島根ツーリング25(吉和~志木)
いよいよ最終日、仕事の関係で絶対に今日中に我が家に帰らなければなりません。
キャンプ場から中国道 吉和インターまではすぐですが、そこから埼玉の志木まで約900キロ。充電系が怪しくて、クラッチワイヤーは残り1本です。(T_T)
f0180607_414873.jpg



クラッチを切る回数とセルを回す回数を極力減らさねば…。
そのためには止まらなければいい。

900キロを300キロで3つに刻めば、6回クラッチを切って3回セルを回すだけで埼玉に到達します。順調に走ればぎりぎり明るいうちに帰れるので、充電系に負担がかかるヘッドライトも点けなくてすみそうです。近くまで戻れれば最悪車で回収すれば良いしね。
300キロノンストップ3回はつらいけどラリーと思って頑張ればいい!と気合いを入れて、吉和インターを出発しました。
f0180607_423729.jpg



出発してほぼ3時間中国道をひた走り最初の休憩が兵庫の加西SAです。一気に来ました。順調です。
f0180607_415954.jpg



次の休憩は更に飛んで長野の駒ヶ岳SAです。地図上でみると凄い飛ばしようですね。(^^;)
f0180607_43166.jpg



順調にここまで来ましたが、昨年のTBI(四国のラリー)でボクは学びました。トラブルは一度あることは二度ある、二度あることは三度、いや四度五度六度あると!

そしてやっぱりありました。中央道事故による通行止め(T_T)。
伊北インターで降りて岡谷インターまで下道を走って行かなければなりません。なにもこんな時に通行止めにならなくても…。
しかもみんなこのインターで降りるもんだから降りた途端に大渋滞。地方の一般道に長距離トラックがずらりと並びすり抜けもままなりません。半クラ、ストップとクラッチも超酷使です。時間もどんどん浪費し、ここまでの苦労は水の泡…。
更に道に迷って岡谷インターが探せず、塩尻インターまでさまよって、やっと再び中央道に戻ったころには既に開通、渋滞はすっかり解消してました。この苦労と時間はなんだったんだ。(T_T)

ところで後1本となったクラッチワイヤー、ここにきて粘ります。こんな状況でも切れそうで切れない。BMWはワイヤーまで丈夫なの?(まあ、高価ですし)


そしてとうとうこのまま無事に埼玉志木の我が家まで到達してしまいました。パチパチ。
途中でリタイアを期待した皆さん、期待はずれでスイマセン。(笑)
900キロも走ってしまえばあっという間。ワイヤー1本でも走れる距離でしたね。(←保証しかねますが・笑)
f0180607_433358.jpg

(クリックで拡大します)


期待以上に楽しめた島根ツーリング。自分の故郷の周りはいつでも行けるとついつい後回しになりがちですが、あらためて訪ねてみると楽しい発見が沢山ありました。山口県や広島県など新たに興味が沸いてきた地域もできましたしね。
そのうち是非続きを回ってみたいと思います。


島根ツーリングはこれでおしまいです。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。


(後日談)
後でよ~くワイヤーを見てみたら、あと1本と思っていたワイヤーは実は2本で、よられて1本に見えていたのでした。
だから強かった?なんてまあ、大勢に影響ありませんが。f^_^;

あとワイヤーのリカバリーパーツですが、帰宅後試しに使ってみたらバッチリではないですか。太いビーエムのワイヤーもぎりぎり入りました。初めから分かっていれば心配しなくて良かったのにね。
何事も事前の準備が大切ということですね。
f0180607_443410.jpg



/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.5.5)


by takakunen | 2010-08-31 04:12 | バイクツーリング | Comments(0)


<< 志木 いろは市 島根ツーリング24(もみのき森... >>