島根ツーリング15(温泉津 やきものの里)
後の銀山の積み出し港となった温泉津(ゆのつ)。こちらも当時の街並みを残す貴重な史跡として街全体が石見銀山の世界遺産の一部に登録されました。
その温泉津のはずれに「やきものの里」という所があります。
温泉津は質のいい温泉地としても有名ですが、かつて温泉津焼きという陶磁器の生産地としても栄えていたそうです。

案内板を辿っていくと突然大きな登り窯が現れます。15連のものと10連の2基あり、これだけ大きなものは国内でも珍しいそうです。
f0180607_611851.jpg

f0180607_612429.jpg

f0180607_613519.jpg

f0180607_614246.jpg


見上げると迫力があり、またリズミカルな造形がとても美しい。
10連のものは実際に今でも定期的に稼働しているそうです。
f0180607_614715.jpg

f0180607_615392.jpg

f0180607_621914.jpg

f0180607_622566.jpg

f0180607_623045.jpg



やきものの里では丁度この日スタンプラリーをしていました。里の周辺に今も残る伝統的な窯元を巡りながらスタンプを集めるというもの。ボクも参加してみました。
f0180607_631068.jpg

f0180607_631521.jpg

f0180607_632240.jpg

f0180607_632981.jpg

f0180607_633578.jpg

f0180607_634243.jpg

f0180607_634882.jpg

f0180607_635665.jpg

普段ではなかなか立ち入ることのない窯元の様子を間近にみる、という貴重な体験ができました。


「やきもの館」という資料館の前にお土産物の露天が出ていました。
温泉津焼きの焼き物に混じって一部マニアに有名な「島根応援Tシャツ」を発見しました。以前ネットで購入しようとしたら既に完売で手に入らなかった幻の一品です。ここには沢山売れ残ってました。(^_^;)
店番をしていたお姉さんに「ボクは鳥取県出身だけど着てもいい?」って聞いたら、「鳥取の字も入ってるから大丈夫です!!」だって。(笑)
f0180607_643183.jpg

「島根は鳥取の左側です!」
それでもきっと解らない…ある意味名言です。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.5.3)

島根ツーリング16へ


by takakunen | 2010-06-25 06:09 | バイクツーリング | Comments(0)


<< 島根ツーリング16(温泉津温泉) 紫陽花(山崎公園) >>