西九州・島街道を行く41(天草四郎)
1号橋と2号橋の間の島、大矢野島は天草四郎の出身地と言われています。(長崎という説もあるそう)
このゆかりの地にあるのが 「天草四郎メモリアルホール」。 伝説と謎に包まれた天草四郎時貞を貴重な資料や映像で体験できる、というテーマ館です。
f0180607_2363395.jpg

ハット帽紛失事件ですっかり時間が押していましたが、せっかくなので入場。時計とにらめっこしながら、3Dミニシアターまで楽しんじゃいました。
f0180607_2363557.jpg

f0180607_2363825.jpg



三角から国道57号に曲がると再び天草街道です。左手いっぱいに島原湾を眺めながら走ります。
f0180607_236417.jpg



しばらく走ると、やがて広い干潟が現れました。海の中に電柱が伸びる不思議な風景。
砂干潟と呼ばれるこの干潟は、干潮時の2時間前後に現れるこの地域の風物詩だそうです。
f0180607_2364220.jpg



それでなくても時間が押していたのに、寄り道してミニシアターまで観てしまったものだから、もう大変。九州自動車道 松橋ICの手前で既に3時です。
ここから熊本を通って久留米を通って福岡をかすめて新門司ICから新門司港まで行かなければなりません。ちなみにフェリーの出航時間は6時です。
f0180607_23644100.jpg

距離と時間を計算すると、もういっぱいいっぱいという感じ。本当はどこかで美味しい熊本ラーメンでも食べたかったのですが、コンビニのおにぎりを噛まずに飲み込んで出発。
f0180607_2364553.jpg



高速はGW中ということもあり、所々渋滞していてペースが上がりませんが、無休でひたすら走ってフェリー乗り場に駆け込みました。
着いたのはもう出航1時間前を切ってました。一番ラストだったみたいです(>_<ゞ
f0180607_2364765.jpg



さて、今回のツーリングは平戸、長崎、天草などを巡る西九州のツーリングでしたが、とても見所の多いツーリングでした。
バイクで九州ツーリングというと、阿蘇から南のダイナミックな風景を走るシーンを目指して、市街地が多いこの地域はついつい敬遠されがちです。実際ボクもそうだったのですが、今回訪れてみてこの地域は、この地域でしか会えない風景と文化が残されたとても特別な場所だ、ということを実感しました。
長崎や教会群が世界文化遺産に推薦されるのもわかるような気がしました。まだ行かれたことがない方は、是非行ってみることをお薦めします。
f0180607_2364821.jpg


日常にどっぷり浸かったまま出発してしまった今回のツーリングでしたが、日を重ねるにつれ、徐々に旅仕様の自分に戻っていくことができました。
特にキャンプ2泊めのカメラ電池事件は、バイクに乗り始めた頃のピュアな自分を思い出す良い機会になったと思います。いくつになっても、やはり旅は良いですね。
ちなみにカメラの電池は、工夫が功を奏してか、ぎりぎり最後まで持たせることができました。やれやれ。



これで「西九州・島街道を行く」はおしまいです。
途中脱線したり、忙しかったり、1年以上に渡る超ゆるゆるロングレポートとなりましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。
途中から解らなくなってしまった方、 脱落してしまった方(笑)は、宜しかったら「1に戻る」ボタンで最初からお読み直しくださいね。

(ところでツーリング中無くしたお気に入りのハット帽ですが、帰ってから1ヶ月後、なんとひょっこり出てきました、タンクバッグの中から…。絶対落としたと思っていたのにこれは奇跡かも!それとも戻って来てくれたのかな?(入れ忘れていただけかもしれませんが)。せっかく戻ってきてくれたハット帽、これからも旅の相棒として大切にしていきたいと思います!)


