西九州・島街道を行く40(天草五橋)
今回のレポートは最長40回めを数える事になりました。昨年のGWのレポートなのにまだ続いているのはかなり恥ずかしいのですが、それだけ見所が多かったということ。もうしばらくお付き合いください。

天草五橋を渡って「天草パールライン」を走りきれば、後は高速でフェリー乗り場へ向かうのみ。“島街道を行く”この旅のフィナーレとして、ふさわしいルートです。
ちなみに「天草パールライン」とは、この地で真珠の養殖が盛んだったことから名付けられたとのこと。

5号橋(松島橋)
天草上島から前島に渡る、まず最初の橋が5号橋です。ここから天草松島の島々を北へ向かって順番に渡って行きます。
日本でも数少ないというパイプアーチ工法の橋は、高さのある真っ赤なフレームが特徴的です。
f0180607_0311057.jpg

f0180607_031129.jpg

f0180607_031139.jpg



4号橋(前島橋)
前島と大池島を結ぶ、五橋の中で一番長い橋。
510mもあるPCラーメン工法の橋は、景色を楽しめるよう海面からの高さを抑えてデザインされたそう。
展望所から眺めても、一番目立つ橋です。
f0180607_0311556.jpg

f0180607_0311646.jpg

f0180607_0311892.jpg



3号橋(中の橋)
大池島と永浦島 を結ぶ、こちらもPCラーメン工法の橋。4号橋の小型版のような橋です。
小さいながらも柱のスバンが長いのが特徴。近くで見ると、愛嬌のあるかわいい橋です。
f0180607_0311960.jpg

f0180607_0312179.jpg



2号橋(大矢野橋)
永浦島と大矢野島とを結ぶ、ランガートラスという工法の橋。
美しいベージュ色のアーチが特徴で、遠くからもすぐ目立ちます。一番アーティスティックな橋でした。
f0180607_0312220.jpg

f0180607_0312415.jpg

f0180607_0312510.jpg



そしてラスト、1号橋(天門橋)
三角と大矢野島を結ぶ、天草の玄関「三角ノ瀬戸」に架かる橋。
五橋の中で、最も海面からの高さとスパンがあり、連続トラス工法が力強さと近代的な美しさを醸し出しています。
f0180607_031265.jpg

f0180607_0312864.jpg

f0180607_0312938.jpg

そして幾重もの島を走りつないで、ついに九州本土、宇土半島に到達です。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.5)

>>>西九州・島街道を行く41へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-07-14 00:38 | バイクツーリング | Comments(2)
Commented by nabe3 at 2014-07-20 22:41 x
>しばらくお付き合いください。

はぁい。問題ないですよ。楽しくそして更新を楽しみに拝見しています。

マイペースでGO!です。
Commented by takakunen at 2014-07-24 03:10
【nabe3さん】
いつもお付き合いいただきありがとうございますm(__)m

最近なんかいろいろ公私共々とっても大変なんですが、ゆるゆるパワーで乗り切ってます!
今後ともよろしくお願いいたします。


<< 西九州・島街道を行く41(天草四郎) 西九州・島街道を行く39(天草松島) >>