西九州・島街道を行く27(長崎 ソロバンドック)
長崎を離れる前にどうしても立ち寄ってみたい所がもうひとつありました。
昨日、軍艦島フェリーの案内地図で見つけた「ソロバンドック」という名称。新手のアメリカンドック屋?はたまた犬関係ですか?
実は「小菅修船場跡」という所。長崎の街なみのちょうど外れ辺りにありました。
f0180607_473473.jpg

f0180607_473763.jpg

f0180607_473846.jpg

f0180607_474080.jpg

f0180607_474267.jpg

f0180607_474318.jpg

f0180607_47454.jpg



ドックとは船のドック、ソロバンは船を引き揚げるための船架の形が以前ソロバン状だったことからそう呼ばれるようになったのだそう。
あのトーマス・グラバーも共同計画、出資した日本最古の西洋式近代修船場で、引揚げ機の機械小屋ともどもとても貴重な遺構だそうです。
f0180607_474739.jpg

f0180607_474974.jpg

f0180607_475160.jpg

f0180607_475246.jpg

f0180607_475481.jpg

f0180607_47558.jpg

f0180607_475849.jpg



ここは世界遺産登録を目指す「九州・山口の近代化産業遺産群」構成資産の一つとしても指定されました。
かつてここに盛んに船が出入りしていたと思うとロマンを感じます。
f0180607_475929.jpg

f0180607_48162.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2013.5.3)

>>>西九州・島街道を行く28へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2014-01-24 14:53 | バイクツーリング | Comments(0)


<< 西九州・島街道を行く28(野母崎) 西九州・島街道を行く26(長崎... >>