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.5)

>>>1へ戻る


# by takakunen | 2014-07-24 02:53 | バイクツーリング | Comments(2)
西九州・島街道を行く40(天草五橋)
今回のレポートは最長40回めを数える事になりました。昨年のGWのレポートなのにまだ続いているのはかなり恥ずかしいのですが、それだけ見所が多かったということ。もうしばらくお付き合いください。

天草五橋を渡って「天草パールライン」を走りきれば、後は高速でフェリー乗り場へ向かうのみ。“島街道を行く”この旅のフィナーレとして、ふさわしいルートです。
ちなみに「天草パールライン」とは、この地で真珠の養殖が盛んだったことから名付けられたとのこと。

5号橋(松島橋)
天草上島から前島に渡る、まず最初の橋が5号橋です。ここから天草松島の島々を北へ向かって順番に渡って行きます。
日本でも数少ないというパイプアーチ工法の橋は、高さのある真っ赤なフレームが特徴的です。
f0180607_0311057.jpg

f0180607_031129.jpg

f0180607_031139.jpg



4号橋(前島橋)
前島と大池島を結ぶ、五橋の中で一番長い橋。
510mもあるPCラーメン工法の橋は、景色を楽しめるよう海面からの高さを抑えてデザインされたそう。
展望所から眺めても、一番目立つ橋です。
f0180607_0311556.jpg

f0180607_0311646.jpg

f0180607_0311892.jpg



3号橋(中の橋)
大池島と永浦島 を結ぶ、こちらもPCラーメン工法の橋。4号橋の小型版のような橋です。
小さいながらも柱のスバンが長いのが特徴。近くで見ると、愛嬌のあるかわいい橋です。
f0180607_0311960.jpg

f0180607_0312179.jpg



2号橋(大矢野橋)
永浦島と大矢野島とを結ぶ、ランガートラスという工法の橋。
美しいベージュ色のアーチが特徴で、遠くからもすぐ目立ちます。一番アーティスティックな橋でした。
f0180607_0312220.jpg

f0180607_0312415.jpg

f0180607_0312510.jpg



そしてラスト、1号橋(天門橋)
三角と大矢野島を結ぶ、天草の玄関「三角ノ瀬戸」に架かる橋。
五橋の中で、最も海面からの高さとスパンがあり、連続トラス工法が力強さと近代的な美しさを醸し出しています。
f0180607_031265.jpg

f0180607_0312864.jpg

f0180607_0312938.jpg

そして幾重もの島を走りつないで、ついに九州本土、宇土半島に到達です。


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.5)

>>>西九州・島街道を行く41へ
>>>1へ戻る


# by takakunen | 2014-07-14 00:38 | バイクツーリング | Comments(2)
西九州・島街道を行く39(天草松島)
天草上島から北、大矢野島との間の20余りの島々を「天草松島」と呼び、宮城の松島、長崎の九十九島とあわせて、日本三大松島に数えられるそうです。
これらの島々は、天草五橋(ごきょう)という5つの橋によって九州本土と結ばれていて、美しい景観を作っています。

この天草松島を一望する2つの展望所を訪れてみました。

高舞登山(たかぶとやま)展望所
松島町の北東に位置する標高117mの山頂にある展望所。360度のパノラマが開け、1号橋~5号橋までの橋を一望できます。
眼下の八千代海や天草五橋が、ジオラマのように見える所でした。
f0180607_13212336.jpg

f0180607_13212468.jpg

f0180607_13212545.jpg

f0180607_13212768.jpg

f0180607_13212857.jpg

f0180607_13213066.jpg

f0180607_132131100.jpg



千厳山(せんがんざん)展望所
奇岩怪石が多いことからこの名前が付いたこの山にも、展望所があります。天草・島原の乱の際、天草四郎がこの山頂で出陣の祝宴を行った山だそうです。
頑張って長い階段を登った先には、東に八代海、西に有明海が広がった天草松島が望めました。
f0180607_13213373.jpg

f0180607_13213417.jpg

f0180607_13213545.jpg

f0180607_13213621.jpg

f0180607_13213844.jpg

f0180607_13213938.jpg



ところで、この2つ展望所を訪れている最中にトラブルが。いつもツーリングに持って行くお気に入りの黒のハット帽を失くしてしまったのです。
ジャケットのポケットに入れていたはずなのに、ない。どうやら高舞登山から千厳山への移動中に落としてしまったらしい。戻って探してみたものの見つからず、フェリーの時間もあるので断念することに。後ろ髪を引かれながらこの地を後にしました。「帽子くん、さようなら。達者でな~~(泣)」


f0180607_17421433.jpg

(7枚の写真を合成してパノラマ写真を作ってみました。クリックで大きくなります。)


/E-620 LEICA D VARIO-ELMAR 14-150mm/F3.5-5.6 ASPH,IS04 (2013.5.5)

>>>西九州・島街道を行く40へ
>>>1へ戻る


# by takakunen | 2014-07-12 13:24 | バイクツーリング | Comments(0)