね。
f0180607_10213536.jpg
f0180607_10215274.jpg
f0180607_10221589.jpg
f0180607_10242824.jpg
f0180607_957056.jpg
f0180607_9572114.jpg



番外編
全国に佐渡を自慢するご当地ヒーロー、離島戦隊サドガシマン。
f0180607_9574523.jpg
サドガシマン
サドガじまん
佐渡が自慢
・・・だそうです。

ほんとです(笑)。
f0180607_958164.jpg


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

佐渡島ツーリング7へ


by takakunen | 2009-10-31 10:19 | バイクツーリング | Comments(0)
佐渡島ツーリング5(尖閣湾1)
外海府のほぼ南端に位置する尖閣湾(せんかくわん)の名は、世界一美しい峡湾として名高いノルウェーのハルダンゲル峡湾に勝るとも劣らないと、その名を直訳して付けられたそうです。つまり佐渡にはフィヨルドもある(笑)。
f0180607_2350232.jpg


ここからは観光船が出ていて海からその壮大な姿を眺めることができます。もちろん乗ってみました。
f0180607_23303942.jpg
f0180607_23463144.jpg
f0180607_23465555.jpg


船内はこんな感じ。グラスボートになっていて船底から海の様子を覗けます。
f0180607_2341345.jpg
f0180607_23414964.jpg


この日は波が高く、船が沖にでると高波でとても大きく揺れました。周りの波の高さを見て下さい。手すりを握る手にも思わず力が入ります(汗)。
f0180607_23514355.jpg
f0180607_23521024.jpg


間近でみる岩礁と断崖は、高波の相乗効果もあって大迫力でした。
f0180607_23523042.jpg
f0180607_0255273.jpg
f0180607_23523953.jpg



荒波に揺れる船はまるで海に漂う木の葉のようでした。
f0180607_235335.jpg
f0180607_23531512.jpg


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6,ED40-150mm F4.0-5.6(photo12)

佐渡島ツーリング6へ


by takakunen | 2009-10-30 00:30 | バイクツーリング | Comments(0)
佐渡島ツーリング4(外海府)
大野亀から南、佐渡の北西側海岸一帯は外海府と呼ばれ、自然豊かでダイナミックな景勝地が続きます。
f0180607_0232782.jpg


外海府の海岸沿いも、しばらくは所々漁村が点在するばかりで、相変わらずお店らしきものはほとんど見かけません。コンビニもない風景って今ではとても貴重ですね。
f0180607_136678.jpg
f0180607_1361940.jpg
f0180607_0241912.jpg


海府大橋
途中、もの凄く高い橋があって思わず立ち止まりました。海府大橋といいます。覗きこむと足がすくむほど高く、遥か眼下に滝が見えます。大ザレの滝といい100mの高さから海に落ち込む大瀑布だそうです。なのに周りのスケールが大きすぎて滝がちっぽけに感じてしまうほどです。昭和44年この橋が出来てようやく外海府道が完成、陸路で結ばれたそうです。
f0180607_0441337.jpg
f0180607_0245557.jpg
f0180607_0251472.jpg
f0180607_0252431.jpg


平根崎
ここには波に浸食された巨大な岩盤が広がっています。崖のような岩場を海面近くまで下ると、波蝕おう穴という無数の穴が開いていてるそうです。平根崎は特に貴重で天然記念物にも指定されているとのこと。その様はまるで海辺のクレーターとか。ん?佐渡には月面の世界もありました(笑)。
f0180607_0254568.jpg
f0180607_2551749.jpg


外海府を南下していくと、次第に漁村が街に替わって、徐々に島の賑わいを取り戻していきます。

/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

佐渡島ツーリング5へ


by takakunen | 2009-10-29 01:29 | バイクツーリング | Comments(2)
佐渡島ツーリング3(大野亀)
大野亀は二ツ亀の西にある更に大きな一枚岩で、海に突き出た姿が大きな亀の頭のようでそう呼ばれています。
初夏にはトビシマカンゾウの花が咲き誇り、一面橙色に染まるそうです。是非見てみたいですね。
f0180607_09092.jpg



大野亀は頂上へ登ることができます。海抜168m、片道20分のちょっとしたトレッキングコース。早速登ってみました。
f0180607_1161237.jpg
f0180607_1165028.jpg
f0180607_117656.jpg
f0180607_1172183.jpg
結構勾配がきついです。ぐんぐん登って行くと遠くに二ツ亀を望む素晴らしい景色が広がってきました。


頂上には祠が立っていました。航海の安全を守る竜神様だそうです。もともと二ツ亀、大野亀の亀には神という意味もあるのだそうです。そして頂上からは360度のパノラマが見渡せます。
足元には外海府の海岸が広がっています。祠の回りは意外に狭く周りに遮るものが少ないため、結構恐いです。
f0180607_1334819.jpg
f0180607_1213916.jpg
f0180607_275817.jpg
f0180607_9102893.jpg



一枚岩がそそり立ち、登れて、信仰の対象になっている。これ、どこかで覚えがありませんか。そう、オーストラリアのエアーズロック。佐渡にはエアーズロックがあった(笑)。
f0180607_1455180.jpg


