西九州・島街道を行く12(生月島)
平戸島を更に西に行った所に生月島(いきつきしま)があります。
平戸島をそのまま南下するか生月島に渡るか迷ったのですが、先日の白岳公園キャンプ場で管理人さんから、生月島には行ってみた方が良いと薦められたので、そちらに向かうことにしました。
f0180607_16144172.jpg


生月島には再び橋を渡ります。生月大橋という橋で、こちらはライトブルーの力強い形の橋です。
これで島から島に梯子です。
f0180607_16144530.jpg


この島の一番の見所は島西側に延びる通称「サンサットウェイ」。切り立った海岸線をひた走るダイナミックな道です。
断崖の下に広がる海を望みながらひたすら北にアクセルを開けました。
f0180607_16144971.jpg


そして走り切った先にあるのがこの大バエ灯台です。
生月島の名の由来は、遣唐使、遣隋使の時代、大陸から帰って来た船人がこの島を見つけるとほっと“息をついた”からだとか。
島の最北端のこの灯台は、今でも船の大切な道しるべなのだそうです。
f0180607_16145284.jpg


帰りもサンサットウェイへ。
生月島は九州にいながら、まるで北海道の北の果てを走っているような雰囲気が味わえる所でした。
f0180607_16145618.jpg

f0180607_1615045.jpg

f0180607_1615686.jpg


平戸島に戻ってからは、平戸大橋まで川内峠経由で帰るつもりでしたが、そのまま反対側の七里ヶ浜まで出てしまいました。
さっきまでの荒涼とした風景から一転、こちらは遠くに帆船、ビーチを馬!で散歩するようなリゾート風景が広がっているのが、なんとも不思議でした。
f0180607_16255014.jpg

f0180607_16151276.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,µTOUGH-3000 (2013.5.1)

>>>西九州・島街道を行く13へ
>>>1へ戻る


by takakunen | 2013-06-25 19:13 | バイクツーリング | Comments(2)
Commented by tigersteamer at 2013-06-27 02:45
生月島で何を食べたか、ものすごく気になります。あの島には大氣圏という有名なラーメン屋がありまして、食べる人によってビックリするくらい評価が二分するラーメンを売っております。
Commented by takakunen at 2013-06-28 09:09
【tigersteamerさん】
残念ながら生月島では何も食べなかったんです。
なにせ「お腹が減らないくらい朝から晩まで走ってやる!」ですから。(笑)
あごだしラーメン、次の機会に挑戦してみます!


<< すくすく成長中です。 西九州・島街道を行く11(平戸) >>