島根ツーリング8(石見銀山 龍源寺間歩)
かつての銀生産の中心地だった銀山地区。
南端にある龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)は江戸時代に採掘が行われた坑道跡で、一般公開されている唯一の通り抜け坑道です。
f0180607_2374672.jpg

f0180607_2375258.jpg



大きなメインの坑道は当時の測量技術を駆使して水平に掘られたそうです。
f0180607_238643.jpg

f0180607_2381127.jpg



内部には人ひとり這って通るのがやっとの狭い坑道がいくつも残っていて、当時の採掘の過酷さが伺えます。
f0180607_238308.jpg

f0180607_2383652.jpg

f0180607_2414691.jpg



最後は新坑道を通って地上に抜けます。
f0180607_2393810.jpg

f0180607_240978.jpg

f0180607_2401684.jpg

f0180607_3105944.jpg


壁面に残ったノミの跡が当時を物語る龍源寺間歩でした。

/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH (2010.5.3)

島根ツーリング9へ


by takakunen | 2010-05-26 03:12 | バイクツーリング | Comments(0)


<< 島根ツーリング9(石見銀山 新... 島根ツーリング7(石見銀山 銀... >>