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6

佐渡島ツーリング4へ


by takakunen | 2009-10-28 01:56 | バイクツーリング | Comments(0)
佐渡島ツーリング2(二ツ亀)
佐渡島のほぼ最北に位置する二ツ亀は近くの大野亀とあわせて佐渡の代表的な一大景勝地です。
長さ300mもある大岩がまるで二匹の亀が寄り添うような姿をしているので二ツ亀と呼ばれています。
この辺りの海の透明度は佐渡一で、美しい夏の海水浴場としても有名、シーズン中はとても賑やかになるそうです。
f0180607_20258.jpg


ここにはキャンプ場が併設していて素晴らしい景色を眺めなが幸せなキャンプができます。佐渡で景色の良いキャンプ場の代表格ですね。バイクと寝るなら高台の上ですが、海岸まで降りて間近に二ツ亀を望みながらキャンプすることもできます。ちなみに夜は満天の星が望めました。
f0180607_225984.jpg
f0180607_275895.jpg


高台から階段を下って海岸に降りてみました。
今は干潮時なのか砂州があらわれて岩まで歩いて渡れます。両側に波がよせる不思議な小径です。
f0180607_221534.jpg
f0180607_294269.jpg
f0180607_2331361.jpg
f0180607_29511.jpg


二ツ亀から大野亀の景観。
もう一方の大岩、大野亀までこのまま海岸沿いに歩いていくこともできます。ただ途中、賽の河原という怪しい?スポットがあり、一人で行くのは怖いのでこのルートはパス(笑)。
f0180607_23295410.jpg


キャンプ場を出発して次はその大野亀に向かいます。
f0180607_21052100.jpg
f0180607_2234826.jpg


/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6,ED40-150mm F4.0-5.6(photo8,10)

佐渡島ツーリング3へ


by takakunen | 2009-10-27 02:32 | バイクツーリング | Comments(2)
佐渡島ツーリング1(上陸編)
やっとバイク話しをお伝えできます(笑)。

少し前の話になりますが、9月のシルバーウィークを利用して佐渡島にツーリングに行ってきました。
これまでバイクで全国あちこち出掛けましたが、実は島関係だけにはなかなか足がのびずほとんどいけていません。
で今回4泊5日という微妙な連休を利用していまだ訪れたことのない日本最大の離島、佐渡島に行ってみることにしました。

佐渡へは新潟から佐渡汽船を利用します。
早朝、埼玉の家を出て正午出航のフェリーに乗船、2時半には両津港へ到着です。思ったよりアクセスは良いです。
久々の未開の地なのでワクワクですね。
f0180607_7132467.jpg
f0180607_7134195.jpg
f0180607_714691.jpg
f0180607_7184655.jpg

お米を切らしていたので、折角なら地元で佐渡米を、などと考えていたのですが甘かった。両津が思っていたより小さな街で小分けで売ってくれるお米屋さんがありません。結局Aコープの惣菜コーナーのお米を分けてもらうことに。
f0180607_7204958.jpg

天気予報を検討し、まずは北の二ツ亀に向かうことにしました。が、さっきのお米のこともあり、この先何か不安な気持ちに。念のため両津で食材からビールまで全て買い出しして出発しました。それは正しかった。両津から北は時々小さな漁村があるばかりで街どころか商店一件ない。いや、正確には一件あったそうです、一見民家のAコープが。
結局そのまま二ツ亀に到着してしまいました。危うくビール難民になるところでした(笑)。

ここは佐渡、未開の地(ボクには)。本土での経験など役にたたないようです。
この先どうなってしまうんだろう、久々にとっても不安なツーリングスタートとなりました。ああこんなのいつ以来だろう!
f0180607_7221224.jpg
f0180607_723528.jpg
f0180607_7232773.jpg
f0180607_7234970.jpg
f0180607_7241429.jpg

つづく

/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6,ED40-150mm F4.0-5.6(photo6,8,9)

佐渡島ツーリング2へ


by takakunen | 2009-10-23 07:44 | バイクツーリング | Comments(4)
やっくん霧ヶ峰へ(ミヤシタヒルズオートキャンプ場)
やっくんもトトくんも1回戦敗退で2日目に進めなかったので夕方には“霧ヶ峰”から撤収、慰労会を兼ねて近くのキャンプ場でキャンプをすることにしました。

選んだのはミヤシタヒルズオートキャンプ場。この付近は自然も豊かで良いキャンプ場が多いのですが、標高が高く寒いこともあり開設期間が夏の間のみの所がほとんど。
その中でこのミヤシタヒルズは数少ない通年開設の高規格キャンプ場です。車で5分の所に温泉があるのもいいですね。
f0180607_7374610.jpg


カミさんがハイエース、ボクがバイク。犬はやっくんとトトくん、それに霧ヶ峰の間から預かり中のプードルのももちゃん、さくらちゃん、ととんでもないことになってます。
f0180607_2171131.jpg



