西九州・島街道を行く18(長崎 出島)
長崎は中学校の修学旅行以来です。いつの話しだ。(笑) 今回長崎に来たらまず行ってみたい所がありました。出島です。
f0180607_7281636.jpg

f0180607_7281831.jpg


出島は江戸時代に鎖国政策の一環として造られた人工島で、200余年貿易や西洋文化の唯一の窓口としての役割を担ってきました。
f0180607_728196.jpg

f0180607_728219.jpg

f0180607_7282317.jpg


初めはポルトガル人の管理地として造られましたが、キリスト教の迫害とともにポルトガル人が国外追放、その代わりにオランダ商館が置かれたそうです。ちなみにそのオランダ商館はあの平戸から移されたものだそうです。
f0180607_7282519.jpg

f0180607_7282735.jpg

f0180607_7282964.jpg


その後幕末の開国など、時代の流れとともに少しずつその形態を変え生きながらえてきましたが、オランダ商館が閉鎖され、明治以降の周辺の埋め立て事業により、最後は自然消滅していったそうです。
f0180607_7283055.jpg

f0180607_7283294.jpg

f0180607_7283411.jpg

f0180607_728399.jpg

f0180607_7284441.jpg


しばらくは忘れられていた出島でしたが、その歴史的価値が見直され復元整備事業が進められており、現在13棟の復元建造物を含めたミュージアムとして公開されています。
f0180607_7284699.jpg

f0180607_732424.jpg

f0180607_7284939.jpg


かつての海の玄関口、西の水門は今では国道に面した西側ゲート入場口になっています。堀に面した表門には、以前のように橋を架ける計画もあるそうです。
f0180607_7281497.jpg

f0180607_7321750.jpg

f0180607_7331621.jpg


時空を越えて蘇る出島。そこには江戸から幕末、明治へと、激動の時代の足跡が残されていました。
f0180607_7333287.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2013.5.2)

>>>西九州・島街道を行く19へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2013-08-18 07:41 | バイクツーリング | Comments(0)


<< ロクいんカヌー 西九州・島街道を行く17(長崎... >>