キャンプ場は林間サイト、白樺サイト、草原サイトなどそれぞれ特色のあるサイトが、ヒルズの名の通り小高い丘に段々畑のようにレイアウトされていました。
今回ボクたちは解放的で気持ちの良い草原サイトを選びました。
キャンプ場に入った頃は雨が降り出していたのですが、夜には上がって満天の星が、翌朝は良く晴れた青空が広がりました。
他のサイトもなかなか感じが良い上、違った雰囲気も味わえそうで、また別の機会に泊まってみようと思わせるキャンプ場でしたね。
f0180607_7152100.jpg
f0180607_7132284.jpg
f0180607_7134863.jpg
f0180607_714343.jpg
f0180607_71427100.jpg



その後は上信越道方面に移動、お気に入りのお蕎麦と温泉を堪能し、カミさんは久しぶりのまったりモードを楽しんだようです。

小県郡青木村 ますだ屋
f0180607_7161460.jpg


戸倉上山田温泉 戸倉観世温泉
f0180607_716326.jpg


その間犬達は車の中でもんもんですね(笑)。

/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6


by takakunen | 2009-10-22 07:29 | わんこ | Comments(0)
やっくん霧ヶ峰へ(結果編)
先日お話ししたように、10月17日からの3日間、警察犬協会主催「第60回日本訓練チャンピオン決定競技会」通称“霧ヶ峰”が開催され、やっくんが出場したので応援に行ってきました。
この大会は伝統ある警察犬種の日本一決定戦で全国から1000頭もの訓練犬が集結し、覇権を争います。
f0180607_057189.jpg
f0180607_0573396.jpg


今回は長いです。覚悟してお進み下さい。(笑)

More 続きはこちら…
by takakunen | 2009-10-20 02:05 | わんこ | Comments(0)
やっくん霧ヶ峰へ
今週はじめからやっくんはカミさんと霧ヶ峰高原へ行っています。
週末の警察犬協会主催の訓練競技会に出場するためです。

この通称“霧ヶ峰”と呼ばれる競技会は警察犬種の訓練競技会の最高峰でいわば日本一決定戦。この大会で優勝することは訓練士にとっても犬にとっても最高の栄誉で、年に一度全国の猛者達が霧ヶ峰高原へ集結して、大会に向け一週間前から泊り込みで入念に準備します。

そんなすごい大会にやっくんが出場することになりました。
思えばやっくんは、カミさんが働いていた訓練所から引き取る時、あまりのダメダメっぷりに、訓練士としてほんとに引き取って良いのか議論したほどの落ちこぼれ犬だったんですよね。
そんなやっくんがとうとう霧ヶ峰まで登りつめたことには感慨深いものがあります。カミさんの努力のたまものですね。

とはいえ、これは訓練士さんの年に一度のお祭りのようなもの。しっかりチャレンジしてしっかり楽しんできてください。

がんばれ、やっくん。

f0180607_2030496.jpg
f0180607_2031995.jpg
f0180607_20312184.jpg
f0180607_20314888.jpg
f0180607_2032472.jpg
f0180607_20322223.jpg

注)写真はイメージです。競技種目に“ボール投げ”はありません。(笑)

/E-620 ZUIKO Digital ED70-300mm F4.0-5.6

やっくん霧ヶ峰へ(結果編)へ


by takakunen | 2009-10-16 00:40 | わんこ | Comments(2)
芭蕉をめぐる旅16(松島 松島海岸~双観山)
松島の味覚といえば牡蠣。松島湾にもいたるところに牡蠣棚が並んでいて松島の風景を彩っています。

ボクたちが訪れた時期(9月)は残念ながらまだ牡蠣の漁期ではなかったのですが、名物とあって牡蠣料理は一年中いただけるようです。せめて気分だけでも、と思い生牡蠣を注文しました。十分美味しかったです。冬はもっと美味しいのでしょうね。
f0180607_1165842.jpg


松島海岸駅前には、伝統料理店やお土産屋さんに混じっておしゃれなカフェもあり、美味しい生ジュースも味わえたりします。
f0180607_1175483.jpg

f0180607_118875.jpg

f0180607_1423990.jpg

f0180607_1173518.jpg





最後に、賑やかな松島海岸から少し離れた双観山(そうかんざん)に足をのばしてみました。塩釜港と松島湾の双方が望めることから、双観の名がついたそうです。展望台そばには海に向かって食事ができる味処もあります。
f0180607_1411531.jpg

f0180607_1455894.jpg




ここは訪れる人も少なく、落ち着いて松島の景観を楽しむことができました。芭蕉が見た松島もこんな風景だったのかもしれませんね。

芭蕉も愛でた美しい海をバックに「ナ―イス!」(キムタク風に)
やりたかったぁ(笑)
f0180607_149535.jpg


これで芭蕉をめぐる旅はおしまいです。
長い間お付き合いいただき、たいへん有難うございました。

/E-620 ZUIKO Digital ED14-42mm F3.5-5.6,SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM(photo2,3,4,5)


by takakunen | 2009-10-15 02:01 | 国内旅行 | Comments(0)